経験人数200人超えのヤリチンが浮気をやめるまでの話|浮気は繰り返さない?

この記事は約6分で読めます。




ほんの数ヶ月前まで、tinderで女の子を漁る生活を続けていたヒロセです。
tinderで女の子を漁るというのは、「tinderで知り合った子を、いきなり家に呼ぶ」ということ指します。
従いまして、家に来た後というのは、お茶をしたり、映画を見たりするわけではなく、大人の遊びをしていたわけなんですが…

【tinder】面倒な口説きは一切不要!セックス確約のアポをとるプロフィール術|tinderで結婚した人|note
ぢーざすさんのnoteに影響されて、tinderで即系(簡単に股を開く女性)狩りを始めたヒロセです。 ぢーざすさんのnoteを読むまでは、「tinderはイケメンじゃないとやれない」と思っていたのですが、実際にtinderをやってみると「イケメンじゃなくてもヤレる」ことが大変よくわかりました。 ▼ti...

ヒロセ、結婚するってよ

今までお付き合いしていた、現彼女以外の女性には申し訳ないんですが、えー、「常に浮気」をしていました。
だって、一人の女性に絞るメリットがないんですもん、浮気しちゃいますよね(てへぺろ)。

でも、結婚することにしたので、浮気をやめました。
なぜかというと、浮気で得られるメリットと、浮気のデメリットを比較したときに、浮気のデメリットの方が大きいなと思ったのです。

ヒロセ自身も結婚願望が全くの0だったわけではなく、結婚願望はありつつも、「この人と結婚していいのだろうか…。」と思いながら付き合っていたんですよね。
酷い話ですが、恋愛にも格差があり、残念ながら格が下になってしまった方は、格が上の相手の言うことを聞かざるを得ません。

ヒロセが今の彼女と付き合うまでお付き合いしていた女性は、まさにそんな感じの女性で、どこにでもいると言ったら語弊がありまくりですが、結婚するには物足りない…と感じながらお付き合いしていたわけなんです。

だから、浮気もしまくってたし、彼女を抱いた回数より、彼女以外の女の子を抱いた回数の方が多い、いわゆるヤリチンにならざるを得なかったんですよね(圧倒的他責思考)。

じゃあ、どうすれば浮気されない女になれるのか?という話になると思うんですが、浮気されないために必要なのは一重にマーケティング力だと思います。

意中の相手が置かれた状況を想起する力、つまりはマーケティング力が浮気を防ぐには必要である

「想像力」の一言で済ませてしまうには、あまりにも意味が多すぎて難しいのだが、相手の置かれている状況を想起するとは、つまりこういうことである。

  • 自分が相手に行っていることに対して、相手はどう思っているか?

を、どれだけ深堀をし、正しい情報をヒアリングできているか?が浮気されるか、浮気されないかの別れ道なのである。

例えば、というか、実際にあった体験をもとにお話をすると、前の彼女とは体の相性が悪く、性行為自体が全くもって気持ち良くなかったのである。

巨根が故に、なかなか挿入ができない状況に、ヒロセは困惑していた。

よって、彼女とは性交を諦め、別の女性と性交を繰り返していたわけだが、男側ではなく女側に落ち度があったのは言うまでもない、と言いたいところだけど、どっちも悪いよね。

元彼女は元彼女で、体の相性が合わなかったことに対しては特に何かアクションを起こすことはなかったので、不本意ながら他の女の子とやるしかなかったのである。

そして、気がつくと自分を待ち受けていたのはまさかのED。
そうです。エレクトリカルパレードじゃなくて、エレクトリカルディスファンクション、要はチソチソの機能不全なわけなんですが、1日4回とか平気で性行為ができる人間なので、確実に元彼女だから勃たないという状況でした。

  • コスプレをAmazonで何着も買ってみた
  • 大人のおもちゃも買った
  • ローションも買ってみた

自分なりに色々と改善を重ね、なんとか元彼女を抱こうと思ったのですが、そんなことは全く知らずに、コスプレも拒否されてしまったので、もう別れるほかに選択肢はなかったのである。

