いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

ツイッターでは敗者復活できません。

f:id:Re_hirose:20180927230402j:plain

 

不思議だなあと思うのが、

ツイッター上で現実の自分とはかけ離れた何者かになろうとしている人。

 

 

アフィリエイトの売り上げが3ヶ月で10万円。

これでどうやって月収500万円になるのだろうか。

 

 

医師を語って9~12個売れた健康食品。

 

 

売れた数は問題ではないけれど、

医師という肩書をつかって1ヵ月に3~4個しか売れないなら、

 

じゃあ次は誰になるつもりなんでしょうかね。

 

 

こういう胡散臭い人が出てきて止まないのって、

結局騙されてる人が一定数いるからなんですよね。

 

 

1ヵ月以上も前から、ぼくはこのゴリラというアカウントには警鐘を鳴らしていました。

 

というか、胡散臭いとは思いつつ全く触れてなかったんだけど、

 

アフィリエイトの紹介料発生案件を故意に非承認にする発言をしていたり、

名前に月収500万円と入るようになったり、

結婚していない人・子どもがいない人を煽ったり、

年収が1000万円に満たない人を馬鹿にしたり…

 

だんだんと胡散臭くなっていったんですよね。

 

まぁ、それだけ本人も自分が稼げてるブランディングをするのに必死だったんだと思います。

で、俺は周りのやつとは違う凄いやつなんだぞ!と、

色んな人をこき下ろして優越感に浸ってたんじゃないのかなと。

 

こうやって、特に意味もなく誰かをディスりはじめたり、

お金にうるさくなっていくアカウントというのは、非常に胡散臭いです。

 

まぁ、さすがに医師を装って不適切に健康食品を売りさばくとは思ってなかったけど。

 

でもやっぱり、こういう人についていく人って一定数いるんだなって、

残念だけど思ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 ツイッターでは敗者復活できません。

 ツイッターで月収500万!と言ったら、

運営しているツイッターアカウントは月収500万になるかもしれない。

 

でもね、現実の自分を見てみようか。

 

そんなアカウントで現実とかけ離れたことをつぶやいても

現実の自分には1円もプラスにはならないんだよね。

 

だから、敗者は敗者のままなんだよ。

 

でも、こういうネットで虚飾する人たちを見ていると、

 

ネットではなりたい自分になれる!

 

と本気で思っていそうでちょっと怖い。

そうやって作り出した虚像をまとって生きていけるわけじゃないんだから、

堅苦しいのはやめにして、等身大の自分に向き合ったらいいのにな。

 

このブログも、ツイッターアカウントも、

嘘なんてついてもしょうがないから、割りと赤裸々に書くようにしてる。

 

それはナンパに失敗したときもそうだし、成功したときもそう。

 

ありのままの現実を受け止め、ありのままの自分を受け入れる。

 

俺はそうやって生きてきたんだけど…

インターネットでデカい顔をしている人たちは、そうでもないらしい。

 

現実の自分のうちの一部をツイッターにもってくるようにすれば、

こんなことにはならないのになというのが正直な感想。

 

自分が得意なことで勝負すれば、ネットの世界だろうが副業の世界だろうが、

沢山の人に価値のあることができると思ってるんだけど、

 

どうやらネットでイキる人というのは、

現実の世界より自分を大きく見せて、大きく見せることでビジネスしてるなあと。

 

まあ、ヒトの考え方やスタンスは自分とは関係ないから、

自分のやりたいようにブログは書くし、ツイッターも更新するよ。

 

学校で出会うしょーもない友人、

会社で見かけるイケてないオッサン、

 

そんな人と向き合う時間があるなら、

少しでも有益な情報をネットで…と思うのだけれど、

 

案外リアルで人畜無害だけどどうしようもないヒトと関わってたほうが、

大損こかなくてすむかもしれない。