いつまで田舎にいるの?

東京での生活について発信していくブログです。主に恋愛、ナンパ、転職活動、デートなどについて書いています。

【社会人向け】デートで女性を落とすためのお店選びについて 

ãå¤æ¯ãè¦ãªããä¹¾æ¯å¤æ¯ãè¦ãªããä¹¾æ¯ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

今回の記事では、

 

デートでどんなお店を選んだらいいか分からない

 

という方に向けて、

 

「こういう基準でデートにおけるお店を選ぶと、女の子を落としやすくなる」

 

という、恋愛における鉄則を授けたい。

 

  • 人気のお店を予約したのに、女の子を落とせなかった
  • 何回デートしても、一向に女の子を落とせる気がしない

 

そんな方に向けて書いていきます。

 

この記事を読んで、少しでもデートで女性を落とせるようになったら凄く嬉しい。

それは、男性にとってのメリットだけでなく、女性にとってもメリットがあると思う。

デートまで成立したということは、お互いに大なり小なり気はあることは確かだ。

 

その”気”をモノにできれば、女性にも素敵な時間をプレゼントできたと思うが、そうでなければ、女性の時間を無駄にしてしまったに過ぎないからだ。

 

 

 

 

 

デートで女性を落とすためのお店選びの鉄則①向かい合う席は避け、L字もしくは横並び(カウンター)の席を予約しよう

 

ここが一番大事なところです。

 

歴戦の猛者であれば、「L字?カウンター??そんなん知ってるよ」と思うかもしれませんが、初心者はまずここから躓く。

 

なぜなら、お店を予約すると基本的に、こちらの意図は汲まれることなく勝手に向かい合う席をチョイスされるからです。

 

どういう教育を受けてきたのか不思議でしょうがないのですが、

こちらから強い意志を持って店員の話を遮り、「カウンターもしくはL字」の席を予約しにいかないといけません。

 

そう、椅子取りゲームは店を予約する段階で始まっているのです。

 

ナンパを極めた人たちの中には、「向かい合わせの席で女性を落としてこそ一人前!」という人もいますが、そういう人たちは勝手にやっててください。

 

渋谷だったらレガートがお勧めですが、入り口の夜景が見える横並びの席は予約ができないので、19時くらいには店に入っていたいですね。

 

www.no-more-inaka.com

 

なお、その他の場所でL字や横並びの席を探す場合は、次のように検索してみてください。

 

  • ○○(←地名) デート L字席
  • ○○(←地名) デート カップルシート
  • ○○(←地名) デート 横並び

 

検索イメージ図

f:id:Re_hirose:20181224084525p:plain

 

 

なぜL字もしくは横並びの席が大事なのか?

向かい合わせの席というのは物理的に距離があり、かつ相手の目を見てずっと話さなければいけません。

 

物理的に距離があると、ボディタッチや手を握ったりという、「口説くための儀式」が一切できません。これを1軒目で済ませていないと、「お店を出た瞬間に態度が豹変していきなり口説き始めるチソポ男」というレッテルを女性に貼られてしまう危険性があります。

 

また、向かい合わせだと、お互いにお互いの顔をずっと見ていないといけません。

顔に自信がある殿方であれば別ですが、ぼくのように、「どんなに頑張ってもイケメンとは言えない」人間が向かい合わせで座り続けることほど女性に迷惑をかけることはないので、おとなしく横並びの席もしくはL字の席を選びましょう。

 

 

 

 

デートで女性を落とすためのお店選びの鉄則②家もしくはラブホテルから近いお店を選ぼう

 

折角いい雰囲気になっても、家が遠かったり、ラブホテルが遠かったりすると、良い感じの雰囲気も秒でなくなってしまいます。

 

そこで、家もしくはラブホテルから近いお店を選ぶというのが鉄則になります。

 

しかし、いくら家の近くのお店が大事だとは言え、赤羽や王子などといった女性視点でショボい街に女の子を呼ぶのはかなり難易度が高いです。

そのため、1度目のデートでは、池袋、渋谷、新宿など、ラブホテルが近くにあり、どんな人でもアクセスしやすい場所でのデートをオススメします。

 

しかし、毎回ラブホテルを使っているとお金もバカにならないため、

高い家賃を払ってでも、池袋、渋谷、新宿などに引っ越すのもありかと思います。

これは、月間何人とデートしたいか、そのうち何人を落とせるのか。

ということなどを考慮して、場所を決めるといいでしょう。

 

ちなみにぼくは新卒から家賃に10万はかけていました。

それくらい、立地というのは大事だと思うんですよね。

 

ちなみに、家もしくはラブホテルへの打診が通らなかったときのために、

近くにカラオケやBARがあるとなお良いですね。

 

 

 

まとめ

デートでのお店を選ぶ基準は、横並びの席やL字の席があるかないか、家やラブホテルから近いかどうか、シンプルにたったこの2つです。

 

これ以外に、焼き肉だの、寿司だのといった、お店選びに対する加点なんてものはありません。

 

というか、お店選びで加点を…ということを考えていると、食べログで評価の高い=料金設定もクソ高い店 を選ばないといけなくなってしまいます。

 

そして、クソ高い店を選んだからといって、相手の女性を落とせる保証もありません。

 

ネットの恋愛コラムを見ていると、「私に寿司を食わせろ」と言わんばかりの寿司乞食女もいますが、ぼくたちは女性に寿司を食わせるためにデートするわけではありません。

 

 デートを通じて、自分のことを知ってもらって、相手のことを知って、いい雰囲気を演出して、お持ち帰りをするためにデートをします。

 

そうです、デートから前戯は始まっているのです。