いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

【群馬・水上】二泊三日で群馬の水上に旅行に行ってきた

f:id:Re_hirose:20190513235156j:plain

2019年のゴールデンウィークは10連休でしたね。

 

なので、どこに行っても混んでて嫌な気持ちになる気がしたので、「人気のなさそうな群馬県の水上」という場所に旅行に行ってきました。

 

普段は文章多めのブログですが、旅行なので写真をメインにすることにしたので、文章が少なくても気にしないでください!!

 

 

 

 

1日目

宿は水上なのですが、水上は新幹線が通っていないので、東京駅から上毛高原駅まで、まずは新幹線で行くことになります。

 

MAXとき(2階建て)の1階に乗ったら何も景色が見えませんでした。

2階が予約でいっぱいの場合は、新幹線を遅らせることをオススメします。

外の景色を撮影しようとしたら、ほとんど何も見えなくて、自分の顔が反射されてしまいました。残念です。

 

f:id:Re_hirose:20190513230815j:image

 

何もない、上毛高原駅

f:id:Re_hirose:20190513230842j:image

着いて早々、「うわ、本当に何もねえ。」「いつまで田舎にいるの?」と言いそうになるレベルで上毛高原駅は何もありませんでした。

 

f:id:Re_hirose:20190513230941j:image

 

都内に住んでいると、駅と言えばアトレというショッピングモールがあったり、駅から近い所にパルコやルミネやらがあるのが当たり前だと思ってしまいがちですが、上毛高原駅はコンビニ(ニューデイズ)とトヨタレンタカー、JRのレンタカー、お土産売ってる物産館しかありませんでした。

 

あとは駅校内に立ち食いソバのお店や、カフェなんかもあるんですが、「これはヤバイところに来てしまった」という感想しか出てこなかったんですよね。

 

 

駅に到着したのが12時前だったので、「何かランチを…」とあたりを見回したのですが、何もありませんでした。

 

 

諦めて水上駅に向かうことに。の前に、荷物が多いので旅館で預かってもらうことに。

 

バスでGO!

f:id:Re_hirose:20190513231020j:image

 

上毛高原駅→松乃井前

5月だというのに、桜が咲いていたことに驚きました。

荷物を預けて、ランチを食べに水上駅に行きます。

 

桜の写真は撮影したのに、旅館の写真は一切撮影していないという痛恨のミス。

プロブロガーの道のりは長く険しい。

 

f:id:Re_hirose:20190513231100j:image

 

f:id:Re_hirose:20190513231437j:image

 

 

田舎すぎて不安になる、水上駅までの道のり

久しぶりにこんな田舎にやってきたなと思いました。

体感でいうと稚内といい勝負でしょうか。いや、稚内より何もないかもしれません。

 

バスで23分(本当は30分くらいかかった)かけて、水上駅まで行きます。

 

自然!自然!!自然!!!

 

という感じで、ますます不安になります。

 

「こんな場所に二泊もする必要あるんだろうか…」と。

 

 

 

人気のない、蒸気機関車

恐らく、水上で一番映えるであろう蒸気機関車。

こともあろうに誰もいませんでした。わーい、独占だ!!

 

f:id:Re_hirose:20190513231142j:image
f:id:Re_hirose:20190513231145j:image
f:id:Re_hirose:20190513231137j:image

 

「10連休だし、混んでない所がいいな…」と思って水上をチョイスするまでは良かったんですが、「何もない所だから人がこないんだ」と結論づけてしまいました。

 

 

5分で終わる、駅周辺の散策

ビックリするくらい田舎の水上ですが、駅周辺くらいは栄えているだろう、と。

 

f:id:Re_hirose:20190513232416j:image

 

思っていたぼくがバカだったようで、駅の周りに土産物屋が2~3件、飲食店も4~5件。

 

以上。

 

 

あまりの田舎さにビックリする俺。

 

 

(´-`).。oO(女の子に楽しんでもらえるかが心配だぞ…。)

 

 

Google Mapで評価が高いお店でランチ

ローカルすぎると食べログやぐるなびが一切機能しなくなってしまうのです。

なぜなら、表示される店が駅から数キロ離れていることがあるから。

 

となると、頼れるモノはGoogle Mapの評価+混雑具合だっ!

