いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

まだブログの収益報告で消耗してるの?

f:id:Re_hirose:20180818124435p:plain

最近、誰の影響とは言わないが、ブログの収益報告なる記事やらツイートやらが蔓延しているように感じて。

 

それ自体の是非は問わないが、思ったことがありまして。

 

 

大前提ですが、彼らは「カネ」にまつわる話が凄く大好きなんですよね。

なぜかというと、本業で全然稼げていないから。笑

 

ネットワークビジネスにハマっている人の月収を聞くと、30手前で手取り20万のサラリーマン、将来設計に不安あり…という人だったり、

携帯販売の派遣社員だったり、工場勤務の高卒だったり、で。

 

マジでお金に困ってるんですよね。

 

金もないけど頭はもっとないので、こういう胡散臭い商売に手を染めて、

一攫千金を夢見てしまうのです。

 

最近のブロガーと呼ばれる・自分で読んでいる方々を見ていると、

このように「カネ」と、カネを生むための「アクセス」の話ばかりをする人が増えてきて残念だな、と思いました。

 

ネットワークビジネスを行うことがお金を稼ぐということにフォーカスしているように、

ブログを書くことがお金を稼ぐことだけにフォーカスされていると、

 

見ている側としては全く面白くないですよね。

 

こんな感じのサイクルが、クソつまらないんですよ。 

 

ブログは稼げる!(親)

→稼げるなら私も始めてみようかな(子)→収益報告!(子)

→ 稼げるなら私も始めてみようかな(孫)→収益報告!(孫)

 

 

これってネットワークビジネスを始める動機にかなり酷似していませんかね。

綺麗事を言うつもりはありませんが、「稼ぐ」という結果論が、いつの間にか目的論に摩り替わっています。

 

(目的)面白いブログ・役に立つブログを書く→(結果)結果としてお金が入ってくる

 

のではなく、

 

(目的)お金を稼ぐ→(結果)そのためにブログを書く

 

という状態です。

これの何がいけないの?と思うかもしれませんが、

実際にお金を稼ぐことが目的になりすぎていると、こういうツッコミがきます。

 

mecchanikukyu.hatenablog.com

 

change-consul.factdeal.co.jp

 

 

ぜひ、アフィリエイトをやっている人や、

これからブロガーとして稼ぎたいと思う人には

 

一度目を通してほしいですね。

 

自分の利益のためだけにブログを書くと、

それが思わぬ被害を生むという話です。

 

また、似たような話がペットフードでもあり、

Amazonで低評価のペットフードがアフィリエイトサイトでは高評価をつけられていたという話も一時期話題にになりました。

URLがわからないのでわかるかたはご教示をお願いしたいのですが、、、

 

※Twitter上でKakiheyさんにご紹介いただき、発見できました。

Kakihey (@Kakihey_jp) | Twitter

 

カナガンキャットフードは胡散臭い?ネットで広がる黒い噂

 

評価がいいペットフードをすすめるより、単価の高いペットフードをすすめる

という利益ありきの姿勢に疑問を持った人のブログでした。

 

ぼくもそれはそう思います。

 

 

 

ーーー

 

 

実はニュースキンとアムウェイそれぞれに勧誘された経験があるのですが、

言ってることが結構ブロガーと呼ばれる人たちと似通っています。

 

 

 

 

 

①サラリーマンは自分の頑張りが報われないと、サラリーマンであることを執拗にディスる。

 

「会社の商品をどれだけ頑張って売っても、ぜんぜん給料が上がらないよね。」

 

という話を必ずされます。

 

まぁ、サラリーマンの最たる不満を指摘して、

 

「アムウェイだったら、ニュースキンだったら、そういう不満がなく働けるよ。」

 

という話に持っていくための、サラリーマン批判です。

 

なんで、アムウェイ、ニュースキン(以下、ネットワークビジネス)に加入をさせたいかというと、「自分が稼ぐ」ためです。

 

