いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

Let's just be S〇X Friends ~いくつになっても理解できない女心~

f:id:Re_hirose:20181013122300j:plain

 

 

偶然。

 

この日は前日の23:59までにブログを2記事書こうと思っていた。

というのも、10月は1ヵ月30記事という勝手に立てた目標を達成できないペースでの更新だったから。

 

しかし、実際に書き終わったのが、24:19。

少しオーバーしてしまった…。

 

そして、書き終わってすぐに寝ようかと思ったのだが、

なんだか目が冴えていて、スマホで漫画を見ることにした。

 

最近ハマっているのが「アカギ」という漫画。

 

全巻を読破したものの、面白くて読み返している。

古き良き時代の漫画のように、主人公のスペックがモノを言う漫画なのだが、

ONE PIECE、BLEACH、NARUTOのように、架空の世界が舞台になっているわけではないのが面白い。

脱線しちゃうからこれくらいで。

 

 

 

いきなり電話がかかってくる。

 

「今、どこにいるの?」

 

「家だよ」

 

「今から行ってもいい?」

 

その後も電話で3往復くらいした。

理由としては、恐らく彼女の建前が邪魔をしてだと思う。

 

遅い時間に本当に家に行っていいのか?

時間もお金もかかるけれど、いいのか?

そういった理性の部分が働きかけていると思ったので、

丁寧に説得。

 

「こんな日でもなければ会えない。」

「タクシー代は社会人だから気にするな!」

「俺だって会いたい」

 

と。

 

 

ーーー

 

 

直接家に来る交渉が成立するから、女性はズルい。

 

これが男女逆の立場だったら、どうだろう?

 

寝る前の時間帯に家に行こうとすれば、

 

「今すっぴんだから無理」

 

という無情な一言で突き返されること必至だ。

 

ぼくは基本的に一度身体の関係を持った女性はこちらから追わないようにしている。

ただし、基本があれば例外も存在する。

 

それは、

 

女の子がめちゃくちゃ可愛い場合

 

である。

 

これを我々の業界では「おかわり」と呼ぶのだが、

誰でも彼でもわんこそばのように「おかわり」するわけではない。

 

なぜならそこには「時間」と「お金」がかかるから、である。

 

次の日が仕事だから、朝すぐに女性を帰すことができるが、

そうでなければお昼くらいまでは一緒にいてしまう。

 

「イヤな奴」

 

だと思われたくない気持ちが邪魔をしてしまい、

「ヤったらすぐに帰す」ことができないのである。

 

なので、判断基準としては、

 

自分が「時間」と「お金」をかけてでも一緒にいたい相手なのか

 

ということを常に自分に問うている。

 

この女の子は以前、居酒屋でナンパして家まで持ち帰った子だ。

ちょうど1ヵ月前。

 

衝動買いの後悔~恋愛を一夜限りで終わらせないためにできることとは~ - いつまで田舎にいるの?

【ナンパスポットのレポート!】HUBや333(300)、PUBLIC STANDではない”ナンパもできる居酒屋”の紹介

 

この、ちょうど1ヵ月前というキーワード。

そして、「家に直接来る」「友達とのんだ後」「連絡不精」…などから導き出した答えがある。

 

 

 

「生理周期」

 

だ。

 

これは完全にぼくの経験に基づく自論なので、何のエビデンスもないのだが、

女性は生理周期…つまりホルモンバランスによって性交したいかしたくないかを判断しているのではないかと考察する。

そのため、当該女性と初めて性交を行った日から25~38日の間に再度性交を行う場合は、生理周期が性交に導いているのだと思う。

 

そう、多分この初めて声をかけた日が、きっと性欲が高まっていたタイミングなんだと思う。

 

具体的にいつかというと、生理が終わっており、排卵が終おわる前後。

女性は生理が終わったあとからエストロゲンというホルモンが増え始める。

一説によると、このエストロゲンが女性の性欲を増進させる効果があるという。

ただし、医師の中には、

 

