いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

何もなくて平坦な人生なら、山あり谷ありでデコボコしている人生のほうが楽しい。

f:id:Re_hirose:20180930234620j:plain

 

ちょくちょくナンパの前線に復帰してきた広瀬です。

 

8月は納涼船に4回も乗ってしまいましたが、

9月は1回しか乗りませんでした。

 

月に数えるほどですがナンパをしているぼくですが、

思うことがあります。

 

それは、何もなくて平坦な人生なら、

山あり谷ありでデコボコしている人生のほうが楽しい。

 

ということです。

 

昨日、こんなことがありました。

 

 

10分会うために往復で2時間くらいかけて女子大生に会いに行ってきました。

俺は何やってんだと、バカなんじゃないかと、

自分で自分を罵倒する声が道中5万回は頭の中をよぎりました。

 

 

結論、女子大生と2回キスをするために2時間電車に乗りました。

なんなんだろう、俺ってなんなんだろう。

何をするために生まれてきたんだろう…。

 

そんな気持ちで胸がいっぱいになりました。

 

女の子からは、「本当に来るとは思ってなかった(笑)」と言われて終わりました。

 

まぁ10分しか会えねーって言っても、そこら辺のホテルをとって泊まったれやーwwwwwwwwくらいに思っていたんですが、全然だめでしたね。

 

そしてイヤフォンを上げる羽目になりました。

 

 

 

ということがあり、柄にもなく少し凹みましたね。

 

でも思うんですが、何もなくて平坦な人生ってクソつまらないなと。

仮にこの子と出会ってなかったら、きっとこの惨めな思いもしなかったでしょう。

 

自分が声をかけなければ、はじまらなかった物語です。

 

家に引きこもって、ブログだけ書いて、家と会社を往復するだけの生活をしていたら、

きっとこんな惨めな思いもしなかったし、この子と出会うこともなかった。

 

ちなみにこの記事の子です。

 

こういう山や谷を経験すると、「生きてるなー」という感じがします。

もちろん、良いことだけではなく、悪いこともありますが。

この山と谷が人生を楽しくさせるスパイスなんでしょう。

 

 

 

 

と思っていたら、また別の事件が勃発します。

 

 

 

マッチョにもなるし、ハイスペにもなって、女の子をしっかりホールドできるように頑張ります!!!

 

ゴールは遠いですね…。