いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

カップルが別れる理由は、「男がいつまで経っても何もしない」から。

f:id:Re_hirose:20190211230855p:plain

今回の記事では、「男がいつまで経っても(彼女に)何もしない」が故に、

女の子に振られてしまう!というお話をしていきたいと思います。

 

週刊金融日記を読んでいる人、ナンパをしている人にとっては全くもって縁がない話ではありますが、今回は一般的な人をターゲットにした記事なので、ご容赦ください。

 

 

この記事を書こうと思ったきっかけですが、

先日女の子と話していた際に、「友達と彼氏が上手くいってなくて…」

という相談をされました。

 

 

本当はぼくがその友達の彼氏と知り合いであるなら、僭越ながらアドバイスでもしてあげたいのだけれど、全く関わりのない人で。

 

そして、その上手くいってない女の子も「(彼氏が)何を不満に思っているかは、自分で気が付いてほしい」と言っていたので、「男がいつまで経っても何もしない」という振られる理由について、男側が全く検知できないのである。

 

なので、せめてこのブログを読んでくれている人、検索で見つけてくれた人には、「男がいつまで経っても何もしない」という、一見、女の子を大切にしてそうな態度や行動が裏目に出てしまっているという話をしていきたい。

 

ちなみに、ここでいう何もしないという言葉の意味は、手も繋がない、キスもしない、セックスはもちろんしていない という意味である。

 

 

 

 

何もしない男は、手を出してくる男にかんたんに負けてしまう

恋愛工学やナンパをかじったことがある人は、女性にアプローチする=セックスすると結び付けて考えることが容易にできると思う。

 

しかし、世の中の一般的な男性を見ると、どうやら女性にアプローチする=セックスする というわけではないということが分かる。

 

ぼくは高校生くらいからここら辺の線引きはきっちりしていたので、「女友達」というカテゴリーは一切なく、知り合った可愛い子にはとりあえずアプローチするということを心がけていた。

 

そして、その日初めて会ったとか、まだ知り合ったばかりとか、そういったことは一切考えずに、愚直に一生懸命口説いてラブホテルやら自宅やらに持って帰るわけ。

 

 

しかし、こういったアプローチができる男というのは限られているらしく、大抵の男はフレンドシップ戦略を採り、拒絶されないように外堀から緩やかに固めていき、そして、友達という枠を超えようと努力をする。

 

しかし、一度「友達」と女の子に認識されてしまったが最後、一生友達でい続けることになる。

 

「友達」という言葉を発してしまった瞬間に、2人の関係は「友達」から発展しようがない。だって自分から友達って言ってるからね。

 

この瞬間に、女の子は「友達でいいんだ。」と頭の中で認識をし、友達としてその男と接するようになる。

 

女の子と口をきくだけならこの手段で構わないが、永遠と口をきいているだけで終わってしまう。

 

嫌われる勇気をもって、もう一歩踏み込まないといけない。

 

 

このような、女の子に嫌われるのを極端に恐れる恋愛の仕方をしていると、いざ付き合えて彼女になったときでも、彼女に対してもキスであったり手を繋ぐ出会ってり、自分から積極的に誘うことができなくなってしまう。

 

 

確かに、女の子にアプローチをして、失敗することもある。

もっと具体的に言えば、連絡先を聞いて断られることもあるし、ホテルに誘って断られることもある。

 

これは女の子の発する「拒絶」であることは間違いないが、こればっかりは仕方がないことなのである。

 

この拒絶を恐れていると、ゆるやかなペースでしか関係構築を行うことができず、その間に他の男に持ってかれてしまう可能性もある。

 

 

前置きが長くなったが、彼女を大切に…という建前で、本当は「自分が傷つきたくないから」、手を繋ごうともしない、キスをしようともしない、セックスに誘うなんてもっての他な、男は、そこの壁を超えてくる男に、いともかんたんに女の子を持っていかれてしまうのである。

 

 

 

女の子は待ちの姿勢だが、性欲はある

誰にどこで恋愛を教わったのかは知らないが、基本的に女の子は待ちの姿勢である。

 

待ちの姿勢というのは、男からのアプローチを受けて、どういう行動を選ぶか判断をする ということである。

 

なので、自分から連絡先を聞けば、連絡先を教えるか、断るかという行動をとる。

 

よっぽどの食いつきがなければ、女の子側から連絡先を聞いてくることはないと思った方がいい。

ナンパの上級者になれば、「連絡先は自分から女の子に聞くものじゃなくて、女の子に聞かせるように仕向けるもの」という人もいるが…

 

そんなことを初心者がやってしまうと、「アプローチしてきたのに何も具体的にしてこない甲斐性なし」というレッテルを貼られて終わるだけ。

 

 

上記を踏まえると、君が童貞か非童貞かにかかわらず、とにかく女の子に対しては自分から行動を起こさなければいけないということだ。

 

童貞に対して丁寧な手ほどきで筆おろしを行ってくれるのは、アダルトビデオか二次元のエロ漫画くらいしかないので、変な期待を捨てることが大事である。

 

 

 

しかし、朗報もある。

 

女の子にも性欲はある のだ。

 

 

だから、君が好きな女の子とセックスしたいと思っているように、女の子も好きな人とセックスしたいと思うことはある。

ただし、君とセックスしたいかどうかは別問題だが。

 

 

この、待ち姿勢だが性欲はあるという性質を理解しないと、

かんたんに浮気をされてしまう。

 

この点を理解して、付き合ったのなら手も繋いでキスもして、セックスも当たり前にするような関係性を女性と築いてほしいと思う。