いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系起業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

閉店間際のTHE PUBLIC STAND(パブスタ)に行って、女の子を持ち帰りたい。

f:id:Re_hirose:20180924133855j:plain

 

無理でした。

 

 

 

もしこの作戦が上手くいくなら、ふらっと行ってサクッと持ち帰れるのでは!?

と思ったんですが、1時くらいにはもう全然人がいませんでしたね。

 

因みに行ってきたのは最近OPENしたての赤坂店。

赤坂店 | バー・パブリックスタンド(パブスタ) | The Public stand

 

かといって、23時頃に行けば人が多すぎてドリンクをもらうのにも20分くらいかかりました。

なんでこの混み具合なのに、ドリンクカウンターは一つしか稼働しないのか…。

 

そして、男女比率も最悪で、男1:女9でしたね。

 

 

可愛い子はおらず。

 

19時までに入れば3,000円で飲み放題なるわけですが、

ずっと立ちっぱなしも大変ですよね。

 

その点、ぼくが前回行ったお店なんかはマジでブルーオーシャンでしたね。

 

【ナンパスポットのレポート!】HUBや333(300)、PUBLIC STANDではない”ナンパもできる居酒屋”の紹介|広瀬|note

 

333にしろHUBにしろ、こういう場所って男女比が明らかにおかしくなるんですよね。

そこが一番の問題。

 

それに比べると大阪のHUBは可愛い子も多く、男女比も東京ほど酷くなく、

混雑状況も許せる範囲だったのでまだよかったかなと。

 

 

ちなみにそこでLINEを交換した子とは未だに連絡を取り続けており、

今後どのような流れになるかが楽しみですね。

 

昨日(深夜)にはメルカリの招待が送られてきました。

 

f:id:Re_hirose:20180924132107p:plain

 

 

 

 

 

 

パブスタに人がいない!ということであれば、

ストリートナンパに出るしかありません。

 

この日はなぜか並々ならぬナンパ欲にまみれていたので、

赤坂を一人歩く女性 を探す旅に出ました。

 

20分くらいパブスタの近くをグルグル回っていたのですが、

全然おらず。

 

まあ、女一人で住めるところじゃないもんな…冷静に考えて…

 

でも諦めるにはまだはやい!ということで、練り歩き…

 

1人いたぞ!と思って声をかけたらガールズバーの店員でした。

 

ごめん、一言言っていい?

 

めっちゃブスじゃねーか!

 

ガールスバーじゃなくて、ゲテモノバーちゃうんか…

と言いそうになりましたが、彼女はガールズバーで働いているわけです。

 

そのプライドを折るわけにはいかず…また、

ナンパとは女性を楽しませる行為、女性に夢を観させる行為と心得ているため、

 

ブスのブまで言いかけて、黙ります。

 

じゃあブスに声なんてかけるなよ、と思うかもしれない。

 

でも人がいないから選択肢がないし、

暗いからよくわかんねーんだよwwwwwwwww

 

「こんばんは!いきなり話しかけてごめん、驚かせちゃったよね。」

 

って言ったんですけど、ぼくも顔見て、ガールズバーで働いているという話を聞いて

 

驚きました。

 

これだったらコリドーで徘徊している方がましです。

 

f:id:Re_hirose:20180924132800j:plain

 

で、仲間を呼ばれる。

 

歯がきったねーガールズバーの店員が出てくるwwwwww

 

地獄かwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

「40分2000円でいいから、飲み気に来てよ!暇なんだよ!!」

 

うるせえ、ブス!!

 

とは言えず、「ちょっとガールズバーとかチャラいの無理だわ(;^ω^)」

 

と言って断ろうにも…

 

「暇だから、暇だからきて!!」

 

と引かないブス。

 

 

顔はこんな感じだった。

 

f:id:Re_hirose:20180924133155j:plain

 

 

ナンパをするものとして、

ぼくは引き際をわきまえています。

 

 

「LINEを教えて」といって教えてくれなかったら

素直に諦めますし、

 

そもそも話しかけた時点で顔が曇ってたら、

テキトーに理由をつけてこちらから去っていきます。

 

そ、それなのにこのブスは…

 

お前の顔が理由で断ってるということを察してくれ!察してくれよ!!

 

頼む!!!

 

と念じたのですが届かず。

 

とか言ってるうちに店長みたいな人が現れ、

 

ブス「店長~この人お店に入ってきてくれないんですよ~」

 

ちょっと黙れよ

 

店長?「お兄さん暇でしょ、入ったら?」

 

広瀬「結構です。ぼくはオーガニックな出会いしか求めてないので(キリッ)」

 

店長?「オーガニックってなに…?どういう意味…?」

 

広瀬「自然とか…そういう意味ですけど…」

 

 

この時点で話が通じなさそうだったので、

いい加減無理やりにでもフェードアウトすることを決意。

 

さようなら!ビーバー!!

 

閉店間際のパブスタに行って女の子を持ち帰る試みも、

家の近くで終電を逃した女の子を持ち帰る試みも、

 

失敗に終わりました。

 

今回は2時くらいのスタートだったので、

今後は23時半くらいにやりたいと思います。。。

 

銀座にひっこそう。