ということで、混んでいた蕎麦屋でランチ。

 

そば処 くぼ田さんで美味しいそばを頂きました。

店舗紹介|水上駅前三代目 そば処 くぼ田

 

でも田舎なのに都会で食べる蕎麦並みの値段でちょっとびっくりしちゃいました。

 

すくよか舞茸の天もりそば(1,080円)

f:id:Re_hirose:20190513231510j:image

味は美味しかったのですが、てんぷらの衣が少しべたっとしていて、減量中の身としてはきつかったです。

 

田舎は食べ物がおいしくて安い!という人もいますが、ぼくの観測した範囲で食べ物が安くて美味しい非都会って、福岡くらいしかないイメージです。

 

 

 

飯食って暇になったので、温泉街を散策することに

「あっこれマジでNintendo Switchでも持ってきた方がいいんじゃねーの…?」と思うくらい水上は何もありませんでした。

 

とはいえ、この時点で13時くらい。

 

ホテルのチェックインは15時からなので、2時間くらい温泉街で時間を潰すことに。

 

水上駅からバスに乗り、「水上温泉」で降ります。

 

 

あたり一面に広がる…廃墟……

 

f:id:Re_hirose:20190513231546j:image
f:id:Re_hirose:20190513231539j:image
f:id:Re_hirose:20190513231543j:image

 

いや、古き良きとか、歴史が詰まったとか、色々ポジティブに評したいなとは思ってるんですよね。でも、建物の老朽化が激しく、景観が良くなかったんですよ。

 

「うーん、この街は50年したらなくなってんだろうなぁ…」

 

そんな悲しい気持ちになりながら、温泉街を散策しました。

 

 

虫やゴミが浮いてる、水の足湯

ふれあい交流館 というところに足湯がある!ということで、行ってきました。

 

f:id:Re_hirose:20190513231609j:image

 

ふれあい交流館 | 水上温泉 利根郡みなかみ町の日帰り温泉施設

 

行ってみたはいいんですが、虫やゴミが浮いていて、しかも足「湯」なのにぬるい…というか、水です。水。

 

ちょっと暖かいくらいの水です。常温より少し暖かいくらいの…

 

 

ぼくたちの他にもカップルがいたのですが、「え…足湯の温度じゃないじゃん…」と言い残して消えていきました。

 

彼らも足湯を楽しみにふれあい交流館に来たであろうに、残念ですね。

 

 

ビールが好きだったら行きたかった、オクトワンブルーイング

ここまで良い所のない水上ですが、イケてるビアバーみたいなお店を発見しました。

 

f:id:Re_hirose:20190513231631j:image

 

昼間っからビール!!いい波乗ってんねwwwww

 

 

でもぼくも女の子も、ビールが飲めません

oct-1.com

 

水上にしては珍しく、2組くらいのお客さんが昼間っから入っていたので、それなりに繁盛しているお店なのではないか?と思います。

 

ビールが飲める年齢になったら、是非行ってみたいですね。

水上はもうお腹いっぱいですが…。

 

 

地元民?に占拠されている湯原温泉公園

第一の足湯がダメでも、第二の足湯が温泉街にはあるぞ…!

ということで、湯原温泉公園に。

 

www.gunlabo.net

 

3家族くらいいて、占拠されていたので、足湯できませんでした。

 

 

やる気のない射的・遊技場

行ったら締まってましたし、このご時世に射的ってビジネス的にかなりヤバイんじゃ…という気持ちで胸がいっぱいになりました。

 

山の中でスマートボール&射的「ゲームセンターみなかみや」

 

「ゲームセンターみなかみや」以外にも2店舗射的のお店があるのですが、10連休のゴールデンウィークだからか、どこも締まっていました。

 

そうですよね、お客さん来ないなら、どこか出かけたいですよね。

 

 

そこから20分くらい歩いて、旅館に帰りました。

マジで何もなくて、ウッ…。

 

 

 

源泉湯の宿 松乃井に宿泊!