一方で、ヒロセがtinderもやっておらず、元彼女以外に女の子を獲得する手段がなければ、セックスレスだろうが、多少タイプでなかろうが、無理してでも付き合わなければいけない。

しかし、現実はどうだろう。

tinderをやれば女の子を自宅によべて、納涼船に行けば女の子を持ち帰れるし、海でも、ハロウィンでも、難なくとは言えないが、泥臭く、なんとか女の子をゲットすることができたのである。

となると、一人の女性に依存する必要がないし、何か不満があれば別れるというのが、お互いにとって一番楽なのである。

話を戻すと、現彼氏ないし彼女が自分のことをどう思っていて、不満はないか?改善点はないか?を常に考えることこそが、浮気を防ぐために必要なことであり、それすなわちマーケティング力なのだと思う。

ちなみに、惚気になってしまうのだが、現彼女はヒロセが異性に求める全ての要素を持っている。

  • 一人で生きていける力
  • 隣にいてテンションが上がるルックス
  • バリキャリでありながら、女の子っぽい中身
  • 体の相性(照)

こんな相手と出会ってしまったら、浮気なんてしたところで、メリットがデメリットを上回る。

ちなみに、この異性に求める要素は、人によって変わるから、彼女がドンピシャで当てはまらない男もいるのは当然で、そういう少しの好みの差で、世の中の恋愛は成り立っているのだ。

マーケティング力というとちょっと難しい気がするかもしれないが、要は、

  • 相手の男性(もしくは女性)は、どんなニーズやウォンツを抱えているのか?

をきちんと想起し、ニーズやウォンツにミートする自分を提案できることができれば、自ずと浮気もされないし、仮に彼女がいても自分のものにすることができるのである。

浮気してしまうのは、今の恋人に物足りなさを抱えているから

上記を踏まえると、浮気をしてしまうのは、「今の恋人に物足りなさを抱えているから」であると言える。

実際に自分が浮気に走ったケースを振り返ってみても、「何らかの物足りなさ」を抱えていた。

  • ほとんどの女性と体の相性が良いのに、元彼女は体の相性が良くない
  • 友達のために男を紹介して攻撃が面倒臭い
  • 服装が好みじゃない
  • 思考が子供っぽく、尊敬ができない

今思うと、「なんで付き合ったんだろう?」と思いかねない感情を元彼女には抱いていたのだが、当時は「相手が付き合いたそうだから」という理由で付き合った気がする。

結局、何か物足りない状態で付き合っても、浮気してしまって、一人の女性を愛することができないんだなあと改めて実感しました。

付き合えたから、結婚できたからと言って安心してはダメ。常に相手を見よう。

繰り返しにはなりますが、付き合えたから、結婚したからと言って、安心してはいけないと思います。

というか、モテる人であればモテる人であるほど、恋人やパートナーの有無にかかわらず、色々な人からアプローチされる機会が多いわけで、その中で選ばれ続けなければいけないわけですから、常に相手を見て、

  • 相手の男性(もしくは女性)は、どんなニーズやウォンツを抱えているのか?

にきちんと向き合って、包み込むような優しさがないとダメっすね。
てか、そこまで相手のことを考えられないなら、多分大して相手のことを好きじゃないと思うんで、さっさと次にいきましょう。

結婚相手が見つかっても筋トレしたり、LIPPS に行ってイケメンになれるように努力をしているのはまさにこれが理由です。

だって、カッコよくない男が彼氏だったり、旦那だったりしたら、嫌じゃないですか。
隣を歩きたいと思ってもらえるような人でいたいな、と。

仮にもし別れることがあっても、ジムに通っていて、髪型もまともだったら、次も探しやすいですよね?

つーわけで、日々己を研鑽していきましょう!




コメント

タイトルとURLをコピーしました