いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系起業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

ブログのネタの探し方について

f:id:Re_hirose:20180924191214j:plain

よくぼくのツイートを見てくれてる人からは、

 

「ブログを毎日更新してますけど、ブログのネタはどうやって探してるんですか?」

 

という質問をされることがあります。

 

そこで今回は、

 

ブログを書こうと思ってるけど、書くネタがないよ!

 

って人向けの記事を書きたいと思います。

 

 

 

①なんでもネタにする

 

ぶっちゃけ、なんでもネタにしていいと思ってます。

 

あなたは朝食、昼食、夕食と何かしら買い食いをしているはずです。

なんでその食事にしたか、あなたなりのエピソードがそこにはあるはず。

そのエピソードというか、思いのたけを文章にしたものがブログだと考えています。

 

逆に、自炊をしているのであればその過程をブログにしてもいいでしょう。

ぼくも自炊の写真だけぺたぺた貼り付けた記事があります。笑

 

そもそも、ブログは無料で読める媒体なので、

 

「読む価値ねーな」

 

と読者が思えば、単純にその記事が読まれないだけです。

 

もちろん、どういう記事に需要があるかをリサーチしてブログにする人もいますが、

ぼくは本業がブログじゃないんで、そこまではしなくていいかなと思っています。

 

それよりはまず、とりあえず量をこなしてみようかなと思ってる次第です。

なので、(ほぼ)毎日ブログを書いています。

1年後、3年後、5年後、10年後と、ブログを書き続けたらどうなるのかが楽しみでやってます。

 

といいつつも、一定の周期で記事にしているものもあります。

例えば、WealthNaviとか。

 

実際どれくらい増えたのか自分自身確認するためにも必要ですし、

お金をぶち込んで増えたか減ったか気になる人っていると思うんですよ。

 

 

毎日WealthNaviの報告ばかり記事にしててもしょうがないので、

今は月1回くらいのペースで投稿してます。

 

月に1回WealthNaviの記事を投稿するとすれば、30日のうち1記事は何を書くかが決まりますね。

株とか持ってる人は、その値動きとか書いてもいいんじゃないかな?と思います。

 

基本的にブログは読み手が読みたいかどうか判断して読むものだと思っているので、

まずはどんな記事でも書かないとみてもらえないわけですから、

とにかく書きましょう!

 

 

 

 

②Twitterのタイムラインで話題になっていることについて、自分なりの意見を述べる

これは記事にしやすいやり方かもしれません。

ぼくは①で何もなかったときに②か、もしくはどうしても言いたいことがあったときにこの書き方をします。

 

昨日書いた記事なんかもまさにそんな感じですね。

 

Twitterにいる胡散臭いアカウントの見分け方 - いつまで田舎にいるの?

 

盛り上がってるツイート、つまりファボやリツイートが多いツイートを最初のうちは選ぶと書きやすいんじゃないかなと思います。

 

ぼくは独断と偏見で書きたいことを書きなぐっていますが。笑

 

あとはアイドルの話も最近はありましたね。

アイドルの卒業と同時にアイドルファンも卒業したらいいのに - いつまで田舎にいるの?

 

事実だけを淡々と書き記すとニュースサイトと同じになってしまうので、

事実+自分なりのエピソードを付随して書いていくと、オリジナリティ溢れる内容になります。

 

 

 

③その他の小ネタ

 

書くことがおもいついたら

 

書こうと思った記事のタイトルが思い浮かんだ時点で、iPhoneのメモアプリや時間に余裕があればブログの下書きにぶちこんでます。

 

基本的に職場まで20分くらいしかかからないので、

集中して書いた方が早いんですよね。

 

なので忘れないように、最低限のことだけメモしてすぐ書けるようにしてます。

 

 

予約投稿はよく使います

あとは予約投稿機能。

 

日時が指定できるので、飲み会で遅くなることが分かっている日や、

土日に予定がなくて書き貯めできる日に何日か分をまとめて更新することはあります。

 

なんだ!毎日書いてないじゃないか!!と思うかもしれませんが、

サラリーマンが本業なので、更新できない日もあって。笑

 

事情は察してもらえればと思います。

 

 

以上のやりかたで、月30記事、年間365記事を目指しながらブログを書いています。

 

手間も暇もかかるのでブログやろうぜ!とは言いませんが、

興味がある人は参考にして、ぜひ始めてみてください。

 

以上。