 

チェックインのタイミングで、貸切露天風呂を予約することにしました。

当日の分はほとんど埋まっていて、1日目は夕飯前の30分の枠を予約。

 

2日目は21時くらいの予約を取りました。 

 

貸切露天風呂を予約した理由は、お風呂でイチャイチャしたかったから。

※ヤってません

 

その後は、歩き疲れたし、なんだか暑かったしで、部屋に着いてすぐ布団を敷きました。

 

 

 

 

夕飯はバイキング

減量中ですがバイキングだったので、肉、魚を沢山食べ、脂質を抑える方向に。

f:id:Re_hirose:20190513232407j:image
f:id:Re_hirose:20190513232410j:image

肉、寿司、もつ煮、刺身と群馬にいるのに魚食ってます。

バイキング形式は楽しく食事ができていいのですが、カップルでいくところではないかなあと思いました。子連れとか、同性の友達と行く分にはワイワイガヤガヤ盛り上がれて良さそうですね。

 

味は「まあこんなもんか」という感じです。

バイキングクオリティ。

 

 

貸切露天風呂:カンテラの湯

公式ホームページを見ると、めちゃくちゃ映える写真が載っていました。

 

ã«ã³ãã©ã®æ¹¯

 

ヒロセの写真力だと、こんな感じの写真が限界でした…。 

 

f:id:Re_hirose:20190513232508j:image
f:id:Re_hirose:20190513232517j:image
f:id:Re_hirose:20190513232524j:image
f:id:Re_hirose:20190513232513j:image
f:id:Re_hirose:20190513232521j:image

 

広くてゆったりとできる貸切露天風呂だったので、4,500円(税抜)を払うのはありだと思いました。あとイチャイチャできるし。

 

2人だけの時間を過ごせたので満足です。 

 

 

 

2日目 

朝食

f:id:Re_hirose:20190513233151j:image

俺はこの、ウインナーというか、ソーセージというか、クタクタに茹でられたホテルの朝食バイキングでしか出てこない肉が好きなんだ…。

 

揚げパンは懐かしかったので半分だけ食べました。

 一応減量中なんで…。

 

バスでホテルから上毛高原駅まで移動


f:id:Re_hirose:20190513233059j:image

何もない      風景は続きます。

※ただし自然はある


f:id:Re_hirose:20190513233617j:image

 

空いてんのか閉まってんのか、潰れてんのかよく分からない店。

田舎の醍醐味ですね。


f:id:Re_hirose:20190513233140j:image

田舎すぎて不安になる山

 


f:id:Re_hirose:20190513233033j:image

何もない

 


f:id:Re_hirose:20190513233012j:image

悪魔的なバスの時刻表です。

 

18時を過ぎるとバスがなくなってしまいます!

それにしても、本数が少ない…。1時間に1本もないぞ。

 

 

インスタ映えの聖地 大とろ牛乳


f:id:Re_hirose:20190513233643j:image
f:id:Re_hirose:20190513233135j:image

11時前ぐらいに行ったのですが、30人以上の列が。

 

ええええwww水上にこんなに人がいるんだwwwwwww

 

と思うレベルの行列です。みんな何しに並んでるの?と思うかもしれませんが、都内ですらインスタ映えスポットを探すのに苦労するわけですから、群馬なんてもっと苦労するわけですね。

 

↓のような写真を撮りたいがためにわざわざ遠い所から来て、列に並んでいるのです。
f:id:Re_hirose:20190513233105j:image

iPhone XSのポートレートで撮ったら、大と までしか入りませんでした。

 

