いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

地方転勤で田舎に転勤になり、耐えられなくなったときすべきたった1つのこと

f:id:Re_hirose:20180812011256j:plain

やぁ。

君も地方転勤経験者かい?

 

ぼくもだ。

 

ぼくも、地方転勤を1年1ヶ月の間に2回経験した。

 

まず1度目は人口100万人の県庁所在地に転勤になったんだ。

ここまではまぁなんとか許せる範囲だった。

 

ところが、次に転勤になったのが人口30万人程度の都市だった。

100万が30万と聞くと、「なんだ、30万もいるのか」と思うかもしれない。

 

ところがどっこい、ぜんぜんいないのだ。

 

駅前の商店街は、昼間はシャッターが降りている。

街からは活気がなく、いるのはジジババだけ。

 

そして、唯一の楽しみである飯もマズい。

 

どうしろって言うんだろうね。

 

ぼくは多分、誰よりも君の気持ちが分かっていると思う。

 

辛いよな、会社の人以外の知り合いがいない土地に転勤になるのは。

 

辛いよな、恋人や家族と離れ離れになって、帰るときは自費なのは。

 

辛いよな、働きたくない、生活したくもない土地で生きていくのは。

 

 

そして、ぼくは自分の未来が心配になって、転職することにしたんだ。

人口30万人の都市。

 

あるのはイオンと土地だけ。

 

そこで、何年過ごすかも分からず、仕事だけに人生を費やす覚悟が、君にはあるだろうか?

会社のために、好きでもない土地で会社と心中する覚悟は君にはあるだろうか?

 

自問自答をしたとき、ぼくには無理だと思った。

 

 

 

 

自分の人生だから、自分のために生きたい。

自分の人生だから、自分に素直に生きたい。

自分の人生だから、好きな土地で働きたい。

自分の人生だから、自分で選んで当たり前。

 

 

と、いうことで、本題に入るよ。

 

地方転勤で田舎に転勤になり、耐えられなくなったときすべきたった1つのこと とは、

 

転職サイトに登録して、転職活動を始めること だ。

 

色々やったけど、東京に戻れないということが分かった。

  • 人事に直接東京に戻れないか打診
  • 課長に東京に戻れないか打診
  • 部長にも東京に戻れないか打診
  • 労働組合に転勤がおかしいと相談
  • 会社の意見箱にも転勤がおかしいと投稿

 

できることは全てやったが、結論何も変わらなかった。

だから、ぼくは転職することにしたんだ。

 

 

 

①まずはエージェントから登録しよう

転職を始めるにあたって、オススメはエージェントから登録するというもの。

なぜなら、エージェントは自分で求人を探すのではなく、自分の代わりに求人を探してくれるからである。

これは忙しい人にはピッタリの転職サービスで、どんなに時間がなくても登録だけはできるよね?

 

なので、マイナビエージェント から登録しました。

登録はこちら↓から。

 

②自分でも企業を探しつつ、エージェントにも探してもらう

エージェントに企業を探してもらうことの弊害として、自分が納得できる求人が見つからないという問題がある。

そりゃそうだ。だってエージェントはエージェントが売りさばきたい求人と、求職者をマッチングさせるビジネスモデルだから、「売り」の姿勢は崩さない。

だからこそ、自分でも余裕ができたら企業を探す必要がある。

 

そこで利用をオススメしたいのが、DODAだ。

 

DODAは登録するとエージェントとすぐに面談ができるだけでなく、

自分で企業を探すことができる。

 

ぼくはこれでN村総研とか、Aビールとか、Kノンとかを見つけて面接を入れてました。

 

 

エージェントをつけると嬉しいこと

エージェントをつけると嬉しいこと、それは、

 

「自分でも働ける企業はこんなにたくさんあるんだ!」

 

と非常に前向きな気持ちになれます。

 

転職への一歩を踏み出すときは、

 

「こんな自分でも雇ってくれる企業はあるのかな?」

「上司にも『お前は他の会社では通用しない』といわれたし…。」

とネガティブな気持ちでいっぱいになると思います。

 

でも、あんしんしてください。

それは転職をしたことがないからで、転職をする人であれば必ず通る道です。

 

そこの第一歩をかんたんにクリアしてくれるのがエージェントなので、

是非登録をすることをオススメします。

 

なんの愛着もない田舎で、貴重な20代の若い時間を消費するのはイヤですよね。

ぼくもそう思って転職しました。

 

なので、嫌なことは嫌だと認めて、次への第一歩を踏み出しましょう。

転職は活動してみなければわかりません。

 

まずは、転職サイトに登録をして、転職するための一歩を踏み出しましょう!!

 

マイナビエージェント

DODA