いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

Twitterで炎上するビジネスの共通点について考える

f:id:Re_hirose:20190116222713p:plain

ツイッターでは昨今、イケダハヤトさんと正田圭さんが立ち上げ、はあちゅうさんのサロンと合同になった、#脱社畜サロン についての批判やら指摘が常に話題に上がっています。

 

#脱社畜サロン についての批判をザックリとまとめると、

 

サロン運営者のプロフィールが怪しい。嘘をついて集客しているんじゃないか?

運営者と違う意見を持つと片っ端からブロックされる。宗教なのでは?

 

という二つ。

嘘をついて集客している~に関しては、ツイッターのプロフィールに「2~3桁億円のM&Aがメイン」と記載しながら、実際には2~3桁億円のM&Aをしたことがなく、現在進行形にもかかわらず、プロフィールを盛ってサロンへの集客していないか?という歌がいた持たれました。

 

詳細はコチラ↓

#脱社畜サロン 主催者。自称連続起業家・正田圭氏の経歴に重大な疑義|えらいてんちょう|note

 

今回の正田さんへの批判を、恋愛工学・ナンパ界隈っぽくまとめるとこんな感じになります。

 

 

たまーに恋愛工学・ナンパ界隈でも似たような事件が発生していますよね。

 

勝手にインスタから美女の写真をスクショしてきて、「この美女をゲットしました!ゲットした方法は~」というnoteを書いている人とか。

そして、勝手に他人のインスタから転載したことが分かって、方々から袋叩きに合っている方を何回も見ました。

 

別にnoteの販売をすることが悪いと言いたいのではありません。

お金の稼ぎ方に問題があると言っているのです。

 

というか、冷静に考えて、実際にゲットしたかしてないかよりも勝手に人様の写真を使って商売道具にしているのはどうなんだろうな…と思いますが。

 

 

また、「プロフを盛っている」という疑いを持たれた所から、別角度からもツッコミが入るようになります。

 

 

 

 

 

また、運営者と違う意見を持つと片っ端からブロックされる。宗教なのでは?については、えらてんさんのnoteを見て、正田圭さんに疑いを持った人が、脱社畜サロン内でイケダハヤトさんあてに、正田圭さんの経歴についてに質問すると…

 

「俺が信じてるんだから、お前も信じろ!!」というようなニュアンスの回答が返ってきます。

 

勝手に有料サロンの内容をツイッターに転載すること自体はNGですが、内容が内容だな…と。

 

#脱社畜サロン から目覚めた元信者のnote|いしかわ|note

 

いしかわさんのnoteを三行でまとめると、こんな感じになります。

 

正田さんは俺の友達なんだ!
俺が信じてる人間なんだ!
お前も信じろ!サロンメンバーだろ!!

 

この件について、自分だったらどういう対応をとるかな?と考えてみたんですが、真逆な対応をとるだろうなという結論にいたりました。

 

 

匿名アカウントと実名アカウントの差なのかもしれませんが、実名だからって何を言っても信頼してもらえるわけではないですし、匿名アカウントだからといって何かトラブルが発生した時にしっぽを巻いて逃げて良いわけではないと思っています。

 

これが、一対一のビジネスが絡まない関係だったらまた話は変わるんですが、サロン参加者からお金をもらっている以上、サロン参加者に対してはきちんと釈明する必要があると思いますし、疑義を持った人に対しては強制退会ではなくて(もっとも今回は疑義を持ったことと別の理由での強制退会ですが)、納得が行くように対応してあげれば丸く収まるんじゃないかと思いました。

 

 

 

ここまで、脱社畜サロンが炎上した経緯について書いてきましたが、なんか似たような出来事が恋愛工学・ナンパ界隈でもありませんでしたっけー?

 

そうです、ステナン事件です。

 

PuANDAという取り巻きからステナンの神と崇められている方が発行したnoteが、値段や無料部分で読者に抱かせる期待と比較して非常に薄い内容で、私を含む色々な方がステナンの教科書というnoteに異議を唱えております。

 

以下、ステナンの教科書への異議。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私もステナンの教科書ではありませんが、380円のステナンのnoteを買ったんですが、「成果が出ていないのに金をとるんだ」とビックリしてしまいました。

 

これを言うと驚かれるんですが、PuANDA氏とは一度会ったこともありますし、会ったことがあるので言いますが、別に本人に魅力を感じているわけではないので、PuANDA氏に興味があってステナンのnoteを買ったわけではなく、ステナンってなに?と思って買ったら…

 

