いつまで田舎にいるの?

地方に転勤して1年で転職して東京に戻ってきた社会人3年目のブログ

オフ会をするとよく言われることをまとめました。

3月以降は特に予定を設けていなかったのですが、先日一か月ぶりにオフ会をしました。

 

 

すると、やっぱりビックリされることが多いですね…。

なんでしょうね。皆さんぼくに対してどんなイメージを持っているのでしょうか。笑

 

逆にというか、ぼくはTwitterの人がどういう人なのか?という想像は一切していません。フラットです。強いて言えばアイコン見て大体こんな感じなのかなとか、いやいや流石に石原さとみはないでしょ。笑 とか思う程度ですね。

 

 

 

よく言われること1位

「もっとオジサンだと思っていました。」

 

えっ、世の中の25歳って、そんなにオジサンなんですか?

一般的な25歳なので、露骨にオジサンじゃないですよね。

 

やっぱり恋愛工学生っていうバイアスがかかって、オジサンに見えるんですかね?

r.gnavi.co.jp

 

よく分かりませんが、そこらへんの25歳をイメージしてもらえれば、と思います。

 

 

よく言われること第2位

「もっと怖い人だと思ってました」

 

え?普段のぼくのツイート、怖いですか?

すみません…。

 

ツイートの内容は誰かに向けたメッセージというか、ほぼ自分に向けてるメッセージなんですよね…。

ちょっと最近のツイートをピックアップしてみます。

 

うーん、怖いんでしょうか。笑

あと、「アラサー女性を叩きすぎ」とも言われるんですが、アラサー女性を叩いているのではなく、女子大生や社会人5年目くらいまでの女性に対する注意喚起なんですよね、本旨は。

東京タラレバ娘を見たことがない人はぜひ見てみてください。アラサーというか、オバサー(Over 30)の女性の婚活って、凄く大変そうなんですよね…。

大変だからこそ、早く結婚してほしいというか、望む方向に進んでもらえたらなという老婆心です。

 

よく言われること第3位

Twitterに書いてあることって全部本当なんですか?」

 

本当です。ぼくはスタンスとして、嘘はTwitterに書かないと決めています。

理由は、嘘を1度でも載せてしまうと、信用がなくなってしまうからです。

 

「ゴールドマンサックスに寮がある」というツイートをして多方面から嘘つき呼ばわりされたアカウントとかありますが、嘘と真実の境界線はハッキリさせておく必要があるとぼくは考えています。

 

別に虚構にまみれたネタツイートをするアカウントがあってもいいと思いますけど、それはこの「広瀬」というアカウントの運営方針にはそぐわないので、本当のことしか書かないようにしています。

 

 

 

 

 

 プリーズ、ヘルプミー。