いつまで田舎にいるの?

東京での生活について発信していくブログです。主に恋愛、ナンパ、転職活動、デートなどについて書いています。

いつまで田舎にいるの?

No more 田舎、楽しい東京生をつづるブログ/h5>

趣味は時間とお金の無駄遣いである。

趣味

趣味なんてものは人生を豊かにするものではなく、時間とお金の無駄遣いである。

この真実をガンプラ趣味のおじさんに問いかけたところ、あっさりブロックされてしまった。

 

 

 

 

俺は別にガンプラに恨みがあるわけでもなければ、趣味に熱中する人を冒涜したいわけでもない。

じゃあなんでこんなことを言うかというと、大半の人にとって趣味は時間とお金の無駄遣いになるからだ。

 

 

 

 

趣味に費やす時間とお金は本当にあるのか?

「趣味」というと、熱中している物事を指すようなイメージがあるが、趣味程度の物事に熱中しているようでは人生で大事なものを見失ってしまう。

 

かつて俺も小学生、中学生の時に熱中していた趣味は沢山あった。

 

 

趣味の幅という意味では誰にも負けないだろうというくらい、いろいろなことを趣味にしていた。

水泳、サッカー、デュエルマスターズのカードゲーム、遊戯王のカードゲーム、任天堂64、ゲームキューブ、Playstation2、それからパソコンのアダルトゲームに、ネットゲームなど。

 

陰キャラな趣味から陽キャラな趣味まで一通りこなしてみて感じたのは、「趣味という人生で役に立たない物事に時間とお金を費やし過ぎてしまった!」という後悔である。

 

 

正直なところ、何一つ良かったことがないのである。

 

サッカーだって小学1年生から中学3年生までの計9年間時間を費やしたが、1円の価値も生み出していない。

なんとなくチームスポーツをして、なんとなく時間を使ってしまった。

 

たとえサッカーのプロになれなくても、趣味でサッカーをするくらいならモテるのでは?と思うかもしれないが、上には上がいるのがサッカーなどのスポーツのダメなところで、競技人口の多さに比例して自分の目立たなさも際立ってくる。

 

これがもし、趣味がサッカーじゃなくて英語の勉強とか、プログラミングだったらどうだろう。

 

もっと仕事の幅も広がっていたかもしれないし、違う選択肢もあったかもしれない。

 

これは何も俺にだけ当てはまることではなく、世の中のほとんどの人に当てはまることである。

 

趣味に使う時間とお金があったら、何か他のことに使った方が、人生はもっと良くなるのではないだろうか。

これは、ブログを読んでくれている方に向けても発信しているメッセージだし、自分に向けても発信しているメッセージである。

 

そう、もっと自分の人生と真剣に向き合うべきなのだ。

手遅れになる前に。

 

 

 

金になる趣味と筋トレ・読書・勉強は趣味にする価値がある

前段で趣味を真っ向から全否定しつつも、人生において役に立つ趣味があることもまた否定はできない。

 

金になる趣味は趣味に認めてもいい

余計なことに使うお金と時間がもったいないというのであって、時間を使うことで逆にお金になる趣味は時間を使うだけの意味がある。

 

手前味噌で大変恐縮だが、このブログも言ってしまえば「金になる趣味」である。

と言いつつも、ブログ単体だと対して稼げていない(苦笑)ので、「金になるかもしれない趣味」という位置付けにしておこう。

 

ガンプラも組み立てて塗装して販売するところまで持っていければ趣味にする価値がありそうなんだが、大抵の人は自分のために作って、自分の部屋に飾って終了だろう。

かつての俺もそうだった。

 

 

筋トレ・読書・勉強はモテと金につながる

ボディビルダーレベルまで筋肉をつけてしまうとモテから遠ざかってしまうような気がするが、一般人が筋トレしてたるんだ身体を引き締める程度であれば、それはモテにつながる。

 

かくいう俺も一年前に筋トレを始めたのだが、細身だとすこぶる女ウケがいい。

 

マッチョではない、ただのガリガリであることは百も承知なのだが、「この身体がいい」と言われることもあるので非常に気分がいい!!

 

 

また、読書や勉強は後々大いに役に立ってくることだと思う。

もちろん、役に立たない本を読んでいても意味はないが、仕事で使う本であったり、仕事の幅を広げる勉強であったりは役に立つとしか言いようがない。

 

そもそも、日本人は勉強をしないと言われていて、本当にその通りだと感じる。

 

先進国一、勉強しない日本の会社員に明日はあるのか?

 

勉強というと「嫌なことをさせられる」だとか、「そんな暇があったら酒飲んで揚げ物食べてたい」と思う大人が多いのだろう。

 

しかし、勉強をすること、つまりは努力することを放棄していては、これまでの自分となんら変わることはないし、歳をとるごとに色々と劣化していくにもかかわらず、劣化に抗おうとしないのは意味がわからない。

 

痛いオジサン・婚活で売れ残るオバサンにありがちなのが、加齢=魅力が増えていく という妄想である。

 

 

断言するが、そんなことはない。

 

 

加齢とともに見た目も劣化するし、体力も落ちるし、記憶力だって落ちる。

 

歳をとることはいいことではない。

 

だからこそ、趣味なんて余計な物事に時間を使って回り道をせずに、最短距離で人生を攻略していきたいと思っているし、この記事を読んでいる人にも同じことを思ってほしい。