いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系起業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

社会人3年目が終わったので

こんにちは、広瀬です。

今日で社会人3年目も終わりですね。

 

いやー早かったです。本当に。あっという間に社会人3年目も終わりじゃないですか…。

 

今年度は何といっても、「転職」という決断をしたことが一番大きい出来事でした。

4記事も転職について書いているので、やっぱり大きい出来事だったのでしょう。

no-more-inaka.hatenablog.com

no-more-inaka.hatenablog.com

no-more-inaka.hatenablog.com

no-more-inaka.hatenablog.com

 

とはいえ、実は僕自身転職することは1ミリも考えていなかったのです。

例えば、離婚すると思っていて結婚する人っていないじゃないですか。それと同じで、この会社で〇〇というキャリアを築きたい!

3年後は?5年後は?という風に面接時にも聞かれるし、自分でも真剣に考えるわけですよ。それでも、入社してしまうとあら不思議、とりあえず人が足りない部署に配属されて、会社にいいように使われてしまうわけです。非常に残念でしたね。

 

ただ、そうは言っても「やり切った」という感覚はあるわけです。

例えば、「2年で現職を極める」と研修時に発言して、実際に2年もかからないで極められたことです。社内では10年かかってもできない人がいる中、2年足らずで自分の設定していた目標を達成できたので僕は満足です。その分他の人より沢山仕事は振られましたけど…それがあるから今があるんじゃないかなとは思ったりもします。

 

やったこと

目標の達成率1800%(全国3位)

担当している代理店の順位が本部内で1位(辞めるまで)

担当している店舗全てのランクが最上位(辞める前月)

 ここまでやると「やり切った」以上の感想は出てこないんですよ。笑

早く次のゲームがやりたいなという感覚ですね。同じゲームを何周もしていたら飽きるじゃないですか。それと同じです。

飽きたので次のゲームをやりたかったのですが、次のゲームがいつできるか不明。

また、ゲームをやる場所が牢獄みたいな場所だったので辞める決意をしました。笑

 

まぁ、入社する前は「仕事ができる人が沢山いるんだろうな。」とワクワクしてたんですが、ふたを開けてみると「仕事ができない人」の方が沢山いましたからね。

40歳でExcelのSUMも分からない奴、45歳で自分より役職が下の奴、日本人なのに日本語が滅茶苦茶不自由な奴、そんな人たちに囲まれて働いていても、楽しくありませんでした!!!!!!!!!!!!!!!

 

極めつけは、会社で本を読んでいると「えっ本なんて読んでるの?偉い!俺なんて中学の教科書以来、本なんて読んでないよ~」

と冗談でもつまらないことを言ってくる大人がいたことですね。仕事に対する意識が全く合わないのでやめることにしました。

 

仕事の詳細については↓を

【私事】前職について(社名公開してます)|広瀬|note

 

仕事の結果については↓を

外資メーカー(現職)からプレミアムスカウトを頂けた職務経歴書|広瀬|note