いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

マンションを借りるときに仲介手数料を90%OFFにするコツ(例:10万円→1万円)

 

はてなのホットエントリーに、下記ブログが載っていました。

 

mrtry.hatenablog.jp

 

実際に自分が物件を借りる際に非常に役に立つなと思ったので、

ツイッターでシェアをしたら多くの方にお気に入りに入れてもらえました。

 

 

 

 

 

 

仲介手数料を90%OFFにした方法について

 

 

上記ブログでは法律を根拠に値下げを行っていますが、

今回ご提案するやり方は、他社の見積もりを根拠に値下げを行います。

 

なんでこれができるかというと、沢山の不動産会社で同じ物件を扱っているからです。

よっぽどのことがない限りは、専属で仲介している物件はないんじゃないかなと思います。

 

例えば、あなたがヤマダ電機で冷蔵庫を買おうか検討しているとします。

その場合、ヤマダ電機だけでなく、ビックカメラやヨドバシカメラでも検討している商品がどれくらいの価格で売られているか確認しにいきませんか?

 

というか、このご時世だとインターネットショッピングも発達しているので、

お店に行かなくても大体の相場観というのはつかめるんですよね。

 

なので、不動産で物件を借りる!というときも、

ヤマダ電機で家電を買うのと同じくらいの感覚だと思っていてください。

 

 

 

①借りたい物件を探す

不動産会社に任せるとロクな物件が出てこないので、自分で条件を決めて探します。

ターゲットは複数社が載せている物件がいいので、微妙に有名じゃないサイトやアプリを使うと良いかと考えてました。

理由としては、SUUMOとかLIFULLとかって、パッと思い浮かぶじゃないですか。

大して不動産に詳しくないぼくでも思い浮かぶんで、不動産関連の人だったらまず最初にSUUMOに載せるはず。

逆に言うと、あんまり聞いたことがないサイトやサービスにも掲載があるということは、SUUMOやLIFULLにはきっと載っていると思ってました。

 

なにせ、ぼくは地方から東京への引越しだったので、あんまり時間をかけられなかったんですよね。

 

そんな感じで、実際に使ってたサイトがこちら。

 

お家探し・不動産情報のいえらぶ

ietty

 

それでも全然なかったら、

LIFULL

SUUMO 

 

という感じで使い分けてました。

まずサイトに登録して探す、というのが第一歩です。

 

そしたら、取り扱っている会社に(できれば2社)連絡をとりましょう。

連絡をとる手段は証拠が残るメールがいいです。

 

②気に入った物件を仲介手数料が安い会社に探させる

ここも大事なところです。

エイブルとかリブマックスは仲介手数料が半額なので、

 

ここでまず仲介手数料が半額になります。

 

最初からエイブル、リブマックスを使って仲介手数料を半額にしたらいいんじゃないのと思った人はめちゃくちゃ甘いです。

 

それだと、仲介手数料が90%OFFにならないんですよ。

 

ここで、①で連絡を取った会社に、こういってください。

 

「すみません、他の不動産会社にも物件の紹介を受けていて、今回たまたま私が気になる物件の仲介手数料を半額にしてくれるというんですよ。おたくだと1ヶ月分かかっちゃいますよね?」

 

ここで、回答が二つに分かれます。

 

1)うちだと半額にはできません。

2)分かりました、仲介手数料を下げます。

 

1)の場合はもう連絡を取る必要なし!

2)の場合はいくらか聞いてみましょう。

 

 

 

そして、もう一社見積もらせましょう…。

 

利用するサービスは、ノマドです。

ここはなんと、仲介手数料が32,400円という破格です。

 

2)で出た金額とノマドで出た金額を比べて、

 

ノマドが安い→2)と交渉

ノマドが高い→最後にもう一社いきましょう。

 

ちなみに実体験なのですが、ノマドは32,400円から1円も値引いてくれなかったです。。。

 

そして、最終最後にもう一社だけコンタクトをとります。

 

それは…VISIONという不動産会社です。

仲介手数料が9800円の物件を紹介しているサイトなので、

 

ダメもとで依頼します。

 

「他社だと仲介手数料が32,400円だったんですけど、おたくだと9,800円になったりしませんか?なるならぜひ契約したいです。」

 

と。

 

ここで9,800円になったらおめでとうございます。

 

ならなかったら32,400円のノマドさんか、頑張って金額下げてくれた会社さんかになると思います。

 

経験談ですが、アパマンショップは50%オフ以下にはしてくれませんでしたね。

なので使わなくていいと思います。

 

これをやると、仲介手数料が本来であれば10万円かかった物件が9,800円になってしまうんですよ。

 

凄くないですか?ほんの数時間メールでやりとりするだけだと思います。

それで金額が9万円変わってくるので、やったほうが損せずに済みます。

 

あとは、知人に賃貸業者の人間がいれば、無理を言って仲介手数料を0にするのもアリですね。ぼくに言ってもらえれば紹介しますけど、、、※都内に限る

 

 

 

余談:物件を借りる時期について

可能であれば、4月以降8月までが良いとされています。

なぜなら、引越しを検討する人が少ないからです。

 

ソース:「オフシーズンに引越すメリット」に迫る! | SUUMO(スーモ)

 

ぼくも実際契約したのは8月だったので、上記無茶が通ったのかもしれません。

これが1月、2月、3月とかになってくると物件を借りたい人しかいないので、

 

「あなたが契約してくれなくても、他に契約してくれる人はたくさんいるよ。」

 

という状態になるわけです。

 

なので、混雑している期間は避けて、空いている期間に引越しをしましょう。