いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

口説くためだけに作られたバー ”the PRIVATE LOUNGE(赤坂)”に行ってきた感想

f:id:Re_hirose:20190512012914j:plain





5月10日(金)にオープンした、the PRIVATE LOUNGE(赤坂) に行ってきました。

 

結論から言うと、「口説くためだけに作られたバー」です。

今回は行ってきた感想を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

入り口

エレベーターで2階に上がると、待ち受けているのが扉と数字。

f:id:Re_hirose:20190511233518j:image

 

事前に予約をしないと入れないシステムとなっており、その段階で2・4・6・8のどのボタンを押すかを教えてもらいます。

 

秘密基地みたいでイイですよね!!

 

写真を撮るためにフラッシュをつけて撮影しているのですが、実際はもっと暗くていい感じの雰囲気です。


f:id:Re_hirose:20190512012927j:image
f:id:Re_hirose:20190511233521j:image

 

 

ソファー席(3,000円)

 

f:id:Re_hirose:20190511233707j:plain

 

フラッシュをつけないとほぼ真っ暗な感じの席でした。

女の子を口説くにはちょうど良すぎる暗さです。

 

3,000円を払う価値はあると思います!!

 

iPadでドリンクやフードを注文することができます。

 

f:id:Re_hirose:20190512012911j:plain

 

暗いので、フラッシュをつけて撮影しました。

クッションが3つあるのですが、2~3人くらいまで座れる席です。

まあ、3人で来ることなんてないと思いますが。。。笑

 

 

f:id:Re_hirose:20190512012920j:plain

 

ドリンクは1杯1,000円からで、手が止まりました。笑

 

 

f:id:Re_hirose:20190511233531j:plain

 

カーテンを開けるとフッツーに外が見えるのもエロいですね。

あえて真っ暗にしてる感じが伝わるので、女の子を口説くのには持ってこい!

 

絶対頼んでほしいラブショット

Specialのなかに「ラブショット」というお酒があります。

f:id:Re_hirose:20190512012908j:plain

 

これは決して男2人で飲むお酒ではないんですが、今回は「取材」という名目だったので、どんなお酒か試すべく、男2人でラブショットを頼みます。

 

ちなみについてきてくれたキュウさんは、本日初対面でした。

twitter.com

 

f:id:Re_hirose:20190511233512j:plain

吸う側と吹く側に分かれているのがラブショットです。

 

「協力しないと飲めません」と言われたのですが、先に吸う側をあけたらポタポタとドリンクがこぼれてきてしまいました。

 

なので、先に「吹く」側をあけた方がいいですね。

そして、「吹く」側を下にして咥えて、そのあとに「吸う」側を開けて息を吹き込む。

 

f:id:Re_hirose:20190512012924j:plain


アルコール度数が10%の割に飲みやすく、店員さんも「これで女の子といい感じになれます!」と大絶賛してました。

 

ま、横にいるのは同い年の男の人なんですけどね…。

 

値段は3,808円?だったかと思います。

 

ゲーム感覚で盛り上がれるので、ぜひ頼んでみてください!!

 

 

 

男同士では盛り上がりませんでした。

 

 

 

店内の写真

f:id:Re_hirose:20190512012914j:plain

当然のごとく男女で来ている人たちもいました。

 

カウンターでイチャコラしやがって!こっちはイチャイチャしたくても横にいるのは男なんだぞ!!と思わず叫びたくなりましたが、グッとこらえました。

 

性の悦びを知りやがって…

 

f:id:Re_hirose:20190512012917j:plain

 

全体的に暗くてお洒落で良い感じの洋楽がかかってるイケてるお店です。

女の子を連れてくれば喜んでくれること間違いなしでしょう!!

 

ま、横にいたのは男の人なんですがね…。

 

 

お店のコンセプト

今回はレセプションパーティにお邪魔したので、お店のコンセプトを偉い人に聞いてきました。

 

the PRIVATE LOUNGEを運営する会社は株式会社セクションエイトという会社で、相席屋やパブリックスタンドを運営している会社でもあります。

 

相席屋やパブスタでは男女の「出会い」を育むことができますが、その行く末までは見届けることができない という風に仰っていました。

 

確かに、相席屋やパブスタで出会った人たちがその後どうなっているかは分かりませんよね。どこに行ってるかも分からないですし。

 

そこで、出会った男女が次のステップ、つまりは二人の仲を深めるために利用をしてほしいとおっしゃっていました。

 

確かに、このようないかにも「口説く」ためのバーってあんまりないんですよね。

横並びの席だけど個室じゃなくて人目が気になるとか、そもそも相向かいの席しかなくてムードもクソもない、、、というお店ばかりだと思います。

 

それだったら、まぁ確かにちょっと値段は張りますが、予約できて横並びのソファー席に確実に座れて、個室じゃないけど人目が気にならないというバーは需要はあるんじゃないかなと思います。

 

 

 

席の紹介

本日お邪魔したのはソファー席でしたが、ソファー席以外にも3種類、計4種類の座席があります。

 

ソファーベッド席(10,000円)

 

画像はホットペッパーより拝借しました。

 

実際に見ることができなくて残念だったのですが、男二人でソファーベッド席でキャッキャしても気色が悪いので、見られなくて逆に良かったかもしれません。

 

画像から見た感じ、ソファー席の2倍くらいは広そうですね。

ここで合コンの二次会をやったら熱そう。

 

 

半個室席(5,000円)

f:id:Re_hirose:20190512020812p:plain

 

カーテンの開け閉めができるので、半個室という名前ですが個室と言っても過言ではありません。

チラっと中を見たら、男2人で来ている人たちもいて、ちょっと笑ってしまった。

 

ちなみに上は空いてるので、変な声を出したら筒抜けですよ!!

 

f:id:Re_hirose:20190512021027p:plain

 

 

カウンター席(無料)

カウンター席はなんとチャージがかかりません。無料で楽しめます。

でもせっかくこのお店に行くなら、ソファー席で口説いた方がいいと思いますけどね!カウンターなら他のお店にもあると思うんで。

 

ただ、BGMの音量とか、暗さとかは女の子を口説くことしか考えてねーだろ!(いい意味で)と突っ込みたくなるレベルの雰囲気の良さなんで、是非使ってみてください。

 

 

 

アクセス

東京都港区赤坂3-16-5 ワールドフラッグ赤坂 2F

赤坂駅 徒歩3分 / 赤坂見附駅 徒歩3分 / 赤坂見附駅から235m

 

営業時間
月曜日〜土曜日 : 18:00〜26:00

 

Google Map

 

 

BARの次に行くべき場所 

お店には関係なくなってしまいますが、この記事を読んでいる人はきっとこのthe PRIVATE LOUNGEで女の子を口説き、そのあとどうしたらいいのか?を考えていることと思います。

 

赤坂にはラブホが1か所、レンタルルームが1か所の計2か所あります。

 

happyhotel.jp

 

 

akasakahotel-chariot.com

 

the PRIVATE LOUNGEからの距離でいうと、レンタルルームのが近いです。

が、レンタルルームは嫌だという女の子もいるので、その際はホテル シャンティ赤坂に行きましょう。

 

 

the PRIVATE LOUNGEのソファーベッド席に同行してくれる女性の方を募集します。

the-private-lounge.com