ãä½ã®ææãããããã¾ããã§ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

というnoteを見ることになりました。

きっと彼はナンパが上手なわけでもなく、ビジネスがしたかったんだろうなwとしか思えない内容でしたね。

 

 

 

 

Twitterで炎上するビジネスの共通点について考える

さてさて、これまでは前置きです。

ここからは、Twitterで炎上するビジネスの共通点について考えてみましょう。

 

①ターゲットが情報弱者の中の弱者

②情報商材を販売する際に、虚偽もしくは虚偽に相当すると考えられる誘因の仕方をしている

 

大きく分けてこの2つがTwitterでよく炎上しているように思えます。

 

①ターゲットが情報弱者の中の弱者

#脱社畜サロン も、入会している人のプロフィールを見れば、大体が情報弱者と呼ばれる人たちに分類されると言っても過言ではないのように思えます。

 

仮想通貨に手を出しちゃったり、ネットワークビジネスに手を出しちゃったり、そういう人たちを情弱と言わずしてなんというのでしょうか?

 

前の会社の同期にも、恐らくネットワークビジネスや情弱ビジネスに引っかかっていそうな友達がいました。

 

「俺ら、チームを組んで副業やってるんだ。」←意味不明、一人でやれ

 

「投資用のワンルームのマンションを買った。毎月数万円の支払いで、40年後に自分のモノになる。」←60歳すぎてワンルームに住むのか?

 

こういう人って、端的に言ってしまうと情弱なんですよね。

 

投資用マンションの勧誘電話とかも似たようなもんじゃないですか?

「絶対に儲かる物件が!」っていうなら、お前が投資しろよって話で。

それを人様に教える、販売するっていうのは、長期的に見て儲からないから人様に販売してんでしょと。

 

こういう情弱ビジネスについては義務教育できちんと教えてあげたらいいのにと思います。

 

 

しかし、Twitterのようなオープンな媒体でこのような情弱ビジネスをしていると、どこからか正義のヒーローが沢山あらわれて、悪の組織や親玉をぶちのめさんと啓もう活動をしてくれるわけです。

 

ぶっちゃけ、私のこのブログもその啓もう活動の一種でして、このブログを読んでくださる皆々様におかれましては、こういったビジネスの類に引っかかってほしくないなと思って、しょーもねえ記事だなあと思いながら書いています。

 

逆に言えば、Twitterにはそのような心優しい方が非常に多いので、あくどいビジネスがまかり通らなくなっているとも言えます。

まぁ、無理にやろうと思えばできなくもないですが、「情弱ビジネス」というレッテルを貼られて、自分の価値を下げてしまうだけだと思います。

 

 

ステナンが未だに批判されているのも上記と似たような文脈で批判をされています。

ナンパをしたことがないけどナンパに夢を見ている人たちに、更に夢を見せるような内容になっているからです。

 

ナンパなんて基本的に泥臭いし、声をかけようと思って勇気を振り絞って声をかけてもシカトされますが、そういった文脈を無視して「ステナン」という魔法があるかのように、恋愛に疎い恋愛弱者がターゲットになっているビジネスなので批判されている側面も強いんじゃないかなと。

 

まぁ、あとは恋愛工学から恩恵を受けているにもかかわらず、独自の恋愛論みたいな感じで打ち出したりしてたら、そらツッコミもはいりますわな、という話で。

 

 

 

②情報商材を販売する際に、虚偽もしくは虚偽に相当すると考えられる誘因の仕方をしている

これって改めて書く必要があるのかな、と思うくらい当たり前の話ですが、モノを売るときに嘘をついて売ったらいけませんという、至極当たり前の話です。

 

ぼくは1度転職を経験したので今は2社目ですが、働いた・働いている企業はBtoCで結構有名な企業です。

そういうところで働いていると、有利誤認だの、景品表示法だの、おとり広告だの、結構コンプライアンスがぎちぎちなんですよね。

 

要は、少しでも悪いと解釈されてしまいかねない販売の手法はご法度で、業界で働いている人ならだれでもそのような認識があるので、インターネット芸人の方たちと比較してもコンプライアンス意識は非常に高くなってしまいがちだと思います。

 

まあなんというか、嘘ついて商売するのって良くないと思うのでぼくはやらないのですが、実名だからある程度レバレッジをきかせて嘘をつく人もいれば、匿名だから何言ってもバレないだろうと思ってあからさまに分かる嘘をつく人もいたりするのがインターネットですよね。

 

ぼくは匿名アカウントだからこそ、誠実にツイッターなりブログなりをすることでしか、アカウントの信頼性って醸成されないんじゃないかな、と思っています。