いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

週末のデートに向けて、今からできることを始める

f:id:Re_hirose:20180813085126j:plain

久しぶりに「ガチ」のデートが日曜日に予定されている。

そこで、男として”アリ”なのか、”ナシ”なのか、ジャッジが下されるのだが…。

 

思えばここ2~3年くらいカジュアルなデートしかしておらず、

デートの仕方を忘れた。

 

カジュアルなデートなので、例えば夜にご飯を食べて、口説いてみたり、

昼間にデートをしてそのままホテルに搬送したりと、

時間や工数をかけずに”すること”だけやっていた。

 

それで満足ならそれを繰り返せばいいし、

不満足なら別のやり方を試す必要がある。

 

というかまぁ、リアルな場での出会いって久しぶりだな~という感じなんですよね。

 

ツイートと共に1回目のデートを振り返る 

悪くない、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2回目のデートに向けて

なんの努力もせずに、何もできずに帰ってくるのはただただ惨めなので、

できることを始める。

 

今は、「口説きの教典」という本を読んで口説き方を勉強している。

 

 一旦のゴールはラブホテル

結局、デートしても”楽しかったね”で終わってしまうと次はない。

デートをする相手が美人であればあるほど、引く手数多なのが実情だ。

 

今回はマッチングアプリを利用した知り合い方ではなかったけれど、

マッチングアプリなんていい例だろう。

 

ほっといたら違う男に食われる。

そうならないためにも、1回のデートで決めきるのが大事だ。

 

男側からすると、ヤって放置しておけば女の子側からの食いつきは上がるのだから。

 

Google Mapにデート場所近くのラブホテルを保存して、あとは祈ろう。