いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

休日の生産性を上げる超簡単な3つのこと

 

こんにちは、広瀬です。

今日はゴールデンウイーク4日目ですが、働かれている方も多いのでしょうか。

ぼくは働いているということにしておいてください。

 

さて、今回はタイトルにもあるとおり、

 

休日の生産性を上げる超簡単な3つのこと

 

という内容でお送りしたいと思います。

 

最近、休日は自分の好きなことに時間を割くことが増えました。

例えば、語学の勉強であったり、ブログを書いたりと。

 

ただ、どうしても「やる気が出ねえ」という日があります。

折角の休日なので、休日くらいしかできないことをやりたいなと思う反面、

まぁゆっくりしたいですよね。5日も働いたんだから。

 

だけど、何もしない休日ももったいない気がする…という方に必見の内容です。 

最近、著者が実践していて効果のあるものを3つピックアップしてお届けします。

 

 

 

 

 

① 10時間は寝る。

短時間睡眠がもてはやされている世の中ですが、休日くらいはしっかり寝ましょう。

ということで、10時間の睡眠を推奨します。

 

これはぼくの体験談なのですが、睡眠時間を削るのって無理じゃないですか?

 

何が無理かというと、生産性が下がるという点と疲労感が如実に表れてくる点で無理です。

 

仮に平日の仕事がコンビニバイトだったら、眠い状態でやっても差し支えないのかなと思っています。

が、ぼくのしごとはその時間を過ごせばお金がもらえるというものではないので、

仕事時間に対して必ずアウトプットが求められるんですよ。

 

まぁ、皆さんここら辺は頷いてくれると思いますが。

そうなると、睡眠がめちゃくちゃ大事です!

 

6時間寝た日、7時間寝た日、8時間寝た日で自分の生産性を考えてみると、

睡眠時間が増えれば増えるほど生産的な時間が増えるんですよ。

 

6時間でも働くことはできるんですが、ボケーっとしてしまったり、

何を考えてるのかわからなくなることがたまにあったりします。

 

あとは、極めつけは睡魔が日中襲ってくることですよね。

そうなるとトイレへGOです。

 

便座に座って寝ようと努力します。

 

そうならないためにも、睡眠は大事だよね、という話です。

 

しかし、じゃあ「何時間寝れば満足いく睡眠になるのか?」ということを主に休日を使って実践しているのですが、体感としては10時間はほしいですね。

 

夜中の12時に寝たとすれば、翌朝10時まで起きない。

 

これくらいはやらないとフル稼働ができません。

ここら辺は人によって必要な睡眠時間が変わってくるので色々試してほしいです。

 

ぼくは昔から「睡眠時間長くね?」と自分で思うほどのロングスリーパーだったので、

10時間という数字はすんなり腑に落ちます。

 

 

 

②寝起きでやる気が起きない時にすること

 

とは言え、折角の休日なので10時と言わず12時くらいまで寝ていたいと思うもの。

かといって、そんなに寝てたらもったいない、けど今すぐやる気が起きないという日もあると思います。

 

そこで、これをやると目が覚めるということを二つピックアップします。

超簡単です。

 

1.洗い物

 

この時のために洗い物をとっておくのですが、金曜日の夜の洗い物を土曜日の朝にやるイメージです。

冷たい水を手にかけながら、手先を動かしていると、自然と目が覚めてくるんですよね。

このライフハック(笑)に気が付いてからは洗い物が苦ではなくなりましたし、

計画的に洗い物ができるようになりました。

 

またひとつ、食洗器の導入に支障が出そうです。

 

 

2.コーヒーを入れる

 

これはプラシーボ効果な気もしますが、紙のフィルターをつけて、インスタントコーヒーを入れて、お湯を入れてコーヒーをのも…うとすると段々目が覚めてきます。

 

不思議なのですが、何をしなくても自然と目が覚めていってくれます。

なんでですかね?ぼく自身ここら辺のロジックやらなにやらは全く分からないのですが、

 

コーヒーがドリップされている瞬間を脳が認識すると、目が覚めます。

 

何を言ってるかわからねえ…という人はぜひやってみてください。

因みにフィルターもドリップするプラスチックのあれもダイソーで買いました。

 

 

③眠くなったら計画的に昼寝! 

寝てください。30分だけ寝てください。

寝すぎるとだるくなったり、休日が終わるリスクがあるので、30分だけタイマーで測って寝てください。

 

そうすると体が軽くなって、また別のことをしようという気になります。

 

結局ぼくみたいなロングスリーパーは眠気は寝ることでしかどうにもできないんですよね。

なので、休日で寝られるときはちゃんと寝るようにしています。

 

とはいえ、ぼくは休日カフェでコーヒーを飲みながらブログを書いたりTwitterをいじったりしているので、なかなか家には帰らないんですけどね。

同居人がいない時はこっそり昼寝して眠気をとってます!