いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

会社を辞めていく人、会社から辞めさせられる人

f:id:Re_hirose:20190518141740p:plain

先日、「お世話になった女性の先輩が退職する」というエントリを書いた。

 

www.no-more-inaka.com

 

「俺も転職しようとしてるんだけど」という心の声を押し殺し、「転職先での活躍も楽しみにしています!!」と明るく見送った。

 

思えば、10数人の部署なのに、自分が入社して2年経たない間に3人もの人がやめている。※3人のなかには上記女性の先輩も含む。

 

しかし、辞めていく人もいれば、辞めさせられる人もいるのだなあと痛感した。

 

 

 

 

辞めさせられる人①:仕事できないやる気ない、うつ病持ちの人

自分が今の会社に入社して、初めて辞めさせられる人に出会った。

彼は仕事もできないし、やる気もないし、その上病気持ちで、在職中も理解に苦しむ言動が多かった。

 

例えば、取引先との打ち合わせが15時なのに、14時にロビーに来て「することがないから早く来ちゃった^^」と真顔で言うような人である。

また、上司に「報告もなしに勝手に会社の金を使うな」と怒られた所、「やめます!」と逆切れするくらいのうつ病の人でもあった。

 

上から「辞めろ」という具体的な指示があったわけではないが、上司とのトラブルを頻繁に起こすし、仕事ができなさすぎてバイヤーな人だったので、自分から辞めていくことになった。

 

確かに、4月末が期限の仕事を平気で1ヵ月、2ヵ月遅らせられるような人で、進捗を確認しても「やってる」の一点張りで、蓋を開けてみると何も進んでいないみたいな感じのポンコツ具合があった。

 

こんな人は辞めさせられて当然だし、辞めていってくれて「有難い」と思った。

 

 

実際、同僚からの評価も低く、どこに行っても敬遠されるような人で、身から出た錆びとは言え少し可哀想なレベルの嫌われ度だった。

それも無理はないんだけど、他人の「彼氏・彼女」、「結婚・離婚」の話を大勢の前でするような人で、女性からの特に嫌われていた。

社内で離婚した女性の人がいたんだけど、知らない人の前で「名前戻ったってことは離婚したってこと?」と、飲みの席とはいえ言ってはいけないことを平気で言ってしまう人だったので、辞めさせられて良かったという声が多かった。

 

自分自身もこの人とはしょっちゅう仕事でもめていたので、いなくなってくれてよかったと思っている。

だってさー40過ぎたオッサンに、「メール見てください」とか「進捗報告してください」とかいうのメンドクサイじゃん・・・

 

このオッサンについての詳細は下記記事にあるので、気になる人は見てみてほしい。

 

www.no-more-inaka.com

 

 

 

辞めさせられる人②上司とコミュニケーションをとれない&自分の権利ばかり主張する人

この人は30代前半ぐらいだったはずなんだが、上司とコミュニケーションをとるのが下手で、かつ自分の権利ばかり主張していたら辞めさせられてしまった。

 

辞めさせられた、という言葉の意味は、文字通り「辞めてくれ」と会社から人事を経由して連絡があったことを意味する。

 

自分が把握している限りの辞めされるまでの経緯だが、「育休はサラリーマンの権利だ!」といって、上司とろくにコミュニケーションをとらないまま、ほぼ勝手に会社を休んでしまった。

 

そのため、育休から復帰するころには会社に居場所がなく、復帰して一ヶ月ほどで

「退職」を勧告されたそう。

 

周囲の人たちからは、「次の職場が決まるまで、辞めない方がいいんじゃないの?」というアドバイスももらっていたり、「まだ働く気があるなら、人事権のある人間にかけあうけれど」と上長から助け船が出ていたりしたのだが、全部を拒否してさっそうと辞めていってしまった。

 

こういうネガティブな辞め方というのは、辞めていく人にとっても、辞めずに働いている人にとっても良くない。

 

その時のエントリーがこれ。

 

www.no-more-inaka.com

 

転職先が決まる前に会社を辞めるのは、キャリアに瑕がつくので良くないと、最近読んだ転職本に書いてありました。

 

いきなり辞めるのは場当たり的に辞めているとしか思われませんし、辞めるまでのネガティブな何かがあったという風にしか受け止められないと思うんですよね。 

 

なのでぼくも次の転職先が決まるまでは絶対に会社を辞めないと思います。

家賃だって自分で払ってるわけですから、辞めてお金が入ってこなくなったら大変ですし。

 

 

 

会社を辞めていく人

会社を辞められるのは、辞めてもやっていける人だけなんだなあ、と思った。

 

直近で会社を辞めていった女性の先輩は、仕事もきっちりこなすし、社内での評価も高かった筈だし、バイリンガルなので語学力ももちろんあった。

 

なので、会社に良い意味でフィットしてる人だなと思っていたので、辞めないだろうと思ってはいた。

 

とはいえ、辞めていって、全く別の業界で新しいチャレンジをするという話を聞いて、他人のことながらちょっとワクワクした。

 

今、会社にいる人たちの多くは、「この会社を辞めたらやっていけない人たち」だと思う。というのも、特に実績を上げられるわけでもなく、なんとなく働いている人が多いからである。

 

ここら辺の感覚がよく分からなくて、何となくサラリーマンをやってる、ルーティンワークをただこなすだけになっちゃってる人たちというのは、転職しようとしないし、できないと思う。

 

ではなくて、社内からも評価されていた人が別業種、別職種で転職していくというのは、美談であり、明るい話だと思った。

 

 

 

さあ、俺も転職転職!!