いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

プロブロガーには絶対になりたくない3つの理由

f:id:Re_hirose:20180820001232p:plain

前回の記事について多くの反響がありました。

www.no-more-inaka.com

 

サラリーマンをしながら毎日ブログの更新を掲げている身として、

何かブログを書く人たちに何か一石を投じられたのであれば良かったです。

 

今回はその続編ということで、

 

ぼくがプロブロガーには絶対になりたくない理由

 

を紹介します。

 

まず最初にプロブロガーの定義からハッキリさせておきますが、

 

ブログを書くことでのみ生活をしている人=専業ブロガー

 

が、ぼくの認識しているところのプロブロガーです。

 

プロブロガーの定義がはっきりしたところで、本題に入りたいと思います。

 

 

 

 

プロブロガーには絶対になりたくない理由

 

①プロブロガーになるとブログを、儲かる内容 > 書きたい内容 にしないといけない

1ビットコインが200万円を記録した頃、

 

Twitterでは仮想通貨ブロガーを名乗るアカウントが沢山生まれました。

 

これはお金稼ぎのためでしかないと思っています。

 

お金稼ぎのロジックとしては、

 

仮想通貨を購入し、利益が出ていることをTwitterでアピール

 

→狙い①:自身が購入している仮想通貨を購入するユーザーを増やし、購入した仮想通貨の値上げに貢献させる

 

→狙い②:自身のアフィリエイトリンクから、仮想通貨の取引に新規参入するユーザーを増やし、アフィリエイト収入を増やすため

 

上記①②によって、

 

仮想通貨の価値が上がることによる利益

 

 

仮想通貨の取引に参入するユーザーを仲介したことによる利益

 

の2つを上げることができます。

 

 

となると、みなさんこぞって仮想通貨ブロガーになるわけです。

なぜかというと儲かるから。

 

仮想通貨を買いました!買ったときより価値が上がって儲かりました!!

皆さんも仮想通貨を買って儲けましょう!!取引所はこちらのブログを参考にしてください!!!このリンクから登録してね!!!!

 

というだけでお金が稼げるわけです。

 

 

しかし、ここで問題が発生します。

 

 

 

問題:仮想通貨で儲けられなくなったとき、商材を変えないといけない

仮想通貨を実際に取引していた人は見に覚えがあるかもしれませんが、

”出川ショック”と呼ばれる仮想通貨の大幅な値下がりが今年の1月にありました。

 

それまでカネのなる木と信じられいてた仮想通貨でしたが、

結局それも空想にすぎませんでした。

 

結果、Googleトレンドで「仮想通貨」の検索数を調べてみると、

最盛期の約1/9にまでそのボリュームが下がっています。

 

Googleトレンドー仮想通貨

 

こうなるとプロブロガーはピンチです!

 

検索数が減るということは、すなわち収入が減ることに繋がるので、

仮想通貨に変わるなにか新しい商材を探す必要が出てきます。

 

すると、せっかく今まで温めてきた仮想通貨に対する知見が全てとはいいませんが、

稼げなくなるのでオジャンになってしまいます。

 

ああ、ネットの記事や本を読んで仮想通貨について勉強してアフィリエイトを始めたのに、全然稼げなくなるなんて…

 

という状況に直結します。

 

まぁ、プロブロガーなんで、ブログで稼いでナンボですから、

稼げる商材を探すこと自体は否定はしませんし、理にかなっているとは思っています。

 

でもせっかく築き上げてきたものを放棄しないといけなくなりますね。

 

誰とはいいませんが、

 

仮想通貨ブロガー

 

を名乗っていたプロブロガーが、

 

ブログ運営のノウハウを紹介するアカウント

 

に切り替わっていたのを見て、

 

自分の書いていることが間違っていないなと確信しました。

 

プロブロガーになるとこの、儲けありきというスタイルにならざるをえないので、

自分の書きたい内容から遠ざかっていってしまうんですよね。

 

だからぼくはプロブロガーにはなりたくありません。

 

 

 

 

プロブロガーには絶対になりたくない理由

②プロブロガーになると、ずっとパソコンの前で1人で作業しないといけない

 

退屈じゃないですか?

ずっとパソコンでカタカタカタカタやって、飽きませんか?

 

これを365日、24時間続けるとなると、「しんどそう」の一言に尽きます。

 

また、自分ひとりでする以上、自分の先生は自分でしかありません。

なので、自分にはない視点で何か意見をくれる人という存在がいないんですよね。

 

これが会社であれば、上司からアドバイスをもらって自分の仕事を改善することも可能でしょうが、残念ながらプロブロガーは自分が先生なので自分で改善する他ありません。

 

ぼくは25年生きていますが、

 

他人からのフィードバックで自分になかった新しい視点や考え

 

を得られて後の業務に役立てられた経験が多いので、

ここのポイントは捨てられないんですよね。

 

いつまで甘えたことを言ってんだ!と思う方もいるかもしれませんが、

 

プロブロガー界隈だと、

 

「自分への批判は全てアンチで無視!即ブロック!!」

 

という風潮が強いため、人の話を聞く土壌が全くないんだなと思うことは多いです。

 

結局、1人で生み出せるアウトプットには限界がありますし、

その限界をもっと先に設定してくれるのが、会社に勤めていれば上司です。

 

ぼくの言ってることが分からない人は、「ずば抜けて優秀」か「上司に恵まれなかった」かのどちらかなので、どっちか考えてみてください。

 

 

また、パソコンの前で作業をしているだけで得られる情報って

どれくらい価値があるんですかね?

 

誰もがアクセスできる情報を少し加工できるくらいじゃないんでしょうか?

 

 

 

 

 

プロブロガーには絶対になりたくない理由

③プロブロガーはリスクをとっているようで、流行モノに乗っかっているだけなので実はリスクはとっていない

 

①にも書きましたが、

儲かる商材、儲かる商材へと常にシフトし続けるのがプロブロガーだと考えています。

 

しかし、リスクをとっているようで、流行モノに乗っかるだけで自分で流行を生み出すわけではないので、実はリスクをとっていないのです。

 

過疎通貨なんかが本当に良い例だと思うのですが、

 

仮想通貨は将来価値が上がる!

仮想通貨は既存の金融システムを大きく変える!!

 

と言っている人たちって、

 

仮想通貨に携わる仕事に就いていないんですよ。

 

ここが不思議でしょうがないというか、

リスクをとらないで他人のふんどしで相撲をとっていてセコいなというか。

 

外野から仮想通貨の買いを煽ってるだけ。笑

 

本当に仮想通貨が革命的な技術なら、

 

自分で仮想通貨を開発したほうが儲かると思いますけど、

 

違いますか?

 

結局プロブロガーにできることって、

 

流行をつくるのではなく、流行に乗っかる。

 

ことしかないんですよね、残念だけど。

 

 

まとめ

プロブロガーになると、書きたい内容でなく、儲かる内容を書かないといけない。

プロブロガーは、パソコンの前にずっと張り付いているだけ。

プロブロガーは、流行をつくるのではなく、流行に乗っかるだけ。

 

以上の理由で、ぼくはプロブロガーになりたくありません!