いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

大企業での仕事は名誉ある高額バイトに過ぎない。

 

転職して8ヶ月が経ちました。

 

no-more-inaka.hatenablog.com

 

日系大企業から外資系企業に転職し、今は商品企画の仕事をしています。

 

8ヶ月働いていて思うのは、「大企業の仕事って名誉ある高額バイトだったなぁ。」ということです。

 

初めに言っておくと、ぼくは別に大企業を否定するつもりはありません。

なぜなら社会人2年目で年収は600万円だったので、まぁ悪くないかなと。

 


f:id:Re_hirose:20180511203952j:image

 

というより、日本人の平均年収と比較したら、めちゃくちゃ高いわけですよね。

比較するのはどうかとも思いますが。

 

日本人の平均年収は420万円。では、20代と30代、40代でどう変わる?

 

金銭的な部分ではそれなりに満たされていたのかもしれませんが、

仕事の中身で考えると凄く残念だったなと・・・。

 

 

 

 

地方転勤だと移動が仕事になる。

 

ぼくが社会人3年目に転勤した土地は、マジでドがつくほどの地方でした。

 

 

そのため、電車で移動すると時間を制限されるので、仕方なく自動車で運転するわけですが…

自動車で運転をしていると、本当に何も出来ないんですよ。

当たり前ですよね、余計な気を使ったら事故って死にますから。

そりゃもう必死でハンドルを握るわけですよ。

 

出張先を朝の5時に出発して、朝9時に出社するのも当たり前のようにやってました。

時間にして4時間、距離にして・・・300kmくらいです。

頭おかしいんちゃうかと。

 

この頃のぼくの仕事での楽しみといえば、

 

出張してホテルに泊まって美味しい朝食を食べ、空いた時間海で黄昏る

 

ことでした。

 

さっさと仕事を終わらせて、空いた時間で海でも見よう。

あ、なんか綺麗な貝殻とか落ちてないかな~WWWWWWW

 

ということをやっていました。今だからこそいえますが。

 

もうこうやって時間とか潰すようになると、「バイト脳」なんですよ。

 

何時間働いたらいくら稼げる。

じゃあ今月の給料はいくらほしいから、そうなると残業何時間しないといけないな、とか。

でも残業をしすぎると課長や部長に怒られるから、80時間は絶対超えられないしなぁ…とか。

 

これで金がもらえる!ラッキー!!と考えられる人間だったらそのまま働き続けていても良かったんですが、ぼくは不安でしょうがなかったです。

 

  • このままこの仕事を続けて40歳になったとき、自分は何が出来るんだろう。
  • ていうか職場の40歳のオッサン、ExcelでSUMが使えないんだけど?
  • 地方だったらこんな感じで運転しまくらないといけないよね、俺はF1ドライバーになるのが夢か?

 

などなど思っていたらレンタカーを1回柱にぶつけ(アイサイトついてなかった)

1回縁石に乗り上げてガガガガガッガガガガッガガとなりました。

 

 

 

大企業で働くことはステータスだし、給料は高いけど

仕事が細分化されすぎていてつまらないなという風に思いました。

 

そして、名前がある企業で働いているとそれだけでモテますし、

給料も高いのでモテます。

 

でもまぁ、不思議なことにずっと同じ仕事をしている感覚になるんですよ。

2年経ったら自分の仕事がループしていることに気が付きました。

 

「これ、進研ゼミに出たぞ!!」という感覚です。


f:id:Re_hirose:20180511204003j:image

 

で、よく思ってたのは、「こんなことをしてお金をもらってもつまらん。」

というちょっとワーカーホリック的な発想ではありますが。

 

本当にそう思ってしまったんですよ。

 

月曜日

 

・週末の数字を確認して、虚偽の活動報告

※数字がよければ何をいっても許される

 

・Excelで加工したデータを取引先に送付

・今週の活動予定作成

 

火曜日

 

・取引先を巡回

・Excelで加工したデータを取引先に送付

 

水曜日

 

・取引先を巡回

・Excelで加工したデータを取引先に送付

 

木曜日

 

・取引先を巡回

・Excelで加工したデータを取引先に送付

 

金曜日

 

・取引先と飲み会

・Excelで加工したデータを取引先に送付

 

 

なんか俺、自分で価値を生み出してんのかなー。

生み出せてないよなーということをずっと考えていて、

それが非常に心苦しかったですね。

 

 

ビジネスモデルは優秀だけど、社員は優秀じゃない

入社してこれが一番キツかったですかね。

特に三年目の辞める直前なんてどうしようもないくらいの人材難でしたよ。

 

「こんな人たちでも何とかできる仕事を俺はやってるのか?!」

 

という気持ちで胸がいっぱいでした。

 

残念だけどロールモデルになるような社員がいなくなっていくんですよ。

 

「こういう人になりたいな~」というポジティブな感情を抱いた社員の人はみんな転勤していきました。

 

特に、営業で凄いなと思う先輩がいたんですけど、何故だかプログラミングでコードをゴリゴリかく部署に異動になりました。

 

マジで意味不明です。

 

こんな会社に骨身をうずめるのは頭おかしいと次第に思うようになり、転職を決意しました。

 

 

 

転職後の仕事はどうなの?

前職より圧倒的に規模が小さく、一気通貫でなんでも出来るので非常に勉強になります。

 

最近色々な人が「自分の商品を持て!」ということを言葉を変えて色んな角度から言っているのですが、

今従事している仕事が、その商品を企画するお仕事なので、自分の商品を持つことに活かせるんじゃないかなと思いながら働いています。

 

まぁでも企業でやってることなので、自分のエゴでは限界があるっちゃあるんですよね。

なので、本業では既にあるものをどういう見せ方で売っていくかということに焦点を当てて取り組んでいます。

 

楽しいんですが、PDCAをまわすサイクルがどう短くしても半年くらいはあるんですよね・・・。

 

それ以上縮めるのは物理的に無理なので、これ以上PDCAは高速で回せないのですが、、、

 

それでも自分で企画した商品が世の中にリリースされて、それをいろんな人に手にとってもらい、

どういう風に宣伝するのか?起用する有名人はだれか?

 

というところまで考えられるのは嬉しいことだなと思っています。

 

あと、外資ということもあって、上司の外国人がめちゃくちゃ優秀なんですよね…。

一緒に仕事をしていると仕事の手際のよさや考え方の角度の高さにいつも驚かされてます。

 

GW明け一週間お疲れ様でした。

 

前職についてはこちらに書いてます。

【社名公開】新卒で入社した大企業について|広瀬|note