いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

【Pairs】マッチングアプリ(出会い系)を一か月間やってみた感想

ãèæã®ãããã¼ã«ã¼ãã£ã¬ã³ã«è¢ãéã女æ§ã

先日、マッチングアプリ(出会い系)の有料会員期間が終わった。

 

なんというか、「やっと解放された…」というのが正直な感想で、鼻息荒く女性と連絡を取る気になれなかったのである。

 

というのも、マッチした(メッセージで連絡がとれる状態になった)美女の画像に違和感を覚え、スクショして画像検索をかけたら、中国のコスプレイヤーだった。

 

 

 

 

 

どうでもいいけど、最近の中国人の方のコスプレのクオリティ(容姿)が高すぎたので、もう一名追加で紹介します。

 

 

えーとですね、美女の紹介ばかりになってしまいましたが、何が言いたいかというと…

 

夢見せんなよ! !!!!

 

ということです。

 

途中からめんどくさくなって、テキトーにいいねしまくってたら、ドラゴンクエストモンスターズが出来上がっていました。

 

ドラゴンクエストモンスターズ miumiu広瀬のワンダーマッチングアプリ

ってやかましいわ!

 

ドラクエのモンスターだと思えば、愛嬌が出てきて、楽しくなるかと思ったんですよね。

 

君は…

 

ボストロール♀!!

 é¢é£ç»å

 

君は…

 

あくましんかん♀!!!

 é¢é£ç»å

 

君は…

 

ぶちスライム!!!!!

ãã¶ã¡ã¹ã©ã¤ã ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ 

 

と、失礼ながらマッチングアプリでマッチした女性をドラクエのモンスターで例えまくっていたら、「俺、なんのためにマッチングアプリを始めたんだっけ?」と哲学的な自問自答を始めてしまったので、余計なことを考えるのはやめにしました。

 

ちなみに一番多かったのは、くさった死体でした。

 

ãããã£ãããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

有料会員の間は、朝起きてスマホを開き、来ているメッセージの一つ一つに目を通し、返信をしていく…。

なんかこの”作業ゲーム”につかれてしまったんですよね。

 

そして、面倒くさくなったので、さっさとLINEでも回収してデートの予定でも立てようと思ってマッチして二言目からLINEのIDを聞いたら、なんと全滅です。

 

「カカオならいいですよ^^」と言われたのですが、「カカオってなに?チョコレート??ああ、カカオ72%ってめちゃマズいよね。」くらいの知識しかなく、こりゃついていけないなと思ったので、カカオを教えてもらうのはやめました。

 

ちなみにカカオのイメージキャラクターにはアピーチというキャラクターがいて、最近は日本でカフェができたそうです。

 

若い女の子の中には韓国が好きな女の子が多く、「アピーチ!ライアン!!」とカカオフレンズに夢中な子も多いので、「アピーチが好きなんだ。俺はアビーチが好きだよ^^ヘイブラザーwww」と言ってると連絡がとれなくなるので気を付けてください。

 

 

お前、カカオって何か知ってるじゃん、っていうツッコミはやめてね。

 

 

さてさてさーて、ここまでマッチングアプリについては非常に否定的なことばかり述べてしまいました。

ただ、それはこの文章の書き手がmiumiu広瀬という人物だからであって、他の人によってはマッチングアプリを天国のように表現する人もいるでしょう。

確かにPairsだったり、withだったり、アフィリエイトのリンクを貼っているのでそこから登録してもらえると嬉しいわけですが、別にアフィリンク自体はぶっちゃけどうでもいいと思ってます。

 

というか、特にブログを書いて色んな人に読んでもらえたらいいな~という思いで書いているので、確かにアフィリンク経由で登録してもらえると嬉しいは嬉しいですが、それ以上にブログを読んで役に立ったとか、ためになったとか言ってもらえる方が全然嬉しいですね。

 

ただディスってばかりいるとマッチングアプリのノウハウをnoteで紹介してお金を稼いでいる人からボコボコにされそうなので、一応、マッチングアプリをやってみて感じた良さを書いていこうと思います。

 

また、マッチングアプリのノウハウなんて、ぶっちゃけ写真が9割だと思っているので、カッコいい写真を撮れるように頑張ってください というのが本音です。

 