実は、これらのネットワークビジネスは、自分が紹介した人が上げた売上げの何%かが自分に入る仕組みになっています。

 

これがネットワークビジネスをネットワークビジネスたらしめる理由の最たる理由で、

一番構造的に危うい部分だなと思っています。

 

なぜかというと、自分にネットワークビジネスを紹介している人もまた、

誰かにネットワークビジネスを紹介された人だからです。

 

なので、自分がどこの立ち位置にいるのか不明ですし、

 

結局自分の頑張りが何%か全く知らない・ネットワークビジネスを紹介してきた人

 

に搾取をされてしまうのです。

 

 

ここで、思い返してほしいのですが、

 

ネットワークビジネスに勧誘する人が口をそろえて言うセリフを冒頭で紹介しました。

 

「会社の商品をどれだけ頑張って売っても、ぜんぜん給料が上がらないよね。」

 

というセリフです。

 

あれ、結局ネットワークビジネスに手を出したところで、

搾取してくる対象が会社から個人に変わっただけで、

根本的な構造に変化はないのです。

 

あなたの今勤めている会社はあなたから搾取をするけど、

アムウェイ、ニュースキンという会社はあなたから搾取をしない?

 

こんなおかしい話があると思うでしょうか。

 

この時点でおかしいと思えない人は、

頭が相当ヤバいです。

 

世の中そんなに都合のいい話はありません。

 

アムウェイだって、ニュースキンだって、

 

世界中にたくさんある会社のうちの一つです。

 

こういう話をすると、

 

「アムウェイやニュースキンは本来企業がテレビCMやインターネット広告などで使うはずの広告費を紹介してくれる人に払ってくれるから他の企業で商品を売るより自分に入るお金が多い!!」

 

という論理で武装してくる謎の人たちが現われます。

 

間違っていたら申し訳ないのですが、アムウェイは合同会社なので、

決算情報を開示する義務がありません。

 

したがって、何にどうお金を使っているのかが全く分からないのです。

 

つまり、広告にお金を使っていたとしても、使っていないと言える、ということです。

 

参考:

合同会社と株式会社の違いを押さえる14のポイント

 

なので、マジで信用に値しません。

 

 

 

②自由な働き方ができる!というマイナス面を無視したメリット訴求

ネットワークビジネスに勧誘する手口の最たる例の2例目ですが、

 

会社員の働き方にケチをつけ、労働時間の制約なく働けることがメリットと訴求をしてきます。

 

しかし、ネットワークビジネスの場合は完全歩合になるので、

逆に労働時間が増えることにも繋がりかねません。

 

また、自由な働き方ができると称して、

 

結局アムウェイハウスに人を呼んで鍋、洗剤のデモンストレーションをして、

夢を語って加入させる

 

というワンパターンな戦略をひたすら繰り返します。

 

で、十中八九ネットワークビジネスに勧誘していい顔をされるわけはありませんから、

本当にロクなもんじゃないと思います。

 

ニュースキンもセミナーハウスみたいなところに連れて行かれ、

まず夢を書き出すように指示され、

そのためにはいくらお金が必要かという話になり、

今の給料じゃムリだけどニュースキンならできるという話になり、

加入を要請されます。

 

 

こんな面倒臭いことをさせておきながら、

自由な働き方もクソもねえなというのが、

 

サラリーマンとして外資系企業で働いているぼくの感想です。

 

面倒ですよ、面倒。

それに、世の中の人がフライパンとか洗剤にそんなに興味があるか?というと

そういうわけでもないですからね。

 

興味のない人に興味のない商品を売りつける!

という構図もネットワークビジネスを好きになれない理由のひとつです。

 

 

ネットワークビジネスとブログに共通点があるからブログは怪しい!

ということが言いたいのではなく、

 

ブログを書く人も楽しめて、

ブログを読む人も楽しめるような、

 

そんなサイクルにできたらな…と思うのです。

 

 まとめ

カネだ!アクセスだ!!というブログより、

面白いブログが増えてくれたら読者としては嬉しいです。