いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系起業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

”サンバリア100”という日傘を一週間ほど使ってみた感想

f:id:Re_hirose:20180711205324j:plain

サンバリア100という日傘を買ってから、1週間が経った。

 

どうして買ったのか?どこで買ったのか?サンバリア100ってなに?

 

などは、前回の記事を参照してほしい。

 

<前回の記事はこちら↓>

www.no-more-inaka.com

 

 

男が日傘をさしてて恥ずかしくないの?

恥ずかしくないし、むしろ時代の最先端をいっている感覚だ。

 

恥ずかしいと思う人はきっと、

 

日傘をさしていると「他の人から変な目で見られる…」

 

と考えていないか?

 

大丈夫!誰も君には興味ないから!!

 

日傘をさして一週間。

ぼくの勤務地は東京駅近辺だ。

 

東京駅近辺なので、サラリーマンがあふれている。

 

そんななか、男が日傘をさしていても、誰も気にしない。

というか、視線すら感じない。

 

1日50人以上とすれ違っているはずなんだけど、誰も見てこない。

 

だから安心して日傘をさしてほしい。

むしろ、俺が日傘を世の中に広めてやるぜ!くらいの気概を持ってほしい。

 

 

意外と女性でも日傘をさしてる人は少ない

昼休み、食事をしにオフィスを出るとき…

どのくらいの割合の女性が日傘をさしているのか、チェックをする。

 

しかし、意外と半分程度しか日傘をさしていないことが分かった。

 

え?マジ??日傘をささないのは小学生までだよねwwwww

 

f:id:Re_hirose:20180720084401j:image

 

という漫画をどこかで見た気がする。

 

でも確かに女性ですら半分しか日傘をさしてないなら、

男性は当たり前だけど日傘をさしにくいよね…と妙に納得しました。

 

 

 

女性のさしてる日傘が気になる

めちゃくちゃ気になる!!

なんでその日傘なの?その日傘でいいの??

うすっぺらくない?それでもお前、遮光率100%あんのか?

大丈夫?そんな日傘で…

 

というくらい、女性のさしてる日傘が気になってしまった。

常時売り切れているのが特徴でもあるサンバリア100。

 

Twitterでサンバリア100と検索すると、ほぼ悲鳴で埋まっている。

 

 

 

 

 

いかに入手がこんなんかがわかると思う。

ぼくもスマートフォンに張り付いて、入荷連絡がくるのを今か今かと待ち、

いざ入荷連絡が来るとアクセスが集中して重くなっていて買えない

 

ということもあった。

それくらい人気で、かつ品薄。

 

なんだけど、東京駅近辺ではサンバリア100を使っている人は見たことがない。

というか、女性ですら半数くらいしか日傘をさしていない。

 

サンバリア100を使っている人はポケモンで例えると色違いくらい出現率が低いので、

見かけたら思わず声をかけてしまいそうなレベル。

 

 

日傘があると少し涼しく感じる

サンバリア100は、涼しい。

やっぱりこのクソ暑い季節、少しでも涼しく外を歩きたい。

 

公式ホームページにもこんなことが書いてあるが…

熱に変わる赤外線と可視光線を100%カットするから、サンバリア100は涼しい。

 

涼しい日傘の条件は、肌や衣服に当たると熱に変わる赤外線と可視光線を遮断すること。紫外線は熱に変わるものではなく暑さには関係ありません。
通常の日傘は紫外線カットのみをアピールしている場合が多く、赤外線・可視光線についてはあまり触れられていませんが、日傘で涼しさを感じるには赤外線と可視光線カットが必要です。

 

サンバリア100は、3層の生地構造自体で完全遮光するので、紫外線だけでなく、赤外線と可視光線を全て100%カットする日傘です。
だから、傘の下の涼しさが違います!

日焼け止めだけは塗っても汗で落ちてしまうけど、日傘は落ちるなんてことはないし、

日焼け止めは涼しくはならないけど、日傘は涼しくなる。

 

もちろん、片手がふさがってしまうし、荷物にはなるのだけど、

それでもクソ暑い夏だからこそ、日傘を推したい。

 

 

 

男で日傘をさしている人が1人いた

f:id:Re_hirose:20180720083348p:image

 

髪の毛のない、おじいちゃんだった。