まあ、使ってたプロフィールとか、LINE移管後のやり取りとかはnoteにしてもいいかなと思うのですが、ぶっちゃけ本人のキャラクターによってメッセージの文面の良しあしも変わってくるので、値段にしても300円くらいが妥当なんじゃないかなと思います。

 

さて、前置きが長くなりましたが、一応公平な観点で悪い所も良い所も書いていきたいと思うので、マッチングアプリの良い所を書いていきたいと思います。

 

 

 マッチングアプリの良い所

①女性側の出会いに対するハードルが低い

男は常日頃から、どこでも出会いを求めている生き物だと思います。

それは学校しかり、会社しかり、隙さえあれば女子に股間の如意棒を突き刺さんと企てている生き物です。

 

社会人になり、ろくな出会いもなく、ナンパをしてみたりすることもあるわけですが、女性側の出会いに対するハードルの高さという壁にはいつもぶつかります。

 

昨今、ナンパにおけるトラブルや事件などがあり、ナンパ自体が怪しいものだと思われてしまうことは仕方のないことだとは思いつつも、ナンパ(特に路上での)は怪しさが満点です。女性側からも、「やっぱりナンパなんでしょ。」という目で見られることは必至なんですよね。

 

特に、納涼船後の残党狩り(納涼船から下船後にローラーでナンパしていく作戦)なんかをしていると身に染みて分かることです。

船の上ではあんなに簡単に話を聞いてくれたのに。それが路上になった瞬間になんでこんなに反応が悪くなるんだと、去年5回納涼船にのって思ったものです。

 

しかし、マッチングアプリ女性側の出会いに対するハードルが低く、「会ってみよう」と打診したときに「会うのはちょっと…」なることは少ないように感じました。

まあ、たまにカカオだけなら~という???な女もいますが、基本的には釣り堀で釣りをしているような感覚ですね。

 

女性側のハードルが低いというのは、出会いの数を上では非常に大事なことです。

 

 

 

②男性側も参入のハードルが低い

マッチングアプリ以外で出会いをつくろうとすると、道を歩いている人に声をかけたり、同じ飲み屋で飲んでいる人に声をかけたり、クラブで知り合った女性に声をかけたりしないといけないわけですが、それって非常にハードルが高いんですよね。

 

ぼくも初めてナンパした時はかなりビビりながらナンパしたものですし、声は上ずるわ、何話していいか分かんないわで、女の子に迷惑をかけてしまったんじゃないかと思います。

 

これって男性側から考えると、参入のハードルが高いんですよね。

だって、折角勇気を出して話しかけたのに、シカトされたり暴言を吐かれたりすることもあるんです。分かっちゃいるけど、分かっちゃいるけど辛いもんがある。

 

でもマッチングアプリなら女性にシカトされることはあれど、ボタンをおすだけでマッチングアプリがかってに声をかけてくれるので、当人が傷つくことはないのです。

 

だからこそ、マッチングアプリを延々と続けてるツイッターアカウントも多く見受けられるんじゃないかなと思いました。

 

 

③天候に左右されない

こんなクソ寒い冬の時期に、街に出てナンパなんかしてたら体調悪くなります。

春になるにつれて、女の子の反応もだんだんとよくなり、ゴールデンウィーク前日の金曜日は「ナンパの日」と呼ばれるほどです。

 

こういった季節の変化、天候に左右されることなく、家にいながら隙間時間にポチポチ指を動かすだけで、女の子とやり取りができます。

 

これもマッチングアプリをお勧めできる点ですかね。

 

ぼくはブログのネタにすべく、出来る限り最新の記事で、最先端な情報を提供したいがゆえにマッチングアプリに登録しています。

こんな理由でマッチングアプリをする人なんてまあいないんじゃないですかねって思います。

 

 

まとめ

マッチングアプリは男女ともにハードルが低いし、天候に左右されないので、楽に出会いがほしい人にはオススメです。

 

ちなみに、使ってたマッチングアプリはコチラです↓

 

Pairs(ペアーズ) 出会い・マッチングアプリ

Pairs(ペアーズ) 出会い・マッチングアプリ

eureka,Inc.無料posted withアプリーチ

 

皆さんにも良き出会いがあることを祈ってます!!