いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

社会人5年目なのに「第二新卒」というレッテルを貼られてしまう現象について

f:id:Re_hirose:20190603222659p:plain

 

私は既に一度転職をしているので、第二新卒ではなく、第三新卒じゃねーか!と心の中で突っ込んだ。

 

先日、コンサルの面接を受けてきた。

 

www.no-more-inaka.com 

 

普通に受け答えをしているだけなのに、身ぐるみを剥がされていくような、そんな感じのする面接だった。だからといって、これを圧迫面接だ!と言って面接官をディスるつもりは全くない。むしろ、今まで自分が歩んできたキャリアについて全うに評価されているような気さえした。

 

 

 

 

 

 

業界と職種を同時に変える転職は第二新卒(未経験者)扱いになる

分かってはいたが、再認識したことがある。

それは、業界と職種を同時に変える転職は第二新卒(未経験者)扱いになる ということ。

 

つまり、給与が抜群に上がるわけでもなく、むしろ現状維持ができればいい方だという話を面接官の方から伺った。

 

 

今の会社に転職してから、漠然と今まで働いてきたように思う。

漠然と、というよりは、頭の中に抱えている不安を直視することなく、希望的観測で働いてきた。頑張って働けば、自分のキャリアにとってきっとプラスになるだろうし、会社も成長していくだろう、と。

 

だが実際、自分が会社に入ってから業績が良くなったと自信を持って言えるかと言われれば、凄く微妙である。かろうじて首の皮が一枚繋がった状態で、毎年やりくりしているような感覚…というのが正しい。延命措置を繰り返し、死期を伸ばしている老人のようにすら思える。

 

 

というわけで、今後のキャリアのためにコンサルを挟もうと思い、業界と職種を同時に変えようと思ったのだが、かなり見立てが甘く、社会人5年目で第二新卒()という現状にちょっと、いや、結構参ってしまった。

 

 

いつまで俺はポテンシャルで採用されるんだろう?

 

と思わずにはいられなかった。

 

 

 

 

 

 

転職で職種を変える場合は、早ければ早いほどやり直しが利く

もし自分が社会人1年目や2年目の自分に転職について話すなら、「好きじゃない職種に就くことになったら、今すぐ辞めろ」である。

 

というのも、新卒で転職した場合と、社会人5年目で転職した場合、給与が大幅にダウンするのはどちらかを考えてみてほしい。明らかに後者であることは誰しもが納得がいくだろう。なぜなら新卒は給与はほとんど横並びだから、である。

 

なので、スタート地点の給与が低ければ低いほど、転職先での再出発もしやすいんだなあ…ということに気が付いた。

 

なので、「石の上にも三年」だのなんだの言われるが、大企業であれば「自分のやりたくない職種」に就いてしまうリスクもあるので、そういうケースに直面したら、即座に転職した方がいいということである。

 

私の場合は代理店営業→商品企画という風に転職の時に業界だけでなく職種も変えてしまっているので、今後キャリアを築くという点に重きを置く場合、商品企画としてキャリアを築くしかないのである。

 

そのため、業界を移して商品企画に従事することは可能だが、商品企画からマーケティングの職種に転向したり、営業に転向したりというキャリアの形成は専門性が磨かれないので、価値は低いのだと思う。

 

 

 

 

大企業でありがちな、ジョブローテーションという罠

転職本を読んだり、キャリアコンサルタント的な人と面談をすれば分かるが、ジョブローテーションで色んな職種を転々とするのは、転職市場においては死を意味する。

 

どうやら転職市場で評価をされるのは専門性であって、色々なキャリアを積んでいることではない。そのため、大企業で出世コースに乗った人がハマってしまう罠として、ジョブローテーションがある。

 

ジョブローテーションとは、その名の通り、数年単位で職種を変えて年次が上がっていくことを指す。例えば、これまでずっと営業をやっていた人が、プログラミングを専門とする部署に異動になったとする。その場合、プログラマー未経験なのに、前年より高い給与がもらえたりする、ジョブローテーションでは。

 

一見、色々な部署で様々な経験が積めるのは良いことのように思えるが、実態は異なる。

 

なぜなら、未経験にもかかわらず、「年次」で給与が上がっていくので、嫌なことがあって会社をやめようとして転職活動を始めた際に、必ず「給与面」で引っかかる。

 

例えば「営業がほしい」会社があったとする。Aさんは営業を5年、Bさんは営業を3年、管理系の業務を3年やっていたとすると、Aさんの方が営業歴は長いのに、Bさんの方が年次が上なので、給与が高いという現象が発生してしまう。

 

この際に、AさんとBさんどちらを企業が採用したいか?を考えてみよう。

 

よっぽどベンチャーのように、営業も管理系も人が足りていないという企業以外は、営業歴が長く、年次が浅いAさんを採用するだろう。なぜなら営業で5年働いているのに、Bさんより給与が低い。よって、採用後もコストがかからないからである。

 

 

 

 

 

「給与の高さは期待値の高さ、入社時の給与は低い方がいい」

先日コンサルの面接を受けてきた時に、面接官に「給与の高さは期待値の高さ、入社時の給与は低い方がいい」と言われた。期待値を下回る結果となれば減給orクビだから、ということを言われた。

 

「確かに」という相槌しか出てこなかった。

 

コンサルに転職できたとしても、すげえ大変そうだなとか、俺はやっていけるのだろうか、と、受かってもいないのに、コンサルに対して抵抗が芽生えてしまった。。。

 

 

とはいえ、次は最終面接なのでとりあえず受かってこようと思います。

その前のSPIで切られたらすいませんw