いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

女性からの信頼を勝ち取るためにできること

f:id:Re_hirose:20180930121917j:plain

おはようございます。

 

先日の筋トレのせいで、全身が筋肉痛の広瀬です。

なので痛みで寝れません。

 

本当は二度寝がしたかったのですが、筋肉が痛すぎて寝れないので、

ブログでも書くことにします。

 

今回は、「女性からの信頼を勝ち取るためにできること」について。

 

意識してやっていることなので、テクニック的な内容ですね。

 

 

 

相手に信頼されたければ、こちらから信頼する

恋愛だけでなく、仕事でもなんでもそうだと思いますが、

相手に何かを求める時は、まず自分から相手に何かを提供しなければなりません。

 

よくTwitterでギバーだのぎばちゃんだのgiverがどう、takerがどうと言っていますが、

基本的な考え方としては、まず自分から相手に何かを与えてあげるという所からスタートです。

 

恋愛工学界隈では「返報性の法則」なんて言ったりもしますが、

とりあえずgiveしまくってればいつかgiveされるようになるという話です。

 

ただ、注意が必要なのが、これを悪用する乞食女がいるというのもまた事実です。

彼女らは生きていく過程で、冴えないメンズから奢られることに慣れているので、

そういった人たちにクラブでお酒を奢るとか、プレゼントを買ってあげるとかは絶対NGです。

 

ここら辺の見極めは結構簡単です。

 

所持品に高価なブランド物が混ざっていないかどうか。

 

で判断できます。

 

バッグで言えば、PRADAやmiumiu以上=15万円以上はするバッグを持っていれば確実に男に貢がせて生きてきた女性と言っても過言ではないでしょう。

 

あとは、「ブスなのに偉そう」な女もそうです。

 

大抵の女性は女というだけで価値があるのですが、ブスはそう思っていない。

「私だから価値があり、沢山の男が私に尽くしてくれている」と勘違いをしているのです。

 

例えば、こんなやつ。

 

 

LINEのアイコンを見返しても可愛くないのに、

お前は何を偉そうなことを言ってんだ!!!

 

と言ってやりたいところですが、大学の後輩らしいのでやめておきます。

 

 

 

信頼を勝ち取るためには?

前置きが長くなりましたが、女性からの信頼を勝ち取るためにできることをお伝えします。

 

それは、自分が大切にしているモノを相手に貸す・渡す というやり方です。

 

過去にやった例を紹介します。

 

ナンパをしてBARに連れ出す→BARに入る→財布にお金が入っていないことに気づく→お金をおろす必要がある→一杯なら何とか飲めるからとりあえず一杯は飲もう

 

お金をおろしている間、女性は一人になってしまいます。

そうすると、途中で帰られてしまう可能性もあるわけです。

 

地方都市のため、帰られたら次のターゲットを探す時間でもなかったので、

「相手が帰らないと信頼し、自分多大切にしているモノを相手に渡しました。」

 

それはスマホです。

 

「ちょっとお金おろしてくるから、これ預かっといて」

 

そう言ってスマートフォンを渡し、

ぼくはお金をおろしに近くのコンビニまで向かいました。

 

帰ってくると女の子がいてくれて、ホッとしました。笑

 

これ、とられたらどうすんだ?と思うかもしれませんが、

 

 

 

 

「人のスマホをパクるようなやつに声をかけるな!」

 

以上です。

 

ナンパだけではありませんが、初めて会った人や会ってから時間が経っていない人を信頼するのって難しいですよね。これは仕事だって同じことが言えると思います。

 

そこで信頼を勝ち得るためには、少し小細工かもしれませんが、

 

自分が大切にしているモノを相手に貸す・渡す

 

という行為によって、

 

「こちらはあなたを信頼しています。」

 

というメッセージを送るのです。

 

実際、この日はそのままホテルに行って性交できたので、

ぼくのなかでルーティンとして確立させることができました。

 

なので、昨日もまたやってきました。

 

 

 

お気に入りのBluetoothイヤフォンを女の子に渡す(あげる)

 

 

前段の話もあり、前にあった時に「ほしい!!」と言われていたので、

条件付きで渡す(あげる)ことにしました。

 

返ってこなかったら、どうしようwwwwwwwww

これ高いんだけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

ツイートもしましたが、この日のアポはなんと10分!という短いアポ。

 

 

余りにも短いので、ゴール設定を二つ考えました。

可能であれば、近くのホテルに搬送。それがダメなら、次会う約束をとりつける。

 

話してみると、次に会う約束も時間的にとりつけられなさそうだったので、

 

「そういえば、これほしいって言ってたよね?」

 

「うん、ほしい!」

 

「じゃああげるから、次会うときに返して。笑」

 

そう言って女の子に渡しました。

 

もともと、前回会った時に「ほしい!」と言っていたので、

その延長線であげたような感じですね。

 

ポイントは、自分が普段から使っている・大切にしているモノ です。

また、換金できないものだとなお安心です。

 

バッグや腕時計、ネックレスなどのブランド品はここではあげたら絶対だめで。

もらってもあんまり使い道がないモノ、困るモノだけど、女の子が欲しがってるモノとかだとベスト。

 

ということで、3万円近い値段のするイヤフォンをあげてきました。

 

まぁ、たとえ返ってこなかったとしても、ぼくが悪いことしてるわけじゃないんでいいですよと。

 

次はAirPodsでも買うか…

 

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A