ちなみに大とろ牛乳ってなんなの?って話ですが、

 

大とろ牛乳とは・・・
スムージーやシェイクのように、極太ストローで召し上がっていただく牛乳とコラーゲンの少し凍ったスイーツです。バニラなどの香料は一切使用しておりませんので濃厚な牛乳の風味とシャリッと心地よい口あたりがさっぱりとした後味をお口の中にひろげます。
無料でお試しいただけるフレーバートッピングや、旬の素材やフルーツなどのトッピングも季節に合わせてご用意しています。

 

シャーベットみたいな牛乳です。 

 

菓子工房 大とろ牛乳 食べる みなかみ町観光協会 みなかみパーフェクトガイド

 

 

ロックハート城

映画やPVの撮影でよく使われる、ロックハート城に行ってきました。 

最近だと、「跳んで、埼玉」という映画の撮影にも使われたらしいです。

 

入場料1000円を課金して、ロックハート城にIN
f:id:Re_hirose:20190513233205j:image
f:id:Re_hirose:20190513234345j:image

 

入るとサイン館があり、著名人のサインがずらーっとならんでいます。
f:id:Re_hirose:20190513233646j:image

 

特に推しがいなかったので、とりあえずももち。
f:id:Re_hirose:20190513233047j:image

 

と、シド。
f:id:Re_hirose:20190513233157j:image

 

シドのサインほしい・・・

 

 

 

リア充の巣窟


f:id:Re_hirose:20190513234318j:image

そこかしこにカップルの名前と願いが書き記されています。

この中で今もなお結ばれている男女のつがいはどれくらいいるのでしょうか?

 

 

西洋の甲冑もこのザマです。

リア充には常識というものがないのでしょうか?
f:id:Re_hirose:20190513233230j:image

ここまで見るも無残な甲冑を見たのは初めてです。

足元に落ちてるハートのアクセサリーとか、気になってしょうがないけど、、、

 

メッセージを刻む石


f:id:Re_hirose:20190513233629j:image

わざわざ、名前彫る必要あるんか?

ここら辺の温度感というか、価値観が同じ女の子と来られるといいですね。

 

「え~私もヒロセ君とこれやりた~い!!」と言われていたら、ロックハート城に女の子を置いていった自信があります。


f:id:Re_hirose:20190513233611j:image
f:id:Re_hirose:20190513233608j:image

 

 

施設内の風景


f:id:Re_hirose:20190513233626j:image
f:id:Re_hirose:20190513233006j:image
f:id:Re_hirose:20190513233210j:image

 

自撮りしている女の子たちや、ラブラブそうなカップルも多く見受けられました。
f:id:Re_hirose:20190513233131j:image

「もう、そんな歳じゃないよね(笑)」と笑い合いながら、コスプレを拒否。

 

ロックハート城の中

ここからは写真が多くなります。手を抜いているわけではありません。
f:id:Re_hirose:20190513233239j:image
f:id:Re_hirose:20190513233002j:image
f:id:Re_hirose:20190513233051j:image
f:id:Re_hirose:20190513233623j:image

 

怪しすぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
f:id:Re_hirose:20190513233614j:image

 


f:id:Re_hirose:20190513233028j:image
f:id:Re_hirose:20190513233037j:image
f:id:Re_hirose:20190513233055j:image
f:id:Re_hirose:20190513233201j:image
f:id:Re_hirose:20190513233636j:image
f:id:Re_hirose:20190513233022j:image
f:id:Re_hirose:20190513233216j:image
f:id:Re_hirose:20190513233632j:image
f:id:Re_hirose:20190513233620j:image

 

 

 

スプリングベル

永遠の愛を誓いたいだとか、これからもずっと一緒だとか、そういった話は抜きにして、とりあえず鐘を突きに行きました。
f:id:Re_hirose:20190513233102j:image

 

色んな人の名前や、ハートのモニュメントが並んでおり、いるだけでむずがゆい気持ちになります。
f:id:Re_hirose:20190513233314j:image
f:id:Re_hirose:20190513233154j:image

