いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

渋谷で作業に向いてる空いてるカフェ”FabCafe Tokyo”

f:id:Re_hirose:20180629234342j:plain

まーた渋谷か。

渋谷のカフェの話は聞き飽きたよ、と。

 

このブログを読んでくれている人は思うかもしれない。

 

だけど、許してほしい。

ぼくは渋谷に並々ならぬ思い入れがある。

 

初めてストリートナンパをし、

初めて即(=初めて知り合った女の子とその日のうちにホテルにいって性行為にふけること)をした街こそが、

 

渋谷なのだ。

 

※朝5時までナンパして、6時にラブホテル。7時に出て出社という経験もあります。

 

そんな渋谷だからこそ、開拓していきたい。

 

今回紹介するのは、Fabcafe Tokyo。

fabcafe.com

 

道玄坂の上という、かなりいやらしい場所に位置するカフェである。

 

この日もカフェで勉強とブログを書くという名目で、電源があるカフェを探した。

 

お店に入ると、「ハイカウンターでもよろしいですか?」といわれたので、

 

「はい」といったらめっちゃ座りにくい席に誘導された。

 

イスもめっちゃガコガコする、背もたれないからちょっときついし…

 

席変えてもらえばよかったなぁ…。

 

ただ、渋谷駅から徒歩10分以上かかる距離だけあって、

結構空いてました。

 

 

ただし、14時くらいに行ったらマカロンが売り切れてるという。。。

女の子はマカロンが好きなのに、マカロンがないんですよ。

とりあえず女の子にはマカロン頼んで写真撮らせて、

「インスタ映え!!すごい!!!」とかいっときゃいいんですよ。

 

と思ったんですが、売り切れてました。

 

あと、写真見返して思ったんですが、めっちゃテーブル狭いWWW

 

お互いに場所を譲り合いながら、パソコンいじったり本読んだりしてましたね。

FabCafeェ・・・

 

まあ、休日の渋谷のカフェって混んでてうざったいイメージしかないと思うんですが、

FabCafeは空いていて良かったです。

 

ただ、運悪く近くに結婚式の二次会帰りの集団がいて、終始うるさかったかな、くらいです。

 

二人してアイスとホットのコーヒーを頼みました。

 

f:id:Re_hirose:20180629234411j:plain

ここのコーヒーの特徴は、シングルオリジンといって、農場、生産者、品種や精製方法など、単位で一銘柄としたものを使用しています。

 

公式HPに載っている文章が分かりにくいので意訳すると、○○さんがつくった有機野菜みたいなイメージです。

○○さんが、どこどこの畑でつくって有機野菜。

 

普通、コーヒーってマメはコロンビア産とかブラジル産とか、国という広い単位で産地がくくられています。

しかし、シングルオリジンは、農場や生産者の単位で栽培されたモノなので、クオリティが保証されているんですよね。

 

味の違いはよく分かりませんでしたけど…。

というかシングルオリジンもブログのために調べたんですけどね…。

 

土日にイベントをやっていたり、なんか自分で作れるみたいなんで、興味あったら行ってみてください。

Macでドヤってるひとが多いので、デート向けではないです。

 

FabCafe Tokyo | 3Dプリンタとレーザーカッターが使える渋谷のカフェ