いつまで田舎にいるの?

No more 地方転勤と田舎。Welcome 東京生活。

【2019年3月版】スマートフォンをMNPで安く買う際の注意事項

f:id:Re_hirose:20190323001408p:plain

 

今年もとうとうこの季節がやって参りましたね。

 

そう、スマートフォンを安く購入できる季節です。

 

私が本格的にスマホ乞食に身を乗り出したのは去年でしたが、この時期のキャッシュバックはキチガイじゃねーのかくらいのレベルで出ていたことを今でも覚えています。

 

それまでは契約更新のタイミングに合わせてMNPをしていたのですが、契約更新のタイミングに合わせることなく、一番安く買える時にMNPをした方が最新機種を安く買えるということに気が付いたので、この時期にMNPをすることにしています。

 

 

さて、スマホが安く買えるMNPですが、何点か注意事項があります。

 

今回はその注意事項について細かく説明していきたいと思います。

 

 

 

 

 

①MNPをする際に必要な予約番号は事前に発行しよう

携帯キャリアを変える契約を=MNPをする際には、予約番号をもともと使っていた会社に発行してもらう必要があります。

 

例えば、ソフトバンクを使っていて、auに乗り換えしたいと思った場合は、ソフトバンクで予約番号を発行する必要があります。

 

ソフトバンクの場合は、*5533

ワイモバイルは116

auは157

docomoは151

 

ここに電話をかけて予約番号を発行してもらう必要があります。

 

土日は基本的に混雑しているので、繋がるまでに1時間以上かかることもあります。

そのため、可能であれば平日のうちに取得しておくことをお勧めします。

 

平日でも10~30分くらいかかるので、気を付けてください。

 

 

 

 

 

②バックアップを事前に取得しよう

MNPをした際に今まで使っていたスマートフォンを下取りに出すことでキャッシュバックを増額させることができます。

 

その場合、MNPと同時に下取りに出す必要があるので、事前にバックアップをとっておかないと、大変なことになります。

 

iPhoneであればiTunesでバックアップを取るのが一番早いです。

iTunes - アップグレードして今すぐiTunesを手に入れよう - Apple(日本)

 

iPhoneからスマートフォンの場合はちょっと面倒なので、ググってください。

 

 

 

 

 

③購入サポート有の機種は避けよう

最近docomoのiPhone Xsが購入サポート入りしました。

 

docomoには月月サポートと端末購入サポートという二種類の割引サービスがあり、ユーザーはどちらかを使うか選択ができません。

 

端末購入サポートの場合は、月月サポートとして受けられる金額分を購入時に一括で割り引けるサービスなのですが、ここに落とし穴があります。

 

実は、購入サポート有の機種は、一年以内に解約を行うと購入サポート分の違約金を支払わないといけないのです。

 

f:id:Re_hirose:20190322235316p:plain

f:id:Re_hirose:20190322235331p:plain

f:id:Re_hirose:20190322235345p:plain

 

f:id:Re_hirose:20190322235420p:plain

 

参考:

端末購入サポート | キャンペーン・特典 | NTTドコモ



auも同様の購入サポートがあります。

f:id:Re_hirose:20190322235558p:plain

f:id:Re_hirose:20190322235625p:plain

 

参考:

iPhone MNP au購入サポート | キャンペーン・割引特典 | iPhone | au

 

そのため、docomoやauで契約をする場合は、購入サポートの対象に入っていない機種を購入すべきです。

 

 

 

 

 

④併売店で買うときは、オプションに注意しよう

携帯を販売しているお店のなかには、併売店という業態のお店もあります。

 

例えば、こんな感じの店舗です。

 

 

 

コンテンツというのは有料オプションやクレジットカードの契約を指します。

要は、安く買いたかったらうちで有料オプションやクレジットカードの契約をしていけや、ということですね。

 

そのお金を原資にキャッシュバックをしてくれるのですが、とはいえ金額が金額だったり、外すのを忘れると余計なお金がかかってしまうので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

⑤土曜日の朝早くお店に行って交渉しよう

実はこの⑤が一番大事です。

 

朝早くお店に行って交渉に行くべきだと筆者は考えています。

 

なぜなら、日曜や土曜の遅い時間帯にお店に行ってしまうと、契約したくても契約できない可能性があるからです。

 

実際にあった例なのですが、昨年私がMNPをしたときは、日曜は契約のみ受け付けでした。

 

どういうことかというと、日曜日は人が足りていなくて、契約以外受け付けませんよ、と店側が言ってくるということです。

 

月末にこれに被弾すると、なすすべなく4月を迎えてしまうので、可能であれば土曜日の早い時間帯から回ることをお勧めします。

 

 

というわけで、明日は朝10時から家電量販店を回りたいと思います!!

 

どうやって交渉しているかについては、有料ですが下記のnoteに記載していますので、安くスマホを買いたい方は是非読んでみてください。

 

 

note.mu