いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

5ヶ月連続で30記事を投稿できたので、ブログを継続するコツについて振り返る

f:id:Re_hirose:20180719085343p:plain

こんにちは、広瀬です。

 

今年の3月に、「ブログを月に30記事投稿しよう」と決意し、

なんだかんだで5ヶ月目です。

 

7月もこれで30記事なので、立てた目標は着実にクリアしています。

 

そこで今回は、サラリーマンをやりながら、ブログを継続するコツについて自分なりに考えた結果を振り返りつつ、これからのブログ執筆に生かしていこうと思います。

 

 

ブログを書く動機について

何をするにもきっかけが大事だと思います。

きっかけさえあれば初動はできるので、まずはきっかけが大事。

 

ぼくの場合のブログを書くきっかけは、イケハヤさんのnoteです。

下記noteを購入してちゃんと読みました。

 

プロブロガーによる「ブログ運営の教科書」(随時更新)|イケダハヤト|note

年商1億円稼ぐプロブロガーによる:「ブログメディア収益化」の教科書|イケダハヤト|note

副業の教科書 〜情熱を仕事にする次世代副業スタイル〜|イケダハヤト|note

 

すると、とりあえずブログを書けという痛烈なメッセージがあったので、物は試しでやってみるか、と。

 

ブログを書くことで未来がどうなるかを考えることはとても大事なことだと思います。

しかし、考えているだけで何もしないのでは全く意味がないし、

副業やブログに興味があるからnoteを買ったのに、何もしないでいいのか?

 

と思い、とりあずブログを始める強烈なきっかけはもらえたと思っています。

というか、まぁそりゃそうだよな…という内容だったんですよね。

努力なくして成功なしというのがブログの世界でも当たり前なんだな、と。

 

というわけで、ぼくは上記きっかけによりブログを本格的に開始することになりました。

 

 

ブログを書ける時間を算出しよう

次に行ったことは、ブログを書ける時間は一日にどれくらい、一週でどれくらいあるのか?を算出したことです。

 

前述しましたが、ぼくの本業はサラリーマンです。

朝9時から17時45分まではサラリーマンをやっています。

 

なので、それ以外の時間でどれくらい活用できそうか?を考えました。

 

最近だと、

 

  • 朝の8時から9時までの1時間
  • 昼休憩の1時間
  • 夜は仕事後に最大2時間(20時くらいまでのイメージ)

 

で、計4時間は確保できる計算になります。

実際には、最低でも3時間程度は確保しています。

 

これは人によって、働き方によって異なると思います。

なので、みなさんも、「自分はブログに何時間くらい割けるか?」を算出してみてください。

 

ちなみに一週だと、平日5日×3時間+休日2日×5時間=25時間

程度ですかね。

 

実際には土日に予定が入ったりすると、ここからさらに短くなります。

6月は金土日と予定が入りまくってたので、30記事ギリギリになってしまいました。

 

ここで毎週1時間しかブログに割けない!となってしまった場合は、

 

  • ブログを更新すること自体を諦めるか、
  • 一月あたりの目標記事数を下げるか、
  • 確保できる時間を増やせないかを考えるか、

 

どれかですかね。

 

 

 

読まれる記事かどうかは、読者次第

さて、これから記載するのはブログをはじめた人にありがちな、

 

「何を書いたらいいのか分からない」

 

という問題です。

 

これに対する答えは、

 

「なんでもいい」

 

です。

 

なぜかというと、なんのブログが読まれて、なんのブログが読まれないかは分からないからです。

 

ブロガーとしてのレベルが上がればおおよそ読まれる記事とそうでない記事の差が分かってくるかと思いますが、そんなん気にしてたら記事なんて何もかけないですよねという話で。

 

そもそも、個人で書いてるブログなんて、内容がつまらなくてもなんの責任もないですからね。笑

だから、自分の好きなことを書けばいいんですよ。

そして、アクセスが多い記事がなんなのか把握すれば良い。

 

なので、最初から完璧を目指す必要はありません。

 

書き始めて5ヶ月の人間が何を言ってんだ!という感じですが。笑

 

これがお金をもらって記事へのアクセスを増やさなければいけないライターの立場だったら違いますよ。

だって、記事を書のいてアクセスを集めてクライアントの利益に繋がる行動をするのが仕事ですからね。

 

でもぼくはサラリーマンでブログを書いている、言ってしまえばただの暇人です。

 

なので何を書いてもいい!とおもって好き勝手書いてます。

 

というか個人のブログのアクセスを気にするのなんて、書いてる本人くらいしかいないんだから、好き勝手やればいいじゃん!という話ですね。

 

あなたがふらっと立ち寄ったブログで、「このブログのアクセス数は?」とか考えますか?

考えないですよね、普通。

めちゃくちゃ有名なブログだったら考えるかもしれませんが、

一個人のブログを見て、「このブログのアクセス数はきっといくらだ!!」なんて考えもしません。

 

そこまで人は見てくれません。笑

断言します。

 

なので、気にせずブログを書きましょう。

書きたいと思ったことがあったら思うがままに記事にしましょう。

 

そして、後悔するなら記事を公開してからにしましょう。

 

以上です。