いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

26歳1人暮らし、風邪を引く。

すいません。

 

 

今日はツイッター経由での予定もあったのですが、

あまりにも体調が優れないために当日ですがキャンセルさせて頂くことにしました。

 

ドタキャンをされることはあっても、ドタキャンをすることはない人間でいたいなってずっと幼い頃から思っていたんですよね。

それを今日ついにやってしまったか…という残念な気持ちで胸がいっぱいです。

 

普段本当にドタキャンをしない人間なので、その分ショックも大きいです。

 

 

さて、お正月の11連休をほとんど家で過ごしていたら風邪をひきました。

 

風邪を引いてしまった原因と対策を今回の記事では考えていきたいと思います。

 

 

風邪を引いた原因と対策

 

①家の中が常に寒い状態だった

暖房をつけるか悩んで、結果的につけずにいたんですよね。

 

なんでかっていうと、最近肌が乾燥気味で荒れまくってて、皮膚がポロポロと零れ落ちたりしてくるレベルまで乾燥してしまいました。

 

これは肌荒れの薬を塗っているが故の副作用なわけですが…

 

肌って人の見た目を左右する重要な要素だと思うので、これ以上悪化させたくないんですよね。

 

暖房をつけると乾燥が進行し、肌荒れが悪化するので、暖房をつけずにいたんですが…

 

見事に風邪を引きました。

 

マジで何やってんのって話ですよね。

 

 

①に対する対策

 

仕方がないので、まず部屋を乾燥させないために加湿空気清浄機を買いました。

 

配送は1/12予定です。

 

まさかその前に風邪をひくとは…

 

つづいて、Amazonで着る毛布と充電式の湯たんぽを買いました。

着る毛布を着て寒さをしのぎ、充電式の湯たんぽで足元の寒さをしのぐイメージです。

 

いや、風邪ひく前に買っとけって話ですよ。マジで何やってんだろ。

 

f:id:Re_hirose:20190106153533p:plain

 

 

f:id:Re_hirose:20190106153517p:plain

 

 

 

 

 ②栄養のある食事をしていなかった

家から出る用事のない日は、特段家から出ません。

何言ってんだと思うかもしれませんが、スーパーやドンキに行くのは何か用事があるついでなんですよね。

 

なので、家から出ないで引きこもって本を読んだり、ブログを書いたりしていました。

 

その傍らで、生きていくためには飯を食わないといけません。

 

プロテイン、レトルトカレー、餅、チョコパイ、コアラのマーチ、カップ麺、パスタ…

 

などなど、マジで栄養のある食事をしていなかったんだと思いますね。

流石に反省しました。

 

普段、冷蔵庫に何かを買っておいてても、腐らせてしまうことが多いんですよね。

なので、買い物は必要な分を必要な時にしていたのですが、それも反省。

 

こうやって、長期で休みの時は買いだめして家で完結できるようにしておかなければいけないなということを強く実感しました。

 

今回、冬でクソ寒いということもあってか、家から出るということが一番ハードルが高かったんですよね。

 

家から出るのが面倒くさい→家にあるモノですまそう→レトルトカレー、パスタ、…などなど。

 

面倒くさいのは面倒くさいのですが、風邪をひいて体調が悪くなるともっと全体的に面倒くさくなるので、買いだめしていこうと思いました。

 

 

②の対策

いろいろとWebサイトを見て回ったのですが、ビタミンAだのビタミンCだのたんぱく質だのが大事と書いてありました。

 

よく分かりませんね。

とりあえず、野菜と肉をストックしておけばよいでしょう。

 

そもそもたんぱく質はプロテインでとってるし、ビタミンCは医薬品のものもサプリメントのものもあるので、心配なさそうです。

 

となると、純粋に栄養素というか、色々食べてるから大丈夫だぜというメンタルを鍛え上げるために、白菜とかキャベツとかそこら辺はそろえておこうかなと思いました。

 

はーまじめんどくせえ。