いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系起業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

築地銀だこでランチしてきたけど美味しくはなかった。ソースカツ丼なら"志多美屋”一択。

f:id:Re_hirose:20181019220609j:plain

 

ずっと気になっていたランチがあった。

これまではランチの時間に通ることがなかったので、素通りをかましていたのだが…。 

入りたい気持ちを抑えられなくなったお店がある。

 

そう、築地銀だこである。

正確に言うと、「築地銀だこハイボール酒場」のランチなのだが、

面倒なので以後は”銀だこ”と呼ぶ。

 

 

 

銀だこのランチ

行ってきたのは、東京駅 八重洲地下街店。

平日の12時を回っていたにもかかわらず、空いていた。

築地銀だこハイボール酒場(たこ焼き・ハイボール) | 東京駅 八重洲地下街

 

嫌な予感がしつつも、メニューにある、

 

タレカツ丼  上(カツ4枚) 650円 を頼む。

 

「席でお待ちください。」

 

と、ほぼ立ち席しかないなか案内をされる。

 

3分も待たずにタレカツ丼とご対面。

 

見た目は値段の割にしっかりしていて、おいしそうだった。

 

f:id:Re_hirose:20181019220503j:image

 

のだが、実はそんなに美味しくなかった、というオチ。

 

なんだろう。

 

肉もソースも衣もなんだかイマイチ。

 

うーん…

タレカツ(ソースカツ丼)って、こんなんだっけ。

 

銀だこはたこ焼きのクオリティが高い分、

他の料理もうまいだろうと勝手に思い込んでいたので、

少しショックを受けた。

 

 

 

個人的にオススメなソースカツ丼

食べた回数は少ないのだが、圧倒的に美味しいソースカツ丼を紹介する。

その味が頭というか、記憶?に残っていたので、今回のタレカツがマズく感じた。

 

群馬の桐生という、よっぽどのことがなければ行く用事のないところにある、

 

志多美屋

 

というお店だ。

変換がめちゃくちゃ面倒くさい。

 

f:id:Re_hirose:20181019214726p:plain

 

志多美屋ホームページ

 

確か大学の時に友達と草津に旅行に行くついでに寄ったとか、

群馬に転勤になった友達に会いに行ったついでに食べに行ったとか、

 

そんなもん。

 

群馬にしては、ソースカツ丼(6個入り)で1,100円と、割高ではある。

桐生市のコープでバイトをしていたら、2時間働いてやっと食べられる高級料理だ。

 

エーコープ関東(1)笠懸店(2)新田店(3)広沢店のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

 

f:id:Re_hirose:20181019214642p:plain

 

志多美屋ーメニュー

 

味はというと、カツをソースにつけちゃいました、なんちゃってタレカツですてへぺろ☆

みたいなタレカツとは違い、肉と衣とソースが三位一体となっていて、めちゃくちゃ美味しい。

 

群馬なんてド田舎に店を構えずに、東京に出店してほしいレベル。

 

東京駅からの経路

新幹線に乗っていっても、2時間半かかるらしい。

北海道の方が近い。

 

地図はこちら。

東京からだと遠いので、何かのついでで群馬による機会があったら、

「そういえば広瀬が死陀魅闇とかいうソースカツ丼のお店をおすすめしてたな。」と

思い出してほしい。

 

したみやってよむんだけど、したみやで一発変換できないのが玉に瑕。

 

志が多い美しい屋!と変換すると楽です。

 

 

 

食べたくなってきたので画像だけ収集した

中途半端なタレカツを食べてしまったせいで、したみや(変換できない)のソースカツ丼が食べたくなりました。

でも食べに行ける距離ではないので、写真で我慢したいと思います。

 

 

 

 

 

 

腹減った。