いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

残業が30時間を超えたらブログを20記事しか更新できなかったという話

f:id:Re_hirose:20190301230342p:plain

早いもので2019年も2ヵ月が終わり、3月に入りましたね。

 

2月は脅迫的観念に押しつぶされることなく、気の向くままにブログを更新していたのですが、30記事を書くことができませんでした。

 

f:id:Re_hirose:20190301221827p:plain

 

ちょっとだけ言い訳をさせてもらうと、2月って28日しかないじゃないですか。

 

なので、他の月と比べると3日少ないんですよね。

しかも、4週しかないし。

 

 

でもそれよりなにより、2月は残業をしすぎてしまいましたね。

2月は繁忙期なのですが、月30時間も残業をしてしまいました。

 

その他の月が大体20時間以下なので、自由に使える時間が10時間ほど少なかったのだと思います。

 

 

www.no-more-inaka.com

 

 

 

 

 

基本的に、定時を過ぎたら即帰っていますし、定時から逆算して仕事をしています。

 

最近も18時くらいに「緊急で~」と言われて打ち合わせが始まりそうだったのですが、「すんません、予定があります!」※本当に予定があった 

 

 

と言って18時に帰りました。

 

 

人間、本当に予定が入っていると、ガチで帰らないといけない感が演出できるのでオススメです。

 

 

仮に2月の残業時間が20時間だったら、10時間空くわけですから、1時間で1記事書くこともできただろうなぁ…と思うわけです。

 

 

そう考えると残業ってやっぱり悪だと思いますし、可能な限り撲滅していきたいですよね。

 

 

特に、「周りの人が帰らないから自分も帰りにくい」みたいな、年下あるあるを職場で発揮しているようでは全然ダメだなと。

 

気持ちは分からないでもないですけど、帰りましょう。

 

というか、みんながみんな、そんな集中して1分1秒仕事してるわけじゃないですからね。

 

 

自分の横で仕事をしている人のパソコンを見てみてください。

 

 

Amazonでネットショッピングとかしてたりしないですか?

 

ぼくは前職で休憩時間でネットショッピングでシャンデリアを探していたら、2歳上の先輩にボコボコに怒られました。

 

休憩時間に何しようが、良くないですか?

 

「俺が一生懸命頑張って仕事してるのに、ネットショッピングをするな!」と言われたんですが、休憩時間は個々人に振り分けられる時間で、お前が忙しいのと俺が忙しくないのには何も関係がねーよ、ボケが。と思ったものです。

 

ちなみにこの先輩は何かと因縁をつけてくる人で、歯のホワイトニングをしたら、「俺が忙しいのに以下略」、ヒゲ脱毛を始めたら、「俺が忙しいのに以下略」という人だったので、きっとそういう人だったのだと思います。

 

 

話を戻して、残業についてです。

 

今回社内で毎朝7時に出社して仕事をしているのに、仕事がなかなか終わらず休日出勤してしまうオッサン(60歳くらい)の仕事を見ていて思うことがあったので、この記事を見ているあなたにもシェアしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

メールを受け取ってすぐ行動しない

その人の横で仕事を観察する機会があったので、仕事の仕方を拝見しました。

 

すると、メールを受け取ってもすぐ行動しないことが分かりました。

 

例えば、弊社は外資系の企業なのでよくあることなんですが、本社に聞かないと絶対に分からないことが沢山あるんですよね。

 

もっと具体的に言うと、取引先から、弊社から出している商品について問い合わせがあったとするじゃないですか。

 

いつ発売になるのか?とか、価格はいくらなのか?とか、どんな機能が入ってるのか?とか。

 

それって本社に聞かないと分からないので、本社にメールしないといけないんです。

 

 

でもそういう、「仕事が終わらない!仕事が終わらない!!」っていう人って、いったんメールを貯めてしまうんですよね。

 

 

ぼくからするとどうしてそういう行動を採るのかよく分からないのですが、

一度メールを受信して、のんきにフォルダ分けをして、メールをもらったことを忘れているようでした。

 

 

いや…メール受け取ったらすぐ問い合わせしたらいいじゃん、と。

 

フォルダ分けを行っている間に、解決できるじゃん、と。

 

 

ぼくは基本的にメールを受けとったら、すぐに対応するようにしています。

 

だって、メール読んで放置しとくともう一回読んで対応しないといけなくなって、メール読むだけでも二度手間じゃないですか。

 

なので、誰かに聞かないと分からない内容は、すぐに問い合わせをします。

 

また、対応に時間がかかりそうであれば、いったんメールは受け取った旨の連絡はします。

 

そうやったらすぐ終わらんかね?

というのを、30歳以上年が離れている人の仕事を見ている時に感じました。

 

 

 

 

 

ショートカットが使いこなせてない

メール検索におけるショートカットが全く使いこなせていないことに気が付きました。

 

例えば、Aさんからきたメールを探すときに、Gmailであれば、

 

from:late_hirose@gmail.com

 

と、Aさんのメールアドレスを入力すれば、一発で出てくるのです。

 

でもこの人は、

 

late_hirose@gmail.com

 

と入力して、late_hirose@gmail.comあてに来ているメール全てをチェックしていました。

 

どっちの方が、すぐに見つけたいメールが見つかるかは一目瞭然ですよね。。。

 

Gmailであれば、次のようなショートカットが存在します。

 

説明 検索演算子と例
送信者を指定します

from:

例: from:花子

受信者を指定します

to:

例: to:太郎

件名に含まれる単語を指定します

subject:

