いつまで田舎にいるの?

東京での生活について発信していくブログです。主に恋愛、ナンパ、転職活動、デートなどについて書いています。

いつまで田舎にいるの?

No more 田舎、楽しい東京生をつづるブログ/h5>

ヒロセのプロフィール(2019年8月13日更新)

初めに


このブログにアクセスしてくださった皆さま、ありがとうございます。

インターネットを利用して情報発信を行う人が増えてきた昨今、
わざわざこのブログに足を運んで頂けたことに感謝します。


既に500記事以上ブログを更新していますが、
読んでくださった人たちの中には、
次のような疑問を持つ人もいらっしゃることでしょう。


「どんな人がこの記事書いてるの?」


「ヒロセってどういう人なの?」


「ヒロセさん、好きです」⇒ツイッターにDMください。笑


そんな方々の疑問にお答えすべく、
著者プロフィールなるページを作成しようと思いました。

自分がブログを読む側に立って考えるとすぐ分かることですが、

どんな人がブログを書いているのか? が分かったほうが、
読み手にとっては有益ですよね。


例えばですが、
恋愛テクニックについて語っているブログの著者が童貞だったらどうでしょうか?
内容に説得力や信憑性を感じるでしょうか?


また、婚活について熱く語っているアカウントが未婚だったら、
そのアドバイスは的確だといえるでしょうか?


インターネットが発展し、誰しもが情報発信をできるようになった昨今、
「何」を書いているか以上に、
「誰(どんな人)」が書いているかが重要になってきていると思います。


要するに、読んでいる人にとって安心して読んでほしいので、
安心できる要素としてプロフィールを書いておこうと思った次第です。


ぼくのブログのスタンスとして、
「自分が体験したこと」を中心に記事にしていきたい と考えているので、
どの記事も安心して読んでくださいと。


転職についてや、恋愛についての記事をメインに更新してますが、
「転職経験」であったり、「恋愛経験」はちゃんとあるのか、と。


転職について誰かに語れるほど、恋愛について誰かに語れるほど、
過去に経験はあるのか?と。


ブログを読んでくれる方にとって、
また、ツイッターをフォローしてくれている方にとって、
ヒロセについて知っていただいて、
安心してブログを読んでもらえたらなと思っています。


前置きが長くなりましたが、
早速プロフィールを書いていきます。

 

 

 

 


恋愛について

恋愛を語る上で外せないのが交際人数と経験人数()だと思います。

交際人数はざっと10人くらいで、経験人数は100~200の間だと思います。

 

交際人数について

中高大と普通に恋愛をしていたので、
交際人数がバグり始めたのは社会人になってからです。

 

中学:1人
高校:1人
大学:1人
社会人:7人

 

と、社会人になってからのほうが交際人数は増えています。
というのも、経験人数の増加に比例して、交際人数も増えるからです。


経験人数について

中学:0(入れようとしたけど入らなかったのでノーカン)
高校:3人
大学:7人
社会人:100人以上

 

中学生のとき(童貞)は、初めてのセックスで「どこに入れたらいいのかわからない!」と、
パニックになり、童貞を卒業することができませんでした。

 

高校1年生のときに童貞を卒業したわけですが、
初体験は元カノで、体の関係を持ったときには付き合っていなかったんですよね。笑
というのも、元カノのメンがヘラすぎて、ちょっとついていけなくて振ってしまったんです。
でも思春期のやりたい盛りだったので、やってしまったという感じです。

 

大学に入ってからは新歓の時期に仲良くなった大して可愛くない子を好きになり、
付き合ってセックスまでしたものの、やっぱり可愛くないよなという気持ちを拭えず、
付き合って1ヶ月程度で別の女の子に乗り換えてしまいました。

 

まあ、その女の子も大して可愛くなかったので、2年付き合ったのですが、
「この子と付き合っていたら、この子以上の子とは付き合えないんだな」ということを悟り、
ホワイトデーの2週間後に振ってしまいました。
お返しにネックレスとリングをプレゼントしいたんですけどね。笑


大学3年生からは特定の誰かと付き合うことはなく、
就活関連のイベントで知り合った女の子と頑張ってパコろうと画策していました。

 

長期インターン、ディスカッションイベント、

就活生キャンプというイベントで知り合った女の子と性交することができ、

当時は達成感に満ち満ちていました。笑


で、恋愛工学というか、ナンパの道というか、
外の世界に出会いを求めるようになったのは就活が終わった後のことでした。


就活が終わって気づいてしまったんですよね。

「出会いがないと、女の子をゲットできない。」ということに。

 

 

恋愛工学・ナンパとの出会い

大学の友達が藤沢さんをフォローしていて、

金融日記の感想がリツイートで回ってきて、

ワクワクしながら金融日記を購読したんですよね。

 

 

最初はマッチングアプリから始めたんですが、ことごとく惨敗でしたね。

今だからこそ言えるんですが、それこそ大して可愛くもない子を好きになり、

ぼっこぼこに振られます。「え?なんで??」みたいな。

 

