いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

田舎移住を勧める人間が絶対に触れない田舎のデメリット

f:id:Re_hirose:20180827003026j:plain

最近色んな人が田舎への移住を勧めており、

また、実際に田舎へ移住する人は増えているらしい。

 

地方移住は過去5年で4倍に 数字で見る地方創生 | 月刊「事業構想」2016年10月号

 

そんな中思うのが、

 

田舎って言うほどユートピアか?

 

ということです。

 

それより、

 

 

田舎移住を勧める人間が絶対に触れない田舎のデメリット

 

があり、本当に誰も触れないので自分で触れることにしました。

 

筆者は田舎生まれ田舎育ちで、18歳まで人口10万人程度の都市に住んでいた。

大学生から社会人1年目の計5年間は東京に住み、そこから1年1ヵ月地方に転勤していた。

人口100万人程度の都市に1年、人口30万人程度の都市に1ヵ月住んで、

田舎さに耐えきれなくなって転職した。

 

そして今は東京都に帰ってきて、楽しい毎日を過ごしている。

 

ぼくは田舎にも東京にも住んでおり、どちらかと言えば田舎に住んでいた経験の方が長い。それでも田舎はダメだと思う。

 

 

田舎のデメリット①出会いがない

東京や大阪、名古屋、福岡などの主要都市に住んでいれば話が変わるが、人口10万人や30万人の都市は絶望的なまでに出会いがない。

 

出会いがないとはオブラートに包んでいるが、

 

恋愛しないの?

 

といいたい。

 

もっというと、

 

セ〇クスしないの?

 

という話である。

 

田舎をお勧めする人は、田舎は都会と比べて家賃が安い!物価が安い!!暮らしやすい!!!というものの、一番肝心な「ヒト」という視点が欠けているのである。

 

特に限界集落という人っ子一人いない地域に移住してしまったら、出会えるのは動物くらいだろう。

 

そんな中で暮らしていくことがどれほど理想的な暮らしなのか、ぼくにはこれっぽっちも想像がつかない。

 

東京は楽しい。

 

夏は納涼船があるから、乗れば出会いに困らない。

 

そこまで勇気がでなくても、マッチングアプリがあるから、恋人だって簡単に作れる。

 

でも地方はどうだろう?

 

季節ごとのイベントはあるにしても、ジジババしか出てこない。

また、マッチングアプリを使ったところで、そもそも人がいなければマッチしない。

 

そういう現実という名の惨状から目を瞑り、

 

「いやーwww田舎は満員電車に乗って仕事をする必要もないし、生活コストも安いしいいですよーwwwww」

 

って

 

バカかと

 

どこを見ているんだ、と。

 

例え満員電車に乗ろうが、生活コストが高かろうが、

ヒトが多いというだけで解決してくれる問題もある。

 

出会いのなさなんてまさにそうで、出会いがないときにコリドーに行けば誰かしらいるわけで。

 

でも田舎に移住してしまったらコリドーなんてないから出会いもなく、

マッチングアプリを使ってみようものならそもそも人がいなく、

 

文字通り詰んだ状態になるわけです。

 

 

田舎のデメリット②自分は良くても、田舎が家族にとっても良い環境とは限らない

 

これは田舎に18年住んでいた人間の自論だけど、最悪な場所でしかなかった。

 

デートをしようにも駅前のカラオケかドン・キホーテしかないし、

やりたいことが実現できないのが田舎だなとも思った。

 

デートに行くにしても隣町のイオンで、バスやら電車やらを乗り継いで1時間以上かけないといけない。

こんなん平日には無理だ。

 

不都合と言えば、例えば部活もそう。

 

田舎だから人が少なくてレギュラー争いとかもないし、

やりたい部活がそもそも人数足らなくてできないとかもある。

 

サッカーをしたかったのに、泥団子をつくっていた日もあった。

 

そして、高校や大学の選択肢も少なく、結果的に東京に行かないといけない。

そうなったら、田舎に住んでる意味がありませんよね、という話です。

 

今のご時世、大学なんて行かなくていいよ!という人もいますが、そういう人たちは大体大学に行ったうえで、行かなくていいよ!と言っています。

 

そういったことも踏まえると、田舎は全然快適な場所でなかったし、むしろ嫌なことが多かったな、と。

 

だからたとえ自分が東京が嫌で、田舎が良くても、子どもがどう思うかは分からない。

もちろん、東京が良くて、田舎が悪いと思うかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 

でもそうなった時に、選択肢が多いのは絶対に田舎ではなく東京だから、

東京で暮らし続けたいなというのが本心である。

 

特に出会いがないのは無理なので、東京に住み続けるんだと思います。

 

Fin