いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

2019年3月のスマホMNPを振り返って

f:id:Re_hirose:20190331203302p:plain

 

今日(2019年3月31日)で3月が終わりますね。

 

スマホのMNPに関するnoteを書いてしまったおかげで、毎週量販店に足を運んでキャッシュバックの状況を聞き取っていた日々にも終わりが来ます。

 

恐らく2019年も例年通りだと思いますが、4月に入るとキャッシュバックの金額が落ち着き、5月のゴールデンウィークで少し上がって、6月に入ったらキャッシュバックはほぼ出なくなるんじゃないか?と思います。

 

例年通りであれば、また8月のお盆の時期、9月の新iPhoneが出る前週、12月の年末商戦、年始、学割期間の3月とお買い得なタイミングに巡り合えるはずなんですが、今年はどうなることやら?といった感じです。

 

総務省は端末代金に付随する購入補助を利用した通信料金を下げる「セット割引」にご執心のようなので、まずこれはなくなると思います。

 

au、SoftBankではもう既にメジャーどころではなくなっていますが、docomoではdocomo withという、対象の機種を購入したお客さんは永年1,500円(税抜)割引が受けられる料金プランがあったり、月月サポート(通称:月サポ)という買い方があるため、総務省からグチグチ言われているような状況です。

 

総務省が「毎月の通信費が高い!なんとかして安くしろボケ!!」というからdocomoが頑張ってdocomo withという料金プランを出して、子回線であれば280円(税抜)/月という超安い月額料金を出したのににもかかわらず、

 

「docomo withは割引サービスの加入の条件が<特定の端末の購入>だから、ダメ!」と言ってdocomo with および月月サポートもなくさせようとしているような状況です。

 

ドコモ「月サポ」終了を検討 - ITmedia NEWS

 

携帯キャリアの努力に水を差すようなお国の指針というのはどうかと思いますが、毎月の通信費が安くなるのであれば、有難いことではありますが、今はMVNOも普及してきており、安さをとるならMVNO、通信品質をとるならMNOという棲み分けがはっきりしているので、MNOの通信料金が安くなると、その棲み分けもなくなるんだろうなーと思っています。

 

ただ、ネガティブなニュースだけではなくて、2019年の10月にはMNOに楽天が参入してくるので、そのタイミングでスマートフォンが一時的に安く売られるようになったり、もっと安い料金プランが登場したりするんじゃないかな?と思います。

 

10月にMNOサービス開始を控え、楽天のモバイル事業は「楽天モバイル」を社名に

 

 

さて、興味のない人にとってはめちゃくちゃカオスになっている携帯業界ですが、2019年3月のスマホMNPを終えての所感を書いていきたいと思います。

 

来年の3月に向けての備忘録といった内容です。

 

 

 

 

 

 

 

SoftBank

キャッシュバックのピークは3月の最終週でした。

 

ただし、3月の最終週はほとんどスマートフォンの在庫がなく、3月の最終週にSoftBankへのMNPをしていたら、希望の機種(iPhone Xs 256GB)は購入できなかったと思います。

確かにキャッシュバック金額が2万円ほど一週間で変わりましたが、希望の機種が買えないのであれば論外かなあといった所です。

 

今回は交渉が上手な店員さんを見つけることができたので、キャッシュバック金額も最大値を積めたと思っていますし、お店の売り上げにも貢献できたんじゃないかな?と思っています。

 

とはいえ、最終週は絶対キャッシュバックの金額が増える!という保証はどこにもないので、3月3週目のキャッシュバック金額でMNPをするのは全然ありだと思います。

 

3月3週→4週で、

iPhone XRのキャッシュバックは15万→17万(家電セット、Yahooのクーポン利用で+2.1万=合計19.1万のキャッシュバック)

 

iPhone Xsのキャッシュバックは8万→10万(家電セット、Yahooのクーポン利用で+2.1万=合計10.1万のキャッシュバック)※ただし4週は在庫なし

 

という感じでした。

また、PixelやMate 20 Proもメーカーの努力でかなり安く買えたみたいですね。

 

性能で言えば、Mate 20 Proの方がiPhone Xsより明らかに優れているんですが、女の子ウケが命なので、iPhone Xsを買うことにしたんですよね。

 

あと純粋にiPhone Xsのゴールドの色がめっちゃ好き!ほしい!!と思ったので、iPhone Xsにしてしまいました。

 

 

某電機屋の某SoftBank店員さんには頭が上がらないので、後日菓子折りかなんかを持っていこうと思ってますw

 

ただ、iPhone Xsを契約したのに、iPhone XRを渡された時はぶっ●してやろうと思いましたね。外人だったので許しましたが、気づかずに持って帰っていたらどうするんですかね。

 

更に、契約後に長時間放置されるのもSoftbankらしいなあという感じです。

 

1時間後に来てくださいと言われて、1時間後に行って、1時間くらい待つみたいな。笑

 

 

 

 

 

 

 

au

3月3週、店舗によっては2週目が一番熱いという結果になりました。

 

最終週だし、キャッシュバック金額が落ちることはないだろwww

 

と高を括っていたら、まさかのiPhone 8 キャッシュバック5000円というふがいない結果に終わってしまいました。

 

前週であれば、iPhone 8は0円+30000円のキャッシュバックでした。

 

また、どのお店に行っても他店対抗は一切してくれないような状況だったのも印象的です。

 

正確に言うと、3月2週目までは他店対抗してくれる雰囲気はあったのですが、3週目、4週目になると全然言うことを聞いてくれないw状態です。

 

「もうこの金額でしかやりません!」みたいな。

 

恐らく、会社の方針でどのお店も条件が揃えろと指導されて交渉のコストを下げて契約を優先に回すようにしたんじゃないかなーと思います。

 

ただ、契約してからスマートフォンを渡すまでスムーズだったのは唯一評価できる点かなと。

 

40分くらいで契約から引き渡しまで終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

docomo

iPhone Xs、iPhone Xs MAX、iPhone XR、Pixelを購入サポートに入れるという暴挙を行ったため、乗り換え先のキャリアとしての候補から外れたので、特筆事項はありません。

 

キャリアの方針がトチくるっているというか、お金を使ってiPhone Xsを一括0円でだして、1年以内にやめたら罰金を払わせてお金を回収するという魂胆が見え見えでした。

 

購入サポート入りする前に買わないと安くならないので、これから先も一生お世話にならないキャリアなんじゃないかな…と思いました。

 

 

というわけで、皆さんスマホのMNPで量販店をめぐる活動お疲れ様でした。

 

契約後半年以内に解約するとブラックリストに載っちゃう可能性が非常に高いので、181日が経過するまでは乗り換えたスマートフォンのキャリアはそのままにしておこうと思います。

 

半年あれば、安いプランが出るんじゃないですかね~という淡い期待もありますが。笑