自由恋愛の市場って厳しいんだなーということを目の当たりにしました。

 

 

で、恋愛工学の人たちに手取り足取り教えてもらいながら、

初めてストナンに挑戦しました。

 

結果は初スト初即ってやつで、

日常生活では絶対に関わらないであろう高卒ギャルを即できて、

 

「ナンパってこういう世界なのか」

 

と感慨深く思ったことを今でもはっきりと覚えていますね。

 

その子とは3ヶ月くらい付き合ったのですが、

休みが合わずに別れることになってしまいました。

 

Facebookは交換してあるので、たまにザオラルしてます。笑

 

 

そこから徐々にナンパをするようになって、

色々な女性と出会うことができ、

たまには恋仲になれるようになりました。

 

 

2016年に結婚

実は結婚歴があるのです。

結婚していた期間は2年くらいですが。

 

ナンパで知り合った女性と結婚までしました。

交際して半年での結婚だったので、いわゆるスピード婚ってやつですね。

 

有料ですが、詳細はnoteに書いてあります。

 

note.mu

 

結婚して1ヵ月で単身赴任がスタートします。

 

 

単身赴任中はマッチングアプリで女の子とヤりまくってた

そう、この頃から経験人数をカウントしなくなったんですよね。

なんていうか、やろうと思ったらほぼやれるから、

カウントするほどの重みがないなあと。

 

www.no-more-inaka.com

 

タワマンの最上階に住み、夜景をプロフィール写真に組み込み、

 

「家で飲もうよ!」

 

で家に呼べるという、超ぬるゲーでした。

 

 

で、1年弱して東京に戻ります。

 

 

2018年の8月に別居と離婚

東京に戻って1年したタイミングで別居して離婚しました。

 

詳細はこちら↓※有料です。

note.mu

 

離婚の話を掻い摘んですると、

相手の両親がイカれてて精神的にきつかったのと、

共働きなのに、元嫁が家事もしなければ、家賃も払わない、

おんぶにだっこ状態に疲弊したので離婚を切り出しました。

 

1年くらい自分ひとりで家事とかやってたら、胃潰瘍になりました。

www.no-more-inaka.com

 

もう結婚生活は続けられねーなと思った瞬間でした。

 

 

2018年8月以降

ゆるっとナンパとかマッチングアプリとかやってますね。

あとはツイッターでオフパコとかもやってまして…。

 

www.no-more-inaka.com

 

ゆるゆるやってるので、活動内容については「恋愛」「ナンパ」カテゴリの記事でも見てください。

そっちに詳しく書いてあります。

 

 

長くなりましたが、ここまでが恋愛についての話です。

ざっと3000文字くらい書いてしまったわけですが、これ誰が読むんだろう。笑

 

 

仕事について

社会人5年目で、今は外資系のメーカーで働いています。

 

仕事は商品企画で、仕事内容は次の3点です。

①日本向け製品の提案・商品化

②商品化が決まった商品のプロジェクトマネジメント

③商品発売後の市場分析

 

今の会社で働く前は、日本で有名なIT・通信の企業で働いていました。

ガッツリと書いてあるのは下記noteです。

 

note.mu

 

チラっとだけnoteの中身をお話しすると、法人営業を希望していたのに代理店営業に配属され、東京での勤務を希望していたのに北海道での勤務を命じられるという、大企業における配属・転勤ガチャでハズレを引いた人間の末路…という感じです。

 

希望していた職種でもなく、希望していた勤務地でもないので、適度に職務経歴書でアピールできる経験を積んで、社会人3年目で転職しました。

 

 

 

今は今後のキャリアのことを考えて、再度転職活動を行っています。

 

キャリアを築いていく上で重要だと思うのが、

①どの会社でキャリアを築くか

②どの職種でキャリアを築くか

 

という2点で、②はまだしも①に関しては不満、、、が多いので転職しようと思っています。

 

転職理由については下記を参照してください。 

www.no-more-inaka.com

 

 

年齢と共に給料を上げていく、キャリアを積んでいくことによって給料を上げていくためには、

 

給与水準の高い業界の会社かつ、シェアがトップの会社(BtoCにかぎる)

 

でないとダメだなということを、2回目の転職で痛感しました。

 

 

全てを環境のせいにするわけではないですが、

自分の力にも限界があるな~ということを日々痛感します。

 

 

本当は今働いてる会社のシェアを上げられると思って入社したんですが、

入ってみたら「これじゃあ無理だわ」という風に痛感しましたw

 

 

自分ひとりじゃね~無理ですよ、無理。。。

 

ということで、転職活動を現在も継続しています。

 

人生で2回目の転職活動で、ビズリーチ、doda、マイナビエージェント、リクルートエージェント、・・・etcを使って割りとガチめに転職活動をしています。

 

 

プロフィール、こんな感じでいいですか?

プロフィールページがないよりはあったほうがいいと思って書いてみたんですけど、

こんな感じでいいんですかね?

 

恋愛、転職系の記事がメインになるので、厚く書いてみました。

 

それではみなさん、今後ともよろしくお願いします。