いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

社会に出て、会社に就職しないと分からないこともあるよ

f:id:Re_hirose:20181004190514j:plain

 

 

 

サラリーマンのくせしてほぼ毎日ブログを書いてる広瀬です。

 

なぜか!

 

ブログを書くために定時(17時45分)で帰社し、時間を作っているからです。

 

別にサラリーマンをやりながらだって、

ブロガーにはなれるわけですが…。

 

 

さて、今回はサラリーマンを全く知らないブロガーのツイートに対して、

 

「サラリーマンはそんなことないよ」

 

と優しく諭していく記事にしたいと思います。

 

 

事の発端はこちら。

 

 

 どういうわけか、ブロガーの人の頭の中ではサラリーマンとは、

 

「上司(部下)と毎週居酒屋へ行き」

「会社のカードで二件目のキャバクラへ行く」

 

生き物らしいです。

 

そんなサラリーマン、実在するんですか?笑

 

ぼくは今、2社目の会社で働いている。

新卒で入った会社を2年弱で辞め、2社目に転職した。

大学生の時は社員3人のベンチャー企業でインターンとして働いていたことも加味すると、実際3社にお世話になった、もしくはなっている。

 

そんな中で、毎週居酒屋に行くこともなければ、会社のカードなんてそもそもないし(今の会社はあるけれど)、キャバクラに勝手に使ったら普通に解雇されると思う。

 

そう…

 

あり得ない話なのである。

 

 そう思ってこんなツイートをしたのだけれど、ご本人様から反応はなかった。

 

 

 

 

自分に当てはめてこの問題を考えてみると、まず会社の人と飲まない。

 

だって定時で帰ってますからね。それも一人で。

 

飲めるわけないないじゃん…?

 

最近参加した飲み会を振り返ってみても、月に1回もない。

年に6回くらいは送迎会、忘年会などを入れるとありそうだ。

 

しかし、「上司の」と限定してしまうと、もっと少なくなる。

取引先と飲み会を開くことは多いが、上司単体と飲みに行くなんて…

 

そんなことあるの?ぼくはないけどなぁ…。

 

と思っていたら、丁寧に飲み会に参加している頻度のデータを探してくれる人が現れました。

 

 

ぼくの言ってること、間違ってませんよね…。 

体感でそうだろうなぁと思ってましたよ。

でもデータの裏付けもあると、もう否定しようがないよね。

 

会社のカードに関しても…うん。

 

自分で会社を経営している人であれば、

キャバクラだろうが飲み屋だろうが自分の社名で領収書を切る人を見たことがある方はいるんじゃないでしょうか。

 

でも、サラリーマンとして会社のカードを使う以上、

カードの利用細則に則らなければなりません。

 

今のご時世、会社のカードを発行されて、勝手にキャバクラに行っていい会社なんて存在するのでしょうか。

 

あったら転職したいので教えてください。笑

 

   

 

 

大事だと思った社会人・会社員経験

このツイートを通じて、分かったことがあります。

 

それが、社会に出て、会社に就職しないと分からないことがあるんだな…

 

ということです。

 

もしぼくもインフルエンサーに感化されて、

就職せずにブロガーとして生きていったとしましょう。

 

そしたら、サラリーマンに対して穿った見方をしていたかもしれません。

 

でも不思議なのが、「オンラインサロンに対して穿った見方をするな!」という人たちは、大体サラリーマンに対して穿った見方をしています。

 

 

せめて一社くらい就職して会社員を堪能してからブロガーになってもいいんじゃないかな、と。

 

とか、こうやってブロガーのようにとがった生き方をする人って、

 

「敢えて会社員をやめてやったぜ!」

 

と強がる人が多いんですよね。

 

でも実際のところ、どうなんだろうなと思いましたよ。

だってサラリーマンに対して偏見持ちすぎですからね!笑

 

どの会社でもいいので就職してみたら、

そんなに頻繁に上司と飲みにいかないことも、

会社のカードなんて実は存在しないことも、

会社の金でキャバクラに行けないことも、

 

誰でも簡単に理解できると思います。

 

結局こういう、会社に対して不満を持ってブロガーになってしまう人って、

自分のことを過大評価してるんじゃないかなって思いました。

 

 

彼らが総合商社や、外資系投資銀行、テレビ局といった給料の高い会社に勤められていたら、同じくブロガーになっていたでしょうか。

 

タラレバの話なので答えは出ませんが、そういう華々しい企業に入社できたのであれば、きっと辞めてなかったんじゃないかなと思います。

 

辞めるにしても、もっと違う理由で辞めるとか。

 

どこかで自分の能力が低いことは察しつつも、

素直に認めることができないから会社をディスり、

自分の非を認めないままブロガーになっていくのかなと思いました。

 

 

 

サラリーマンも結構楽しい

最後はポジティブな話で締めたいと思います。

 

サラリーマンも正直楽しいです。

これは会社選びを間違えなければ、楽しく働くことができます。

 

また、サラリーマンという収入が安定した環境に身を置けるのも一つのメリットです。

 

サラリーマンというと、

会社に拘束される時間が長いとか、満員電車に乗って通勤しないといけないとか、

 

デメリットばかりが強調されがちです。

 

しかし、実際のところは会社の近くにも住めますし、定時になったらすぐ帰っていいわけです。

 

そんな安定したサラリーマンだからこそ、副業に力を入れやすいんじゃないかなと思うわけです。

 

声を大にしては言えませんが、このブログも副業のうちの一つです。

ブログ一本で食っていけるほど収益は出ていませんが、

それでも続けられるのはサラリーマンという地位があるからです。

 

本業が安定しているからこそ、副業でリスクをとってチャレンジできるわけですが、

このうまみを知らないままひたすらブログを書き続けている人は一度サラリーマンになってみたらいいんじゃないですかね。

 

ブロガーになって失敗してしまった・職場がブラックで転職したいという20代の方は、20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

 

自分で転職先を探すのは面倒・転職活動に時間は割けないけど転職したい方は、マイナビエージェント

 

大企業に転職したいなら、doda

 

でブロガーを辞めて転職活動をして、サラリーマンになるのもありですよ!