いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

東京湾納涼船(浜松町・竹芝)は夏にオススメのナンパスポットである

f:id:Re_hirose:20190626162505j:image

 

東京湾納涼船の季節になるとナンパを行うヒロセです。

東京湾納涼船2019

 

まるで「セミ」みたいだな…と自分のことを思うわけですよ。

 

セミと同じで、東京湾納涼船での乗船イベントが開催している、「夏」にしか地表に出てきませんからね。
それ以外の期間はジムで筋トレしてます。


 

今回は「東京湾納涼船(浜松町・竹芝)は夏にオススメのナンパスポットである」ということで、夏限定で出来る納涼船ナンパについて熱く語りたいと思います。

※週刊金融日記 第370号に掲載された内容とほぼ同じです。

 

ヒロセは2018年度に5回東京湾納涼船に乗り、当日2ゲット、後日3ゲットと、あまりナンパをしない身ながら好成績を残すことができました。
そのため、ナンパの難易度がかなり低く、初心者でも良い結果が出せるのでは?と思い、より多くの人に知ってもらいたい一心で記事にします。

 

 

 

 

 

納涼船ナンパがオススメな理由①:女子大生~社会人3年目までの若い女の子だけが多い

巷で流行っているナンパスポットに行くと、高齢の方(いわゆるBBA)とエンカウントする機会が非常に多く、いつもいたたまれない気持ちになります。


例えば、銀座のコリドー街や恵比寿の恵比寿横丁など、私の観測する範囲では30歳を優に超えている女性が多く出没するため、若い子を探すのに苦労します。

 

しかし、納涼船であれば女子大生~社会人3年目までの若い女の子がほとんどを占めているので、ターゲットを探すことに苦労しません。


ナンパをすることが目的で、ナンパ力を鍛えたい人であればどこでナンパをしようが関係ないと思います。


ですが、私を含めて、この記事を読んでいる男性の方々は、ナンパもしなければならないし、ナンパ以外に仕事で成果を上げて、社会的な地位の向上にも励まなければいけないと考えてはいませんか?


そんな中、若い女の子だけが集中的にポップする納涼船は、非常にナンパ効率が良いのです。

 

 

納涼船ナンパがオススメな理由②:納涼船の乗車フィーが男女で同額のため、乞食女がいない

銀座のコリドー街や恵比寿横丁などでは、男が溢れて「奢ってあげるから飲もうよ!」とナンパをする男も多く、女性の蜜壷の価値は下がることをしりません。

 

そのためそういった過激なナンパスポットにいる女性は奢られ慣れており、「奢らない男はNG」という状態になってしまっています。(プラスBBAも多い)

 

しかし納涼船では、女性も男性と同じ金額を乗船時に負担しなければいけないので、「奢ってもらう」という発想になりにくいのです。

むしろ、乗船料金に飲み放題の料金が含まれているので、フードを頼まない以外に余計なお金がかかる心配がありません。

 

通常ナンパをすると「連れ出し」といって、飲食店に連れ出してご飯やお酒を奢る必要が出てきますが、納涼船であればそもそも納涼船が連れ出し先になっているので、それ以上にお金がかかることはないと言っていいでしょう。

ただし、納涼船から下船した後にカラオケや居酒屋に行く場合は例外ですが。

 

とはいえ、「男に奢ってほしい・男にたかりたい女」は納涼船に乗ってきません。

そのため、婚期を逃し、地獄を彷徨う屍と化してしまった女性と出会うことはなく、「擦れていない若い女の子」と出会うチャンスがあるのが納涼船です。

 

 

 

納涼船ナンパがオススメな理由③:「浴衣を着て、夏っぽいことをしたい」という女性の言い訳づくりができている

 

女性にはプライドがあります、建前があります。
ナンパスポットにわざわざ足を運び、男を物色しているイケてない女でありたくないのです。

どんな状況であっても「ナンパされに来た」なんて、自分のヒエラルキーが下がるような発言は絶対にできないのです。

 

