いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

PayPay100億円キャンペーン第二弾に乗り遅れないための準備について

f:id:Re_hirose:20190204221803p:plain



2019年2月4日、PayPayの100億円キャンペーンの第二弾が発表されました。

100億円キャンペーンと銘打つ割には、キャンペーン内容は前回と比べて格段にショボくなっています。

 

とはいえ、もらえるものはもらっておきましょう。拾えるお金は拾っておきましょう。

ということで、今回はPayPayの100億円キャンペーン第二弾の記事です。

 

ニュース記事を見てもよく分からんという人にもわかってもらえるような内容にしてます。

 

 

 

 

キャンペーンの概要

①PayPayで決済時に最大20%戻ってくるキャンペーン

PayPay残高による支払い→20%還元

Yahoo! JAPANカード による支払い→19%還元

その他クレジットカードによる支払い→10%還元

 

※一度の利用で最大1000円分まで還元される

※期間中は最大5万円相当まで付与

 

PayPay残高による支払いであれば、5000円の買い物で1000円戻ってくる計算になります。

ただ、一度の利用で最大1000円分までの還元なので、10000円使っても1000円までしか還元されません。

 

Yahoo! JAPANカード 以外のカードで支払う場合は、10000円までで最大の1000円の還元を受けられます。

 

 

②やたら当たるくじ(懸賞)

PayPay残高もしくはYahoo!JAPANカードで支払いをした場合にのみ、最大5回に1回の確率で全額還元される。

※ただし、一度の還元額の上限は1000円

※やたら当たるくじ(懸賞)の期間中の還元上限は20000円

 

PayPayユーザーであれば、10回に1回当たる。

Yahoo!プレミアム会員であれば、5回に1回当たる。

 

Yahoo!プレミアム会員になり、Yahoo! JAPANカード を発行した状態でPayPayで決済すると10回に1回が5回に1回、確率で言うと2倍になりますね。

 

キャンペーン期間

2019年2月12日(火)9時~5月31日まで

※100億円に達し次第終了

 

 

 

キャンペーンの狙い

第一弾のキャンペーンでは話題作りを、第二弾では地道なキャッシュレスの普及に努めているような狙いを感じました。

最大1000円までしか還元がされないということを考えると、最大の還元率(20%)で買い物をした場合の金額は5000円です。

 

そこら辺の美容院、安い居酒屋くらいしか5000円に収まらないでしょう。

 

第一弾では値段の下がりにくいApple製品やNintendo switchなどが沢山の人の手によって買われていましたが、今回はそういった現象もなくなるでしょう。

 

転売で儲けるという仕組みが機能しなくなるのはいいことですが、例えば10万円のテレビを買っても1000円しか戻ってこないわけです。実際の還元率で言ったら1%です。

 

これだと、ちょっとキャンペーンと呼ぶにはショボい還元率ですよね。

 

前回は値下がりしない商品を買うことをお勧めしましたが、今回はコンビニや飲食店など、安い金額を決済して、20%還元と5回に1回の全額還元を狙っていくのがいいんだと思います。

キャンペーンとしてはショボいですが、PayPayも一度に沢山の金額を特定の店舗で使われるより、沢山の店舗で何回もPayPayを使ってもらった方が広まると考えたのでしょう。

 

まあ、ぼくはApple WatchでQuick Payで支払うのが一番早くて楽なので、このキャンペーンが終わったら、またQuick Payに戻ると思います。

 

 

 

PayPay100億円キャンペーンで損をしないためには?

Yahoo!JAPANカードの発行と、Yahoo!プレミアムの会員登録を済ませておきましょう。

 

Yahoo!JAPANカードの発行はコチラ↓

無料でYahoo! JAPANカードを発行する

 

Yahoo!プレミアムの会員登録はコチラ↓

Yahoo!プレミアムに申し込む

 

Yahoo! JAPANカード