「ホルモンの分泌量は個体差が大きく、またエストロゲンが性欲に直結しているとも言い切れないため、コメントできません」とのこと。

 

とコメントしている方もいるので、100%正しいのかというと、そうとは言えない。

ただし、言い切れない、コメントできない、という歯切れの悪い回答なので、

必ずしもエストロゲンと女性ホルモンに関わりがないわけではないと思う。

 

出展:【医師監修】間違いだらけ!女性ホルモンと性欲の関係性を徹底解説 | ママになったからこそ知っておきたい避妊の話 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

 

従って、「家に直接来る」「友達とのんだ後」「連絡不精」「最後に性交したのが一ヶ月前」ということから演繹法を使ってロジカルに電話での連絡の意味を考えると…

 

家に直接来る=性交したい

友達とのんだ後=酔っぱらっているので本音が出やすい、性交に対して酔っぱらっているという言い訳ができる

連絡不精=普段は特段性交したくない

最後に性交したのが一か月前=ホルモンバランスによって性交するか否かを判断している

 

俺=チソポ要員

 

と結論づけた。

 

Let's just be S∃X Friends

ということで、律義に軽く告白までしてみたのだが、

なかなか繋がらない理由が分かった。

 

分かった所で妙に納得してしまい、

その後は特に追いかけたい気持ちもなくなってしまった。

 

なので、Let's just be S∃X Friends…ただのセフレでいましょう。

 

とぼくには言っているのだなあ…と思った。

 

付き合いたいと言われれば付き合うし、

デートに行きたいと言われれば行くけれど、

こちらから何かアクションを起こしてどうこうなる問題でもなさそうだ。

 

今できるアクションは、LINEでの連絡、電話、程度なのだが、

それでは何も決定打にならない。

 

むしろ、この子にとっては「メンドクサイ」というマイナスな印象を与えかねないと思う。

そのマイナスな印象が積み重なれば、きっともう会うこともなくなってしまうだろう。

 

一応、次に会う日は設定している。

 

だってイヤフォン返してもらうから…

 

女性からの信頼を勝ち取るためにできること - いつまで田舎にいるの?

 

 

 

いくつになっても理解できない女心

26歳なのだが、いくつになっても女心は理解できないなと思った。

というか、新しい女の子と知り合うたびになんだか新しい生命体と未知と遭遇しているような気分にさえなる。

 

ベッドの上では性交を楽しんでいる様子であるにもかかわらず、

翌朝起きて家を出た瞬間、めちゃくちゃツンツンし始める。

 

手を繋いで、改札前でキスをしたくらい。

あとの会話は普通の会話。笑

 

カップルの会話には程遠い会話だった。

まだ彼女はぼくを疑っているようで、

今回もその疑いを晴らすことはできなかったようだ。

 

でも、これはきっとぼくが日常の彼女を知らないから理解できていないだけであって、

彼女にとってはそれが普通なんだと思う。

 

初めて会った時がお酒が入っている時だったから、

きっとそれは普段の彼女ではなかったんだろうなと。

 

普段の彼女を理解できないことには、これ以上深い関係を構築できる気がしない。

今、彼女はこれ以上の関係を望んでいないんだと思う。

 

それは残念だけど、自分の魅力不足という他ないだろう。

 

彼女のことを可愛いと思っているから、

キープをしたくて付き合いたいと思ったけれど、

 

どうやらぼくには彼女と付き合えるほどの魅力はなかったらしい。

 

現実は常に残酷だが、常にリアルだなとも思う。

 

これは決してDJあおいやトイアンナの世界観では語られることのない、リアル。

人を好きという気持ちで支配できる世界なんて、現実には存在しない。

 

どんなに辛い思いをしても、現実から目を背けずに戦う意思がある人だけ、

このブログは読んでください。

 

以上。