いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

Twitterの女子垢がつまらない本当の理由について語る

f:id:Re_hirose:20180727122022j:plain

余計なお世話だということは承知の上で、Twitterの女子垢がつまらない本当の理由について語っていこうとおもう。

 

事の発端は、”某恋愛工学垢が女子垢と絡み始めてつまらなくなったよね”

という趣旨のツイートを受けて、「完全同意」と思って下記ツイートをしました。

 

 

 

Twitterの女子垢がつまらない本当の理由①評価軸が男女によって異なる

一番大きいのはこの評価軸が男女によって異なるという点でしょう。

どういうことかというと、男は女の顔やま○こしか見てません。

その上でツイッター上でフォローを行います。

 

そのため、ツイートが面白いかどうかではなく、

 

顔が可愛い or ヤれそうか

 

という所でフォローのスイッチが入ります。

 

そのため、基本的に女子垢と絡めば絡むほど面白くなくなっていきますし、

それは当然の話なのです。

 

 

Twitterの女子垢がつまらない本当の理由②女は女というだけで価値があるので面白い必要はない

こちらは過去のツイートですが、至極的を射ているツイートだなと自分でも感心してます。

 

 

 男は常日ごろから、どうやったらモテるだの、どうすればヤれるだの、四苦八苦しながら毎日を過ごしています。

これは別に社会人になってから始まる話ではなく、早い人では小学校高学年くらいから始まる話です。

ぼくも実際中学生に入ったときから異性という存在を意識し始め、当時も自分なりにどうやったらモテるのかとかは考えていました。

 

しかし、女は女と言うだけで、どのフェーズでも価値があるのです。

 

最近だとパパ活といった”個人売春”もポジティブな言い方で焼き直され、女性をめぐる戦いはヒートアップする一方です。

 

www.no-more-inaka.com

 

また、度々女子高生の援助交際が社会問題として取り上げられていたり、JKリフレが摘発だなんだというニュースが平成が終わりそうなこのタイミングでも見かけることから、やはり女性は女性と言うだけで価値があり、女性であることが価値そのものなのだと思います。

 

となると、別に面白くなる必要もないんですよね。

 

逆に言うとブサメンは面白くならないとイケメンに負け、

金を稼げるようにならないと港区パパに負け、

という熾烈な戦いが繰り広げられています。

 

 

逆に、お笑い芸人なんかを見ていれば分かりますが…

面白さを向上させるというのは、そういうことなんですよね…

 

深くは語りませんが、女性が面白さという付加価値をつけるのは、

もはや女性という武器で戦えないからに他なりません。

 

どういうことかというと、

 

普通の女の子は化粧をしてダイエットすればそれなりに見てくれも良くなり、

男性からも好かれる

 

ことに間違いはありません。

 

しかし、化粧やダイエットではどうにもならない女性もいるのです。

 

そういった場合に、見てくれに変わる価値として面白さであったり、

そのほかのものに力を入れる…というフェーズになる。

 

けど、実際そこまで行く人はいますかね?

いないから面白い女子垢って少ないし、積極的にかかわると自分にも”つまらないやつ”という烙印を押される羽目になってしまいます。

 

なので、女子垢とやりとりする場合は他の人のタイムラインに表示されないリプライや当人間でしか見られないDMがツイッタラーとしては鉄則ですね。