いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

転勤したくないなら、転勤しないという選択肢もあるかもよという話

 

Googleのアクセス解析ツールを見ていると、

 

転勤が嫌でこのブログにたどり着いた

 

という人が0ではないことがわかりました。

 

そこで、

 

転勤したくないなら、転勤しないという選択肢もあるかもよ

 

という話を今回はしたいと思います。

実体験に基づく話なので、会社によって転勤は必須の会社もあるかと思います。

 

が、ちょっと裏技的な内容なので、「本当に転勤が嫌」な場合のみ使ってみてください。

また、もちろん会社ごとに転勤の規定やキツさも全然違うというのは認識しています。

 

参考までに、前職の転勤に関する話をすると…

 

①任期がないので、いついつまでも地方にいる可能性もある。

②同じ区分の地方内であれば転勤可能(申告必須)だが、他地方への転勤は不可。

※例えば、仙台から福島への転勤は同じ地方のため比較的可能だが、

 福島から東京への転勤は地方区分が違うため不可。

③希望の勤務地や出生地は一切考慮されない。

 

という転勤に関してはかなり厳しい会社でした。

 

 

①任期がないのでいついつまでも地方にいる可能性もある

 

他の人の話を聞くと、転勤はあるけど任期の概念はあるし、

任期がない場合でも目安はあるとのことでしたが、

 

ぼくは全くなかったですね。

 

そのため、「大企業の総合職はどこもこんなもん!」と部長とか課長から言われ続けてました。

 

 

②同じ区分の地方内であれば転勤可能(申告必須)だが、他地方への転勤は不可。

 

ぼくも3回も4回も、課長にも部長にも人事にも労働組合にも言ったんですが、

 

「同じ地方内であれば転勤できる」としか回答をもらえませんでしたね。

 

例えば、東北地方に勤務なら、東京に行きたいと思っても福島までしか行けません。

北海道勤務なら、東京に行きたいと言っても函館までしか行けません。

 

なぜかというとそういう組織の掟があるからです。

このご時勢に働く土地も自分で選べないのは本当にバカらしいですよね。

 

 

 

③希望の勤務地や出生地は一切考慮されない。

 

これはサンプル数が10くらいあるんで間違いないといっても過言ではないと思うんですが、

不思議なことに希望は聞かれても通す気は全くないし、

出生地もガン無視で、何を基準にしているか不明なまま転勤になるんですよね。

 

ぼくは実際に希望もしていなかったし、自分と縁のない土地にいきなり飛ぶことになりました。

 

が、同期を見渡すと数百人いるわけですよ。

その中には当然ぼくにとって縁のない土地でも、誰かにとってはめちゃくちゃ帰りたい故郷があるかもしれないじゃないですか。

 

で、そういう人って希望の勤務地をその故郷にするわけじゃないですか。

 

でも帰れないんですよ!あら不思議!!残念でした!!!全く関係のない人を送り込むよ!!!!!

 

って感じなんですよね…おかしくないですか?

何のために希望を聞くんだと。意味ないからやめたらいいのに…。

 

ぼくの一つ下で第一希望の勤務地から第三希望の勤務地まで全て東京にした帰国子女みたいなクールガイもぼくと同じ土地に飛んでました。

 

なんでかって?

 

昭和の価値観を持ったオジサン上司たちが自分の味わった苦しみを部下にも味あわせるためですよ。

 

 

ではどうやったら転勤せずに済むかというのを色んな人に聞いてみたのですが、

結論は二つでした。

 

 

①うつ病になって休職して、社内で仕事を変える

もうこれは転勤とうつ病、どっちが良いかみたいなクソofクソの二択ですが、

前職の同期ではこのうつ病+休職+休職復帰からのジョブチェンジ(社内)を華麗に決めた人間がいるそうで…

そういう人はメンタルが弱いので、転勤なんてさせられません。

希望の勤務地で働かせてあげるしかないのです。

 

こうやって、転勤する人だけが割を食うクソシステムが出来上がります。。。

 

②親の介護を理由に転勤を断る

これも裏技です。

清らかな心を持っている人にはまず出来ません。

 

ですが、やってる人はやってるんですよね。

 

これを聞いたときは目から鱗というか、

それ、やっていいんだ…っていう絶望感というか。

 

「親が病気で、介護が必要なので…」というと転勤しなくてもよくなるそうです。

 

 

注意事項

上記のうつ病作戦と親の介護が必要作戦をとると、転勤もしないですが昇進もしにくくなるみたいです。

なので、利用するときは最善の注意が必要になります。

 

まあ、昇進と転勤を天秤にかけて、どっちをとるかという話ですよね。

 

ぼくは昇進のほうが大事だ!と思って泣く泣く転勤したんですが、

結局転職してますからね。笑

 

転勤が嫌で東京に戻りたい!という人の力になれればと思います。