いつまで田舎にいるの?

東京での生活について発信していくブログです。主に恋愛、ナンパ、転職活動、デートなどについて書いています。

いつまで田舎にいるの?

No more 田舎、楽しい東京生をつづるブログ/h5>

【口コミ】人力引越社を使って引っ越しをした

人力引越社

2019年の7月末頃、人力引越社という引っ越し会社を使って引っ越しをした。

 

3ドアの冷蔵庫、50インチのテレビ、親が買ってくれた勉強机など、とてもじゃないが車を一台手配してなんとかなるレベルの家財ではないので、引っ越し会社を使って引っ越しをした。

 

過去にはアート引越センター、ハート引越センター、それから、ファミリー引越センターなど、色々な引っ越し業者を使って何度も引っ越しをしてきたが、人力引越社は今まで利用した引っ越し業者のなかで一番対応が悪かった。

 

というか、ネットを検索しても悪い口コミばかりだったので、人柱になる覚悟を決めたのだった。

 

 

 

 

 

 

人力引越社の悪い点

 

①なぜだか担当者が2人から電話がかかってくる

全く訳が分からなかった。

 

Aさんという担当から電話がきて、一通り家財の確認や、引越し日時、注意事項など説明を受けた後に、今度はBさんという別の担当から電話がかかってきた。

 

「さっき別の人からかかってきましたけど」と言うと、「そうなんですか?一度確認します。」と言って、電話を切られたものの、特に謝罪等なし。

 

「ここの会社に引越しを依頼して、大丈夫かなあ…」という気持ちで胸がいっぱいになった。

 

今まで5回以上引っ越しをしているが、ここまで対応が雑な会社は初めてだったので、本当に嫌な予感しかしなかった。

 

 

②荷物の数が合わず、トラブルに

人力引越社に引越しの見積もりをする前に、引越侍というサイトで引越料金の比較を行った。

 

www.no-more-inaka.com

 

その際に、家財は何が何個で~という内容を記載したので、荷物の数が合わないということはない。

 

にもかかわらず、引っ越し当日に「テーブルが見積もりに入ってない」と言われる。

 

人力引越社以外にも見積もりを依頼していたので、人力引越社だけテーブルが見積もりに入っていないのであれば、人力引越社側の過失だと思うんだが…

 

とはいえ、運びに来てくれる人に罪はないので、追加でお金を払ってでも運ぶことはできないか?を確認してもらうと、タダで運んでもらえることになった。

(トラックに空きがあったら、お金かからんわな…)

 

 

③運搬スタッフが低品質なバイト君

安い価格で引越しをすることが目的だったので、人力引越社という選択はやむなしと考えていたのですが、低品質なバイト君2名という感じだったので、もう利用したくない。

 

  • 名乗らない
  • 家財は足蹴にする
  • ベッドの組み立てはきちんと行えない
  • 冷蔵庫も足部分外しっぱなし
  • 空いた時間で引越トラックの中で喫煙してる

 

など、全くいい点がなかった。

 

費用を落とすと人的な質も落ち、微妙な感じで引越しが終わるのであれば、普通に名前を知ってるアート引越センターとかで引越しをした方が良かったなと感じた。

 

実際、アート引越センターと人力引越社で、引っ越し費用は洗濯機の設置費用(6,480円)しか変わらなかったので、ケチらなければよかったな、と。

 

ただし、引越しの相見積もりをとってみると、30,000~120,000くらいの幅でブレるので、何が適切な金額か分からない。

また、時間指定などするとプラス3,000円くらいかかったりもするが、スケジュールがたてやすくなるので、時間指定をすることをオススメする。

 

 

まあ、何よりも人力引越社を使わないことが、引越しにおける一番のオススメですわな。