いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

うつ病になる前に会社をやめた方が良いと思った。

f:id:Re_hirose:20180909234810p:plain

自分はうつ病になったことはないけれど、

周りで何人もうつ病になった人がいた。

 

 

 

彼らを見ていて思うのが、

 

うつ秒になる前に会社をやめた方が良い

 

ということだ。

 

言うは易く行うは難し…なのかもしれないけれど、

一度うつ病になると完全に元の状態に戻らないんだなと。

 

 

 

うつ病再発のリスク

1度発症すると再発のリスクが50%。

一般的にはうつ病の発症率が5%とのことなので、

一度うつ病になってしまうと10倍以上うつ病になりやすくなります。

 

参考URL

うつ病の再燃と再発

 

前の会社でも2度うつ病になって休職する方を見ましたが、

心のどこかがプッツンと切れてしまい、会話もままならない状態でした。

 

その人からいきなり電話がかかってきて、出てみると、

「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」と、電話に出た瞬間から連呼されました。

 

電話の内容は、”自分が休むことで皆さんに迷惑をかけてごめんなさい”というもので、

うつ病は責任感の強い人がなりやすいと言われた所以が分かった気がしました。

 

 

どうやら職場にいる人全員に謝罪の電話をかけているようで、

「ゆっくり休んでください。」と言って電話をこちらから切った後、

※会話が終わっても切ってくれなかったため

 

他の人にも同じ内容の電話をしていました。

 

この人を見て、「うつ病になる前に会社をやめなければ」と強く思ったものです。

 

元々入社時点でうつ病になる人がが多いブラックな会社だという認識はあったので、

保険には入っていたのですが…

 

「お金だけもらっても元の状態に戻らなかったらマイナスだな」と。

 

なのでぼくは頃合いを見計らってガッツリ転職活動をしました。

頃合いというのは会社への嫌気が限界にきたタイミングです。

 

ぼくの場合は超過疎地方都市への転勤が一番のきっかけになりましたね。

 

なので、「仕事が辛くて転職したい」「希望しない転勤をしてしまったので転職したい」と考える人は、自分の限界がどこかはきちんと見極めてください。

 

 

 

うつ病になると出世コースから外れる

せっかく会社のために頑張ったのに、うつ病なった瞬間に出世コースから外れます。

ぼくが見てきたパターンだと、次の二つのうちのどちらかです。

 

①社内問い合わせ系の雑務がメインの仕事を振られる

②休職から復帰はできるものの、仕事の量や労働時間が管理される

 

どちらにも該当しますが、出世コースからは間違いなく外れてしまいます。

 

それまでの努力やら頑張りやら、汗とか涙とかそういった類のものは一切評価されることなく、ただただ会社での居場所がなくなってしまいます。

 

考えてもみてほしいのですが、平社員の仕事でうつ病になってしまうような人には、

それより重たい仕事なんて与えられるわけがないのです。

 

そこで、仕事のレベルを落とす(①)か、もしくは仕事の量を落とす(②)かの二択を迫られるわけです。

 

大卒(総合職)の場合は①か②かは本人の希望を聞いてくれるみたいですが、

高卒(地域総合職)の場合は聞いてもらえないっぽかったですね。②一択。

 

 

 

 

 

うつ病の人が会社を辞めた

今回のエントリのきっかになったのがこの出来事。

 

先日オッサンが会社を辞めたという記事を書いた。

 

若手が仕事で結果を出すと、オジサン・オバサンが消えていくというジンクス - いつまで田舎にいるの?

 

色んな人に話を聞いて分かったのだが、どうやらうつ病だったらしい。

 

確かに朝イチで上司に仕事の報告をしていて、

 

「なんで決裁必要なのに勝手に進めてんの?」

 

と当たり前のことを詰められたら、

「今までありがとうございました!」と発狂していた。

 

これはもう病気としか言えないよね。

 

上司は部下の仕事っぷりをチェックするのが仕事だから、

自分の仕事の仕方や品質に横やりを入れてくるのは当たり前のこと。

 

それを自分への攻撃だと考えてしまうのは、ちょっといただけない。

 

この人を含めて、うつ病の人が爆発した時の話を聞いてみると、

感情のコントロールが上手くいってなさそう。

 

次の言葉が正しいかどうか分かりませんが、

頭のねじが外れてしまったケースが多い。

 

例えば、ノートパソコンを二つに折って上司に投げつけた人もいたり、

いきなり薬を過剰摂取して自殺を図ったりとか、、、

 

その前に出来ることって、沢山あるんじゃないかな。

 

 

このおじさんも仕事ができないで有名で、

暇さえあれば会社で自分の携帯を堂々といじっているような人だった。

 

辞めてもらえて本当に良かった。

 

そういう仕事の仕方だから怒られてるのに、

「こいつ(上司)がいなければ俺は辞めなかった!」と言っていたらしく、

 

辞めてくれてありがとう!!

 

と思わざるを得なかった。

 

 

皆さんも、うつ病になって取り返しがつかなくなる前にいったん休職をして、

転職活動をしましょう。

 

ぼくはそうやって転職活動をして今に至るので、

うつ病にかかる方が減ることを願ってやみません。

 

転職への第一歩は、自分の好みに合わせて転職先の起業を探してくれる「エージェント」タイプの転職サイトに登録するのがお勧めです。

 

マイナビエージェント トは数あるエージェントタイプの転職サイトと比較しても自分のやりたい仕事、希望する業界に合わせて求人をピックアップしてくれたのでオススメです。