 

 

お花


f:id:Re_hirose:20190513233123j:image

 

ポートレートの撮影上手すぎワロタwwwww
f:id:Re_hirose:20190513233017j:image
f:id:Re_hirose:20190513233220j:image

 

 

石ころミュージアム

これからの写真は全部石です。

本当はもっとたくさんあったのですが、ピックアップして石に見えない石をご紹介します。


f:id:Re_hirose:20190513234356j:image
f:id:Re_hirose:20190513234341j:image

 

なぜか化石もある


f:id:Re_hirose:20190513233147j:image
f:id:Re_hirose:20190513233213j:image
f:id:Re_hirose:20190513233044j:image
f:id:Re_hirose:20190513233242j:image

 

ロックハート城 外景


f:id:Re_hirose:20190513233127j:image
f:id:Re_hirose:20190513233639j:image
f:id:Re_hirose:20190513234315j:image

 

女の子ウケは抜群なので、カップルの皆様はよろしければ行ってみてください。

男同士で行くと浮きます。

 

lockheart.info

 

ノルンみなかみフラワーガーデン

f:id:Re_hirose:20190513235059j:image

 

ここからは、あたり一面のキレイなスイセンの花をご覧ください。

メチャクチャ綺麗でした。

 

入り口から上を向いて撮った写真


f:id:Re_hirose:20190513235121j:image
f:id:Re_hirose:20190513235147j:image

 

ロープウェイに乗りながら撮影した写真


f:id:Re_hirose:20190513235117j:image

 

ロープウェイから降りて撮ってます。


f:id:Re_hirose:20190513235330j:image
f:id:Re_hirose:20190513235230j:image
f:id:Re_hirose:20190513235227j:image
f:id:Re_hirose:20190513235222j:image
f:id:Re_hirose:20190513235213j:image

 

上からの景色


f:id:Re_hirose:20190513235309j:image
f:id:Re_hirose:20190513235242j:image
f:id:Re_hirose:20190513235156j:image
f:id:Re_hirose:20190514000223j:image
f:id:Re_hirose:20190513235102j:image

 

花も売ってる
f:id:Re_hirose:20190513235052j:image
f:id:Re_hirose:20190513235205j:image
f:id:Re_hirose:20190513235337j:image
f:id:Re_hirose:20190513235327j:image
f:id:Re_hirose:20190513235134j:image

 

園内・開花情報|ノルンみなかみフラワーガーデン すいせんまつり

※2019年は4月20日~5月19日までの実施だったようです。

 

 

 

群馬県最北の道の駅 水紀行館


f:id:Re_hirose:20190513235201j:image

カブトムシの幼虫が売ってました。

3匹入って、なんと350円(税込)です。

 

昔カブトムシを飼っていた頃のことを思い出して買って帰りそうになりましたが、

家にカブトムシが置いてあったらモテない気がしたので、泣く泣くおいて帰りました。

 

その他、玉こんにゃくやお土産など、色々売ってました。

 

見てこのホームページ。群馬ってインターネットもADSLしか通ってないのかな(?)

f:id:Re_hirose:20190527213311p:plain

群馬県最北の道の駅 水紀行館

 

※ちなみに現ツイッターのアイコンはここで撮影しました。

 

 

みなかみ焼きたてチーズタルト JACK THE TART FANTASY ! ジャック・ザ・タルトファンタジー!


f:id:Re_hirose:20190513235238j:image

 

森の中にポツンとある、ジャック・ザ・タルトファンタジー!です。

美味しいチーズタルトが食べられます。

 

チーズタルト(←)とサツマイモタルト(→)
f:id:Re_hirose:20190513235257j:image

 

明らかにおかしい。何かがおかしい。自然に囲まれすぎている。
f:id:Re_hirose:20190513235347j:image


f:id:Re_hirose:20190513235030j:image
f:id:Re_hirose:20190513235316j:image

 

