いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

社会人になってから考えさせられる時間の使い方について

f:id:Re_hirose:20180922011944j:plain

 

先日、会社の飲み会に参加したら悶々とした気持ちになりました。

それは、業務外の時間で5時間近く不本意に拘束されてしまったからです。

 

↓当時の心境

 

 

 

 

 

 

仕事が終わったのが17時半で、飲み屋を退出したのが22時半。

 

5時間あったら、一体なにができたんだろう…

 

と思うと、時間を無駄にしてしまったことへの後悔だけが強く残りました。

 

自分の考えすぎかもしれません。

会社の飲み会くらい、パーっと飲んでワイワイして、

みんなで頑張ろうぜー!!ってなるくらいがちょうどいいのかも。

 

でもそれ、俺には無理なんだわ。

 

結局話す内容なんて仕事の話はほとんどなくて。

 

男で集まればどういう女性がタイプかとか、

今はまってるゲームはなんだとか…

 

そんな話、どうでもいい!

 

と思いながら久しぶりに時間を無駄にしてしまいました。

 

時間を無駄にせずにおとなしく帰った日もあれば、

コリドーでナンパをして、HUBでもナンパをする - いつまで田舎にいるの?

 

そうでない日もあったのですが…

コリドーで始発まで8時間ナンパして、3組の女性に酒と飯を奢った。 - いつまで田舎にいるの?

 

上記のどちらもが、自分自身の選択によって導き出された解です。

早く帰って明日に備えようと思って、帰る。

今日はせっかくだから朝までコリドーでナンパして、帰る。

 

 

全部自分で選んだ結果です。

 

それに対して会社の飲み会というのは…

 

有無を言わさず参加を強制させられ、

挙句の果てに時間だけ奪われてしまうのだから、

本当にたまったもんじゃないなと思いました。

 

普段会社の飲み会にも参加するどころか、

昼食も誰かと足並みを合わせるのが面倒なので一人でとっているし、

仕事が終わったらさっさと帰るタイプな広瀬さん。

 

だからこそ、久しぶりの飲み会だー!なんて思ってたらこのざま。

 

 

もし会社の飲み会を開く側の人がこのブログを読んでいるのであれば、

次のことを絶対に意識して飲み会を開いてほしい。

 

 

 

 

飲み会は会場にいる人全員の時間を奪っている

f:id:Re_hirose:20180922012041j:plain

ぼくは当たり前だと思っているのですが、

飲み会は会場にいる人全員の時間を奪う行為に他なりません。

 

それを理解した上で、きちんと運営されていますか?

 

参加してもらう人にとって、有意義な会になっていますか?

 

もっとも飲み会だけでなく、あなたが誰かに話しかけている時、

それは話しかけている人の時間を奪っています。

 

もちろん話すことだけが時間を奪うことではありません。

 

それはこのブログを読んでくれている皆さんにとっても同じことが言えます。

 

このブログを読む時間があれば、他の人のブログが読めます。

 

また、ブログでなくて漫画が読めたり、

YouTubeで好きなアーティストのMVを観られたりもするわけです。

 

そんな中、わざわざこんな名もなき社会人4年生のブログを自ら読もうと思ってくださっていること自体、至極恐悦の極みです。

 

なので、ブログを書く上では役に立つ内容か、読んでいて面白いものか、

その両立ができないかをずっと考えて書いています。

 

ここまで考えると考えすぎなような気もしなくはないですし、

人の時間を奪っていることに対して鈍感な人が多いとは思っています。

 

しかし、時間は有限です。

 

それは5分だろうが10分だろうが、その瞬間のその時間はもう二度と戻ってきません。

 

その自覚をもって、飲み会を開いて、本当に有意義なものにするぞと思ってくれているなら喜んで参加します。

 

しかし、5時間も拘束された上に大した中身もなく、

どうでもいいなと思う話ばかりされてしまったのではたまりません。

 

 

一時期、電話が迷惑か迷惑じゃないかという話がTwitterでも盛り上がりましたが、

電話もぼくは相手の時間を奪う行為に他ならないと思っています。

 

だからこそ最小限にすべきだなと思いますし、

電話をする際は相手側にも電話をとるメリットもしくは電話をとらないデメリットがない場合は電話をしない方がいいんじゃないかなと思っています。

 

まぁ、ぼくに電話がかかってくる場合には全然ウェルカムなんですけどね!!

 

てなわけで、飲み会を開く際は、参加者の時間を奪っているという自覚をもって、

絶対に有意義なものにしてもらえると参加する身としてはこの上なく嬉しいです。

 

 

 

5時間あったら何ができるだろう?

f:id:Re_hirose:20180922012227j:plain

 

5時間あったら何ができるだろうと、

飲み会の途中から真剣に考えてしまいました。

 

例えば、睡眠時間を5時間そのまま増やすこともできますし、

2時間筋トレして、3時間を睡眠時間に充てることもできます。

 

また、1時間でブログを書くこともできますよね。

 

ということを真剣に考えていたら、

 

会社の飲み会なんて出るべきじゃなかった!!

 

という気持ちで胸がいっぱいになりました。

 

ちょっといびつな考え方かもしれませんが、

この考え方は持っておいたほうが絶対いいんですよ。

 

なぜなら他人の時間を無駄に消費させてしまうことを防げるからです。

 

普段、どういう風に時間を使うべきかを念頭に置いて、やることなすことを考えている人と、

特に何も考えず、場当たり的に時間を使っている人を比べたら、

 

どっちの方が時間を大切にしてくれそうですかね?

 

ぼくは絶対に前者だと思います。

 

後者は家に帰ってテレビ見て夕飯食べて寝るくらいの生活しか多分できていないでしょう。

 

でも、世の中の人がちょっとだけ時間を大切にする考えを持って、

他の人の時間を無駄にしないような時間の使い方をしてくれたら、

世の中もっとよくなるんじゃないかなと思います。

 

たまには真面目な話もしてみました。笑