しかし、納涼船は男女の出会いを紡ぐ場所でありながら、「女性の浴衣を着たい」微かな願いを叶える場所でもあります。

そのため、「夏の思い出作りのために、浴衣を着たいから納涼船に来たんだよ!」と、ナンパされに来たわけじゃないという言い訳を作ってあげることができるのです。

 

この言い訳づくりが事前にできている環境なのかどうかがナンパスポットにおいては重要で、女の子のプライドを保つために一役買っているのです。

 

「俺も女の子だったら、夏に浴衣着たいと思う。だって夏っぽいじゃん?似合ってるし!」と言えば、女の子との距離も近づきます。

 

 

 

納涼船ナンパがオススメな理由④:19時開始、21時終了と、健全な時間にナンパができて、かつ入場料も安い

「出会いを求める男女」が足を運ぶ場所として最もポピュラーなのはクラブでしょう。


しかし、クラブは開始時刻が遅かったり、金額が高かったりと、毎週行ってる場合ではありません。

 

ところが納涼船は19時開始、21時終了、しかも2,400円で飲み放題と破格の値段でナンパを楽しむことができます。
※ただし、飲み放題のお酒はまずい

 

相席屋なんて1時間3,000円ですから、いかに納涼船のコスパが良いかがわかります。

 

 

まとめると、若くて擦れていない女の子と出会える場で、かつ入場料も安く、早い時間に終わるイベントなので翌日に疲れも残らないというのが納涼船ナンパのいいところです。

 

 


最後に納涼船に乗る方に向けたアドバイスを行って締めたいと思います。

 

 

 

 

 

オススメの納涼船乗船時期:納涼船のピークは8月上旬~中旬


一応、納涼船は6月28日~9月23日まで開催していますが、その中でピークは8月上旬~中旬です。
メインの客層が大学生のため、テストが終わった8月中旬~お盆休みの8月中旬がピークとなります。

一番避けなければいけないのは、9月以降です。
9月に入ってしまうと、「浴衣を着たい」という言い訳もできなくなり、乗船人数が減りますし、
もっと問題なのは、ミスターコンの宣伝に納涼船が使われ始めることです。

9月に入ると客足が減るので、各大学のミスターコンとコラボして客数を増やそうとしているのだとは思いますが、
「ミスターコンに出る友達を見に来た人」で溢れかえります。

納涼船がメインのイベントではなくなってしまうんですね。

なので、8月上旬~中旬をお勧めします。

 


美味しくないし使いきれないので、食事のチケットは買うな!


納涼船に乗船する際に、食事をどうするか?という問題があります。
オススメは、乗船前に腹ごしらえをしておくことです。


なぜなら、納涼船で振る舞われる食事はチケット制になっており、1枚500円なのですが、美味しいご飯がありません。
ぼく自身一度も買ったことがないのですが、女の子が買ったフードをおすそ分けしてもらったところ、冷めてて美味しくなかったです。

 

チケットは使いきれないと払い戻しもきかないので、要注意です。
今年は電子マネーでも支払えるようになったっぽいですが、買う必要はないです。

 

 


年齢設定は20代後半までがオススメ


前述の通り、納涼船に乗船するメインの年齢層は20代前半が多いです。
そのため、30代はちょっと設定的にキツいです。

 

去年一緒に納涼船に乗船した人の実年齢は30代前半だったのですが、年齢をストレートに伝えるとちょっと女の子に引かれてしまっていました…。

 

個人的な体感ですが、女の子の年齢と7歳以上開きがあると、距離を近づける際に難易度が一気に上がると思っています。

 

納涼船は夜間に行われるイベントなので、パッと見若ければそこまで大きな問題はないと思います。

 

 

以上が納涼船に関する熱い思いを記載した記事でした。

今回の記事を見て、「納涼船、ちょっと乗ってみたいかも」と思った方は、過去の納涼船レポートを見てもらえると、より行きたい気持ちが増すと思います。

 

www.no-more-inaka.com

www.no-more-inaka.com

www.no-more-inaka.com