例: subject:夕食

複数の条件に一致するメールを検索します

OR または { }

例: from:花子 OR from:太郎

例: {from:花子 from:太郎}

検索結果から除外するキーワードを指定します

-

例: 夕食 -映画

2 つのキーワードが近くにあるメールを検索します。2 つの単語間に許容可能な単語数を指定します

引用符を追加すると、入力した単語の順序も一致するメールを検索します

AROUND

例: dinner AROUND 5 friday

例: "secret AROUND 25 birthday"

指定したラベルのメールを検索します

label:

例: label:友人

添付ファイルのあるメールを検索します

has:attachment

例: has:attachment

Google ドライブへのリンク、Google ドライブに保存された Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドへのリンク、または Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドの添付ファイルが含まれるメールを検索します

has:drive

has:document

has:spreadsheet

has:presentation

例: has:drive

YouTube 動画が含まれるメールを検索します

has:youtube

例: has:youtube

メーリング リストのメールを検索します

list:

例: list:info@example.com

指定した名前やファイル形式の添付ファイルがあるメールを検索します

filename:

例: filename:pdf

例: filename:宿題.txt

指定したキーワードまたはフレーズに完全一致するメールを検索します

" "

例: "今夜夕食と映画"

複数のキーワードをグループ化します

( )

例: subject:(夕食 映画)

すべてのメール(迷惑メールやゴミ箱にあるメールを含む)を検索します

in:anywhere

例: in:anywhere 映画

重要マークが付いたメールを検索します

is:important

label:important

例: is:important

 

スター付き、スヌーズ中、未読、既読のメールを検索します

is:starred

is:snoozed

is:unread

is:read

例: is:read is:starred

指定した色のアイコンが付いたメールを検索します

has:yellow-star

has:blue-info

例: has:purple-star

[Cc] か [Bcc] 欄の受信者を指定します

cc:

bcc:

例: cc:太郎

注: Bcc で自分宛てに送信されたメールを検索することはできません。

指定した期間に送信されたメールを検索します

after:

before:

older:

newer:

例: after:2004/04/16

例: before:2004/04/18

日(d)、月(m)、年(y)で期間を指定して、それより古いメールか新しいメールを検索します

older_than:

newer_than:

例: newer_than:2d

チャット メッセージを検索します

is:chat

例: is:chat 映画

指定したメールアドレスに配信されたメールを検索します

deliveredto:

例: deliveredto:username@gmail.com

指定したカテゴリのメールを検索します

category:

例: category:updates

指定したサイズより大きいメールを検索します(バイト単位)

size:

例: size:1000000

指定したサイズより大きいまたは小さいメールを検索します(バイト単位)

larger:

smaller:

例: larger:10M

検索キーワードと完全に一致するメールを検索します

+

例: +ユニコーン

指定した Message-ID ヘッダーのメールを検索します

rfc822msgid:

例: rfc822msgid:200503292@example.com

ラベルが付いているメールまたは付いていないメールを検索します

has:userlabels

has:nouserlabels

例: has:nouserlabels

注: ラベルは、スレッドにではなく各メールに対して追加されます

 

 

 


Gmail で使用できる検索演算子 - Gmail ヘルプ

 

fromとtoで送信者と受信者を指定すると、探したいメールがすぐに出てくるので覚えておいて損はないです。

 

ちなみに、Outlookの場合は下記を参考にどうぞ。

Outlook で検索条件を絞り込んでより良い検索結果を得る - Outlook

 

 

こういったショートカットを利用すれば、仕事の効率は上がるので、今まで10分かかっていた作業も半分以下の時間でできるんじゃないかなぁ…

 

というのを、横で20分くらい座りながら考えていました。

 

 

流石に、ショートカットについては教えたんですが、めちゃくちゃ喜んでもらえたので良かったと思っています。笑

 

 

3月こそは30記事書きたい

3月は恐らく繁忙期でないので、30記事は達成したいと思っています。

また、頑張って40記事を目標に達成出来たらな、とも。

 

 

ブログを書くにあたっては、記事数という自分でなんとかできる数字は目標に掲げることはあっても、収益であったり、PV数は目標にはしないですね。

 

 

なんとなく、いくら収益が上がったらいいな~といか、十万PVいったらいいな~とは思いますが、そこら辺はコントロールが難しいので目標にはしないようにしています。

 

 

お金を稼ぐために、書きたくない記事を沢山書くのもイヤですし、PV数だけのためにブログを更新しまくるのも個人的に違うと思っちゃうんですよね。

 

 

ブログでもツイッターでもなんでもそうですが、読んでくれる人の時間を頂いているという認識はもたないといけないなと思っていて。

 

 

なので、今回の記事も残業が多い人に見てもらって、実際に残業時間が減ったらいいなと思ってます。

 

技術的な側面からの残業に対する指摘が主でしたが、残業時間を減らすために一番必要なことは、早く帰る勇気だと思います。

 

 

精神論的な話で申し訳ないのですが、他の人が残業をしていると、早く帰るのが億劫になっちゃいますよね。

 

帰りにくい空気はあると思います。

 

 

でもぼくは、自分が早く帰ることで、他の人が早く帰るきっかけになればいいなと思っています。

 

「年次の浅い〇〇が早く帰ってるんだから、俺はもっと早く帰れなければおかしい」くらいに思ってもらって、社員のみなさんのプライベートな時間が増えるといいなとね。

 

 

本当は早く帰って、ブログを書くなり筋トレするなりしたいだけなんですけどね。笑

 

no more 残業!