いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

都会から1時間弱でいける、『ゆ宿 藤田屋(神奈川県 湯河原温泉 )』に行ってきた

f:id:Re_hirose:20181231015914j:plain

時はクリスマス…

 

クリスマスかつ折角の休みということもあり、女の子を連れて『神奈川県 湯河原温泉のゆ宿 藤田屋』に行ってきました。

 

ぼくも女の子も出不精で遠出は嫌だと満場一致のため、都会から一時間弱でいける湯河原にしました。

本当は伊東とか行きたかったんですが、なんせ遠くて(笑)

 

新宿からロマンスカーに揺られて1時間弱、小田原で乗り換えて湯河原です。

途中小田原と湯河原が混ざってしまい、「この電車湯河原行かねえじゃん!?」と焦ってたら「湯河原じゃなくて小田原ね(笑)」と隣で女の子から指摘されました。

 

こういうの初めてで慣れてなくてすまん…。

 

 

 

ゆ宿 藤田屋 を選んだ理由

旅館を選ぶにあたって、何を基準に選ぶかを考えました。

 

男はみんなスケベな人間なので、部屋に露天風呂がついていた方がいいんじゃないかなと思ったんです。

いや、何をするとは言ってません。言ってませんよ?

 

部屋に露天風呂がついている…というのはすなわち混浴じゃないですか。

混浴ってことは…

 

というわけで、必死に女の子に露天風呂付き客室をプレゼンするわけです。

 

「折角旅行に行くんだから、普段泊まることがないような旅館に泊まりたい。折角だから。」

 

「夜景が綺麗な貸切風呂か、露天風呂付き客室だったら、どっちがいい?」

「あ、でも貸切風呂って他の人が入った後とかの可能性もあるのか…」

 

と言ったら、「え、そういう言い方だとちょっと選びにくいよね(笑)」と言ってもらえたので、めでたく露天風呂付き客室を勝ち取りました。

 

まぁ、女の子の日と被ってしまったんですけど。笑

 

逆に、「露天風呂付き客室じゃなかったらお風呂入れなかった…」

と、女の子から感謝されました。

 

禍を転じて福と為す とはよく言ったものですね。

 

下心で露天風呂付き客室を選んだのに、感謝されました。

※衛生上一緒に入ることはありませんでした…。

 

 

 

あとは上述の都会から適度な距離感。

遠すぎず近すぎず…で選びました。

 

 

写真で振り返る ゆ宿 藤田屋 

 

バス停から降りると、すぐに藤田屋の文字が。

f:id:Re_hirose:20181231015929j:image

 

今回泊まったのは、めっちゃ格式高そうなこちらです。

初めて男女二人でこんなに良い旅館に泊まるので、割りとガチビビりをかましました。
f:id:Re_hirose:20181231020010j:image

 

看板もめちゃくちゃ立派。家に持って帰って、家の前に飾りたいくらい。
f:id:Re_hirose:20181231015826j:image

 

待合室の暖炉。

モノホンかと思いきや、ダミー。旅館なのに意外。笑
f:id:Re_hirose:20181231015836j:image

 

 

部屋の入り口から。2人で泊まるには少々広いつくりだったので、将来子ども2人も連れてくることを決意。勝手にね。

f:id:Re_hirose:20181231015839j:image

 

部屋(奥)の写真。

窓の奥が露天風呂でございます。唯一の誤算は冬で寒かったところ。。。
f:id:Re_hirose:20181231015853j:image

 

露天風呂以外にもヒノキ?の風呂がありました。

寒くても安心!!
f:id:Re_hirose:20181231015845j:image

 

外の天気。マジで寒い。

裸でいたら、チソチソ見えないかな??
f:id:Re_hirose:20181231015956j:image

 

露天風呂。マジでテンション上がった。こんなものがあっただなんて…!

マイバスルーーーーーム!!!
f:id:Re_hirose:20181231015914j:image

 

料理が運ばれる前。
f:id:Re_hirose:20181231015906j:image

 

お献立がこちらでごわす。

f:id:Re_hirose:20181231021200j:image

 

料理が運ばれた途中(女の子はお腹が空いて先に食べてます。)
f:id:Re_hirose:20181231015828j:image

 

前菜 ぶり大根以下略
f:id:Re_hirose:20181231015920j:image

 

サザエのつぼ焼き。女の子が美味しいって言ってました。
f:id:Re_hirose:20181231015900j:image

 

酢物 油カレイ 以下略
f:id:Re_hirose:20181231015939j:image

 

お造り!お造り!!!
f:id:Re_hirose:20181231015911j:image

 

椀盛 牡蠣真丈
f:id:Re_hirose:20181231015917j:image

 

前菜 イツメン
f:id:Re_hirose:20181231015842j:image

 

先付 安納芋
f:id:Re_hirose:20181231020003j:image

 

 

焼き物 黒毛和牛
f:id:Re_hirose:20181231015944j:image

 

白米、みそ汁
f:id:Re_hirose:20181231015818j:image

 

 

てんぷら
f:id:Re_hirose:20181231015857j:image

 

もう一回味噌汁
f:id:Re_hirose:20181231015822j:image

 

 

布団
f:id:Re_hirose:20181231015849j:image

 

 

朝の露天風呂(超気に入った)
f:id:Re_hirose:20181231015925j:image

 

 

中庭 白い鯉
f:id:Re_hirose:20181231015934j:image

 

中庭 赤い鯉
f:id:Re_hirose:20181231015833j:image

 

 

庭園風景
f:id:Re_hirose:20181231015948j:image

 

 

羽子板?
f:id:Re_hirose:20181231015903j:image

 

 

バス停
f:id:Re_hirose:20181231015952j:image

 

 

帰り道に撮った写真、名残惜しすぎた。
f:id:Re_hirose:20181231020006j:image

 

 泊まってみた感想

一生!ここに!!住みたい!!!!!!1

 

時間が来れば配膳される夕飯、勝手に敷いてくれる布団、寝て起きたら出てくる朝ごはん…そして二つの布団があるのに、一つの布団で寝たり…

 

ああああああああああああああああああああああああああああ幸せええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

 

部屋に風呂ついてるし、ご飯は美味しいし、こんな贅沢しちゃっていいんですかね…という気持ちになりました。

 

実はお恥ずかしい話ながら、26歳になるまで女の子と旅行に行ったことがなかったんですよね。なぜなら旅行よりモノ!モノをよこせ!!という女の子がずっと横にいたので、旅行に行く余裕がなかったんですわ。

 

クリスマスのディナーでさえ、「同じ金額の料理をおめえに食わせるのはもったいねえ」と、人の金なのに言うような輩です。そりゃ旅行なんて言ってる余裕がな

 

強いて言うならドライヤーが高い客室の割に、やっすいラブホにあるドライヤーよりちゃっちかったのと、夕飯のご飯の配膳のタイミングが遅くて、おかずと一緒に食べられなかったのが残念でした。

 

それ以外は本当にパーフェクト。

 

予約の仕方

 

予約は下記からどうぞ。

文字をクリックしても、画像をクリックしても飛べます。

いくらだったか知りたいでしょ?クリスマスにいくらかけたか知りたいでしょ?

リンクをクリックしたら真実が分かりますよ。

 

ゆ宿 藤田屋