いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系起業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

『銀魂2 掟は破るためにこそある』を観たけど笑ったり泣いたり忙しい映画だった。

f:id:Re_hirose:20180902015217j:plain

 

 

先日、銀魂の実写映画を観てきた。

 

銀魂の実写映画を観るのは昨年ぶりで、昨年の映画のストーリーと登場人物に思いを馳せながら、映画を観てきた。

 

公式サイトに映画のストーリーがあり、

原作の記憶を呼び起こすためにも事前に確認したのだが、

情報量の少なさにビックリした。

 

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』オフィシャルサイト

 

ちなみに去年の銀魂の映画で一番ビックリしたのは、

神楽ちゃん=(橋本環奈さん)が鼻をほじってたこと。

 

いや、橋本環奈さんといえば、1000年に1人の美女とネット上で話題になっているのは皆さんご存知かと思います。

 

f:id:Re_hirose:20180902005353j:plain

 

f:id:Re_hirose:20180902005401j:plain

 

踊ってる姿も可愛いので、コスプレをしても当然可愛いですよね。

 

そんな橋本環奈さんが、、、

 

f:id:Re_hirose:20180902005435j:plain

 

ストーリーが一瞬にして頭のなかから消えてゆきました。

 

 

 

ネタバレを含む、銀魂2の感想について

ここから先はネタバレを含む感想なので、

観たいけど観ていない人は見ないようにしてください。

 

ストーリーは2部構成

2部構成といいつつ、それぞれが全くの独立をしているわけではなく、

若干時間軸が被りつつ話が進むので少しややこしいです。

 

逆に言うと飽きないというか、感情の起伏が激しくなる映画でしたね。

 

下記の①と②を上手にまとめて、1本の作品に仕上げています。

①将軍編

将軍編では、

 

将軍を万事屋がキャバクラで接待する回(15巻 128訓・運に身分は関係ない に収録)

銀魂-ぎんたま- 15 (ジャンプ・コミックス)

銀魂-ぎんたま- 15 (ジャンプ・コミックス)

 

 

将軍の髪をを万事屋が床屋で着る回 (27巻 232訓・髪切りながら交わされる美容師との会話は世界で一番どうでもいい  に収録)

銀魂 モノクロ版 27 (ジャンプコミックスDIGITAL)

銀魂 モノクロ版 27 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

が、映画向けに時系列をそろえて、2話に分けられていたものが、1つになっています。

 

キャバクラで王様ゲームをやれば将軍がパンイチになり、そのパンツをキャバ嬢に被せたり、更には自分でパンツを買いに行く羽目になっていたりとマジで意味が分からんですが、実写にするとよりリアルな面白さとして伝わってきます。

 

 

後者の美容師の話は、将軍のマゲを誤ってカットしてしまい、マゲの代わりに犬のフンを頭の上に乗せるという奇天烈具合を実写で見られるのがまた非常に面白かったです。

 

 

②近藤勲暗殺編

19巻に収録されている、158訓から20巻に収録されている168訓までが、

近藤勲暗殺編(分かりやすいのでこの名称で呼称しています)の元ネタです。

 

銀魂-ぎんたま- 19 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 19 (ジャンプコミックス)

 

 

銀魂-ぎんたま- 20 (ジャンプコミックス)

銀魂-ぎんたま- 20 (ジャンプコミックス)

 

ざっくり話すと真選組の局長(一番偉い人)である近藤勲が部下から暗殺を企てられ、それを万事屋メンバーと真選組のメンバーで阻止するというエピソードです。

 

これが感動的なエピソードなので、ぜひ映画は観なくても漫画は、漫画は観なくても映画は、

 

みてほしいです。

 

ネタバレ↓

真選組動乱篇とは (シンセングミドウランヘンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

 

原作と比べて変わったところ

  1. 将軍(徳川茂茂)の命が狙われる
  2. 別日の将軍エピソードが同じタイミングで扱われる
  3. 伊藤鴨太郎が土方十四郎にヘタレオタクになるICチップを埋め込む

 

ぐらいですかね?

 

確かに原作と比べて変わってはいますが、改悪ではなく改良と感じました。

理由としては、ストーリーに一貫性がでて見やすかったからです。

原作をちゃんとみて、ちゃんと編集したんだなという銀魂愛がしっかり伝わってきました。

 

 

このめちゃくちゃ面白い将軍編と、涙なしには語れない近藤勲暗殺編が行ったり来たりしながらストーリーが進んでいくので、泣いたり笑ったり忙しい映画なんですよね。 

 

 

 

掟破りすぎワロタ

 

  • ブラックジャックとピノコが出てくる
  • トトロの猫バスが出てくる
  • むしろとなりのトトロと発言※作中はピーでカット
  • エヴァンゲリオン(超低クオリティ)
  • うんこ
  • 菅田将暉イジリ

 

観ていてすさまじかったです。

これが実写の銀魂か…と改めてクオリティの高さに開いた口が塞がりませんでした。

もちろん、いい意味でです。

 

キャストが豪華なので期待値がめちゃくちゃ上がっていた映画だったのですが、

その期待値を余裕で上回る映画でしたね。

 

 

銀魂を知らないカップルでも安心して楽しめる

一緒にいった子は銀魂を知らないと言っていたのですが、

それでも笑いながら、泣きながら、楽しんでくれていたみたいです。

 

原作に興味がなくても、小栗旬さんや菅田将暉さん、橋本環奈さんらが出ていたらそれだけで観てみる気になりますよね。

少なくともマイナスには絶対働かないと思いました。

 

また、原作が抜群に面白いので、実写になった時のコレジャナイ感も吹き飛ばすレベルの面白さです。

 

ただし、恋愛モノではないので恋愛モノを観たあとの独特な雰囲気にはなりません。笑

 

ただ、滅茶苦茶面白かったのでぜひ観てみてください!