夕飯 恒例のバイキング


f:id:Re_hirose:20190513235343j:image

1日目も2日目もほとんど同じものを食べます。

 

この日はステーキに列ができていなくて、サッと並んでサッと食べられました。

オススメはやっぱりもつ煮ですかね。居酒屋で食べるあのもつ煮の味がしました。

 

 

貸切露天風呂 星空の湯

上に…見えます?なんかキラキラしてる光。そう、これが星空なんです。
f:id:Re_hirose:20190513235312j:image

 

こちらのお風呂もいい感じの広さで、二人で入っても全然狭くなかったです。
f:id:Re_hirose:20190513235252j:image
f:id:Re_hirose:20190513235233j:image

 

上を見ると満点の星ぞ…電球ですが、星空と謳う割に夜空感がなかったのが残念です。
f:id:Re_hirose:20190513235144j:image

なんつーかこう…オリオン座とか、あれがデネブアルタイルベガとか、やりたいわけなンすよね。

君が指さす夏の大三角とか。北斗七星とか。アタタタタタタ!とか。

 

 

 

3日目:最終日

相も変わらずな朝食

ここまで豪勢な朝食を食べることは、これから先の人生でそうないでしょう。
f:id:Re_hirose:20190513235246j:image

 

部屋からの景色

うーん、山。緑。
f:id:Re_hirose:20190513235128j:image

 

山山山
f:id:Re_hirose:20190513235306j:image

山しかねえ。
f:id:Re_hirose:20190513235114j:image

 

 

伊香保グリーン牧場

二人で入場料2,400円を払って伊香保グリーン牧場へ。


f:id:Re_hirose:20190513235131j:image

 

この日も確か30度近い気温で死ぬほど暑かったので、減量中ですが致し方なくソフトクリームを食べました。

 

動物たちの写真

やる気のないヒツジです。

お金を払うとヒツジと散歩ができるのですが、
f:id:Re_hirose:20190513235209j:image

 

餌をくれ、餌をくれと群がるヒツジです。

人気者に慣れた気分ですね。
f:id:Re_hirose:20190513235320j:image

 

動かないウサギ
f:id:Re_hirose:20190513235109j:image
f:id:Re_hirose:20190513235351j:image

 

ニンジン待ちの馬
f:id:Re_hirose:20190514000226j:image
f:id:Re_hirose:20190513235324j:image

 

遅咲きの桜
f:id:Re_hirose:20190513235249j:image
f:id:Re_hirose:20190513235124j:image

 

 

榛名湖へGO!

道がくねくねしてて、死ぬかと思いました。

f:id:Re_hirose:20190527215045p:plain

 

2年ぶりの運転だし、横に女の子乗ってるしで、もう大変よ。

いっぱいいっぱい。

 

「できる!できる!!俺ならできる!!!オッケー!!!!カーブ曲がれた!!!!!天才!!!!!1」と心の中で自分を励ましながら車を運転しました。



f:id:Re_hirose:20190513235357j:image

 

手漕ぎボートは30分700円でした。
f:id:Re_hirose:20190513235139j:image

 

受付のおじいさんに「手漕ぎボートこげる、平気?」と聞かれたので「余裕っす!何回か乗ったんで!!」と自信満々で答えたのに、全然漕げませんでしたね。

 

 


f:id:Re_hirose:20190513235218j:image

どれくらい漕げないかというと、普通手漕ぎボートって後ろに進むんですよ。

自分の後ろに進んでいくんです。後ろ向きに進むって言った方が分かりやすいかな。

 

でも俺wwwww後ろ向きに進まなくてwwwwwwwww前向きに漕いじゃったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwやっぱり中の人が前向きだと違いますね。

 


f:id:Re_hirose:20190513235301j:image
f:id:Re_hirose:20190513235334j:image

 

上毛高原駅からの眺め


f:id:Re_hirose:20190513235022j:image

 

泊まった旅館↓