いつまで田舎にいるの?

東京での生活について発信していくブログです。主に恋愛、ナンパ、転職活動、デートなどについて書いています。

いつまで田舎にいるの?

No more 田舎、楽しい東京生をつづるブログ/h5>

付き合う前や初デートに寿司屋は絶対NGな理由

f:id:Re_hirose:20181221220820p:plain



ツイッターを見ていたら、また”トンデモ恋愛理論”みたいなものが目に入ってきました。

いやね、ぼくもこんな小言ばっかり言いたくはないんですわ。

 

〇〇は違う!正しいのは××!!みたいな。

 

でも、間違った情報が流布されて、その結果沢山の人に迷惑がかかるのって良くないと思うんです。

 

 

 

 

ツイートでは「イエスセット」と「初デートは寿司」というの2点について指摘していますが、今回の記事では初デートのお店選びで寿司屋は絶対にやっちゃダメな理由

を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

初デートのお店選びで寿司屋は絶対にやっちゃダメな理由①すぐ食事が終わる

f:id:Re_hirose:20181221220019p:plain

この記事を読んでいる人たちの中で、寿司屋でデートしたことがある人はどれくらいいるだろうか?

ぼくは数あるデート経験の中でも、寿司屋でのデートはほとんどない。

社会人なりたての頃に2回したきりだ。

 

恐らく、飯までデートに入れるなら、累計100回はデートをしていると思う。

でも、その中でも寿司屋だけは絶対にやっちゃだめだ。

 

その一番の理由は「すぐ終わる」から。

 

基本的に寿司屋でデートをすると、夜のおまかせメニューを選ぶことになる。

 

すると、大体30分くらいで全部の寿司ができってしまう。

 

初デートではなく、時間がない中サクッと恋人に美味しいものを食べさせよう

という観点で寿司屋を選ぶのはあり。

 

しかし、30分で寿司が全部できってしまうと、途端に会話の種がなくなってしまう。

例えばこれが焼肉なら、肉を焼きながらいろんな話ができるし、肉を焼く工程で、相手がどれだけ気配りできるか見ることができる。

 

例えば、率先して肉を焼いてくれるのかとか、サラダを取り分けてくれるのかとか、網が焦げたら交換を依頼してくれるのか、自分で店員を呼べるのか…とか。

 

こうやって、肉を焼くことを楽しみながら、相手のことを知れる良さがあるのが焼き肉デートなのだが、寿司屋は板前さんが握った寿司が目の前に置かれるだけである。

 

 

一番いいのは、食べながら、飲みながら、会話を運ぶことなのだが、

飯を食い終わった後に、寿司屋に長居するのはとても気が引けるし、気が引けると会話が弾むわけがない。

 

ここで追加の注文をすればデートにおける出費はかさむし、

払うのは女でなく、いつだって男だ。ふざけてるよな、そんなコラムはゆるせねえよ。

 

 

 

初デートのお店選びで寿司屋は絶対にやっちゃダメな理由②カウンター席はあるが、店主の前という非常に気まずい場所

ã社é·ã話ãããã¦ããæã®é¡ã®è·é¢ããããè¿ã社é·ã話ãããã¦ããæã®é¡ã®è·é¢ããããè¿ããï¼»ã¢ãã«ï¼Max_Ezakiï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

考えてみてほしい。

 

「この人は結婚するのにふさわしい人なのかな…?」

 

それを見極める初デートで、目の前に寿司屋の大将がいるんだぜ。

 

どんな気持ちで口説けばいいんだよ。

 

「大将を交えて3人で会話をすることも可能」

 

あのさ、初デートって相手のことをまだ知らないような段階でしょ?

 

そこで大将交えて余計な話をしている時間はねーんだよ!!

2人で話せ!2人で!!

 

実際、寿司屋でないけど店主の前のカウンター席に無理やり座り、

女の子を口説いていたら、クレームが入ったことがある。

 

 

ジロジロみられるとまでは言わないけれど、

頭を撫でたり、手を握ったり、スキンシップをしながら口説くタイプのぼくにとっては、

カウンターは必須なモノの、店主の前だと気まずいですよね、という話です。

 

 

 

初デートのお店選びで寿司屋は絶対にやっちゃダメな理由③単純に高い

f:id:Re_hirose:20181221215901p:plain



寿司屋でデートすると、ディナーは少なくとも2人で10,000円はかかる(※アルコール抜き)

 

そのため、そこにアルコール類、寿司以外の一品料理、とかを頼んでいくと、

あっという間に15,000円を超えてしまう。

 

デートのとき、ぼくは女の子に美味しい料理を振る舞いたいし、

折角なら普段食べられないような料理を…とは思うものの、

 

すぐ料理がで終わる、店主の目の前のカウンター席しかない

 

ことを考慮すると、初デートにはコスパが悪いんですよね。

 

 

むしろ、何年か付き合って、サクッと飯食って帰るくらいの仲だったら、利用する意味もあるかなと。

 

 

服に臭いがつかないことや、美味しいご飯を食べさせてあげられることは良いことですが、初デートは女性を口説き、付き合ったり、〇っクスしたりする関係にもっていくのが目的ではないでしょうか?

 

けっして、「女性に美味しいご飯を食べさせれば股を開ける」わけではありません。

 

この記事を見て、初デートに寿司屋を選ぶ哀れな男性が減ることを祈っています。