いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系起業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

大事なのは”金”か、それとも”信用”か。某マッチングアプリのサイトを見て思うこと。

f:id:Re_hirose:20181107220422j:plain

ひょんなことからマッチングアプリが紹介されているサイトを見かけた。

恋愛についてよく語っている友人から、「このサイト最後まで読める?」と言われて紹介を受けた。

 

話すと長くなるので割愛するが、今のGoogleが検索エンジンで優先的に上位に表示をする要素として、”網羅性”がある。

 

要するに、一記事の文量が多ければ多いほど現時点では”網羅”されていることになるので、文章量が増えるのである。大は小を兼ねるということわざがあるが、まさにその通りだ。

 

SEO対策でGoogleが大切にする3要素「E-A-T」プラスα

 

なんでこんなことを意識するのか?というと、検索で上位に表示をされるためだ。

検索で上位に表示されるとアクセスが桁違いに増えるので、ぼく含めてブロガーやアフィリエイター、企業でアフィリエイトをやっているところなんかはこぞって検索上位を狙う。

 

まあ、検索云々の話は今回の話の本旨とは関係がないので、これくらいにしておく。

 

で、今回問題…というと言い過ぎな気もするが、

 

 

大事なのは”金”か、それとも”信用”か。

 

 

と、考えさせられたのがこちらのサイトだ。

 

※直接リンクを貼るとサイトへのアクセスおよび検索結果に好影響を与えてしまうため、敢えて魚拓を貼っています。

 

【魚拓】【2018年版】あなたにおすすめのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート - マッチアップ

 

あなたにおすすめのマッチングアプリはこれできまり!

と言っておきながら、無料で使えるtinderの記載がない。

 

これって不誠実ではありませんか?

 

 

tinderがないことに疑問を抱いていたら、同じように感じるTwitterユーザーが多数いらっしゃった。

 

 

 

ここで考えなければいけないのは、当該記事からtinderを消すことの正当性である。

 

恐らく、読者層をマッチングアプリを全く知らない人と絞って、

「ま、tinderなんて紹介せんでもええやろww金にならんしwww」

 

と思って削除したと思うと合点がいく。

 

なので、個人的な当該記事及び、運営しているサイト、会社に対しては、

「信用 < 金」という印象を抱かざるを得なかった。

 

 

 

 

匿名ツイッターアカウントに必要なのは、”金”ではなく”信頼”

どうも。

18センチンサラリーマン広瀬です。

 

18センチは匿名…ではなく事実ですが、広瀬はハンドルネームなので、匿名です。

 

 

冗談はさておき、ぼくのような匿名ツイッターアカウントに必要なのは、”金”ではなく”信頼”なのです。

同じようなことをサウザーさんやゴッホさんも言っていたような気がしますが、ぼくも同意見です。

 

色々な観点がありますが、ぼくの場合はそこまで貪欲にお金を拾いに行く必要がありません。

 

”金”ではなく”信頼”を優先できる理由

 

理由は本業があるから。

 

別にブログでアクセスが伸び悩んでも、収益にならなくても、

本業のサラリーマンが安定しているので生きていくのには困りません。

 

もちろん、リストラなんかされた日にはドえらいことになりますが、

そんな簡単にはクビにならないことは身を以って体感していますし、

ぶっちゃけ勤勉で成果も出しているので、クビにならねえよ!とタカをくくっています。

 

なので、ブログやツイートを含めて”金”ではなく”信用”を優先して情報発信を行えるという理屈です。

 

もちろん、信用を捨てて全力で金を追うこともできますが、

ぼくをツイッターでフォローしてくれている人やこのブログを読んでいる人は情報感度が高い人だと思っているので、すぐに後ろ指をさされるだろうと思っています。

 

実際にツイッターの世界ではお金稼ぎに走って誰からも見向きされなくなっている人たちが散見されます。

 

まぁ、例えばこの人ですよね。

 

高城α-the-storage (@hypermediacreat) | Twitter

 

短期的に見れば収益を上げられるかもしれませんが、

ぼくはまだ26歳なので、人生長いんですよ。笑

 

ブログに飽きていなければ、5年後までにはアドセンスで食っていけるくらいのブロガーになってたいな…なんて。

 

そう思った場合、読者を増やさないといけないわけですから、

金!金!!金!!!というブログにしてしまうときちんと見てもらえないと思って慰安す。

 

 

 

そもそもアフィリエイト記事の書き方が違う

そして、ぼくみたいな”兼業”ブロガー(アフィリエイター)と”専業”ブロガー(アフィリエイター)もしくは企業としてアフィリエイト事業を行っている会社では、記事の書き方が違います。

 

”兼業”ブロガー(アフィリエイター)の場合

自分の体験談に基づきブログを書く→その中で合致するようなアフィリエイトプログラムや過去に利用した経験のあるアフィリエイトプログラムがあれば紹介する→たまに収益になる→”金”ではなく”信用”を得られる

 

専業”ブロガー(アフィリエイター)もしくは企業としてアフィリエイト事業を行っている会社

単価(利率)の高いアフィリエイトプログラムを探す→そのプログラムから収益を上げられそうな記事を書く→結果として”信頼”ではなく”金”を優先した記事になる→見ている人が疑問に思う内容になる

 

という別れ方をします。

 

別に”金”を追うことを否定はしませんし、綺麗事を言うつもりもありませんが、

1ユーザーとしてSEO対策だけ施された中身の薄い記事や、アフィリエイトがゴリゴリ組み込まれた記事は見ていて時間の無駄だなと思ってしまいます。

 

そして、そういう記事が残念ながら上位に表示され、沢山の人の目についてしまうのがGoogle検索の現時点(2018年11月7日現在)の仕様です。

 

なので、ぼくは自分の書きたいことを書きたいですし、

読者の人にも有益な情報や面白お話ができればと思ってブログは更新しています。

 

その根底にあるのは、ぼく自身も沢山の方々に良くされながら育ったので、

今度は誰かの力になれればという気持ちがあります。

 

その思いを果たすためには、”金”ではなく”信用”を得られる内容にしなければならないという話です。

 

 

 

とはいえ検索の仕組みもそのうち変わるはず

Googleの検索の仕組みは一定のものではなく、勝手に変わるものです。

なので、今上位で表示されているサイトが今後も必ず上位に表示され続けるかと言われると、そんなことは全くありません。

 

なので、今上位に表示されることはもちろん大事ですが、

これからどういう記事が上位に表示されるのか=沢山の人の目に届いてほしいと思ってもらえるか

という未来を想像して記事を書き進める必要があると考えています。

 

ぼくはGoogle社員でもないですし、しがないサラリーマンですが、

”金”ではなく”信頼”が評価される検索の仕組みがそのうちやってくると思います。

 

なぜならその方がユーザーにとって利益があるから。

 

金目当てで書かれた記事より、ユーザーのことを考えて書いた記事の方が信頼できるなんて当たり前の話です。

 

でも残念ながら今はそうはなっていませんが、

これから、近い未来そうなるとぼくは確信しています。

 

このブログや広瀬というツイッターアカウントは、企業が運営しているわけでもなければ、実名で運営しているわけでもありません。

なので、スタート地点がどうしても信頼性に欠けるところからのスタートだということは十分理解しています。

なので、Googleから評価されていなくてもしょうがないです。

 

ゲームイズゲーム、ルールイズルールなので。

 

でもだからと言って、同じ土俵で戦っても勝ち目はありませんし、

人の役に立たないので、ぼくは自分の信じる道を進もうと思います。