いつまで田舎にいるの?

日本を代表する大企業でのお先真っ暗な地方転勤に嫌気が差し、外資系企業に転職して東京から出ようとしない社会人4年目のブログ

“転職”を振り返って。転職を振り返ったタイミングについて。

転職を切り出したのは、海の日の連休明けだった。

3連休に休みを4日足して無理やり7連休にして、転職活動に臨んだのだった。

この間、当時従事していた仕事にはノータッチ。

電話もメールも無視と決め込んで、転職活動に専念した。

 

やると決めたら、何があってもやる。

やらないと決めたら、何があってもやらない。

 

週明けると勿論課長やチームリーダーにボコボコに怒られたわけだけど、申し訳ないけれど何とも思わなかった。

むしろ、目先の前会社での人生より、今後の自分の人生の方が大事だ、くらいに思っていた。

そもそも、俺を怒ってくるチームリーダーというのが、年齢を重ねているだけのオッサンで、まぁ心に響かない。

ExcelのSUMや書式のコピーの仕方すら分からないようなオッサンだ。

そのくせ、仕事の「責任」だけ人に押し付け、「成果」は掻っ攫ってゆく、ろくでもないタイプの人だった。

例えば、「成果」を掻っ攫う部分でいうと、自分の商談資料をほぼ人に作らせ、こっちが休みにもかかわらず作らせてくる。

ただ言われた通りの資料を作るのじゃなくて、前社では「資料を作る=今後の販売戦略を経営者に対して提案する」までの意味あいだったので、やってられなくなった。

ちなみに数字は凄く好調でした!!!ここぞとばかりに職務経歴書にはアピールしたよ。

「責任」に関しては、発注ミスが起きた時なんかは全て俺のせいにされた。。。笑

そもそも、「Aという商品を発注しておいて」と言われて、Aを発注したら、実はAだけでなくBも必要で、Bが届かないというミスが発生した。

この時も、「Aだけじゃなくて普通Bも発注するでしょ。」と、完全に俺のせいだった。。。

 

 

 

 

長くなったけど、まとめると、尊敬もできないし、何か悪いことがあったら人に責任を全力で押し付けてくるし、人の功績を自分の手柄にするような人がチームのリーダーだった。

 

まぁ、そりゃ話なんか聞かんわな。

前置きが長くなったけど、始業前に課長に「すいません、ちょっとお話が…」と切り出して、退職の旨を伝えた。

勿論、引き留めに合うんだけど、引き留めのセリフが全然ピンと来なかった。

 

「東京で働きたいという目先の1,2年(実際は何年かかるか分からないけれど)のために、転職するのは勿体ない。」と言われたのだけど、前社に限っては本当に目先の1,2年がという保証が全くない。会社が異動って言ったら否応なしに異動しないといけないし、転勤する可能性も少なくない。

そして、東京にいる人間にも話を聞くと、東京に人を置かずに、地方に人を置く流れになっているとのことだったので、ズレてるなあ。。。と思ってしまった。

それに、正直言うと部署も変えたかったので、たとえ東京に転勤できたとしても、

希望の部署だったら働く意味がないと思った。

この人も家を買ったらすぐ転勤を命じられた“単身赴任勢”なんだけど、どうしてそこまでしてこの会社にしがみついているのか、俺には全く理解できなかった。

この人だけじゃなくて、地方にいる人の半分くらいは単身赴任で、全国各地から来ているような状態だったけど、なんでそうまでして続けるのかそっちの方が疑問だった。

 

仕事がつまらないとか、勤務地が嫌とか、そう思うんだったらさっさと転職して次の会社で長くキャリアを築いていったほうが得策だと思うんだよね。

死ぬくらいなら仕事辞めればができない…みたいな本あったけど、

 

「いや、やめろよ。」って思う。中身は読んでないから分からないけど。

 

まぁ他にも「次何するの?」とか聞かれるわけだけど、今の会社の名前だしたらもう納得せざるを得ないというか、、、笑

引き留める常套句で、「今の会社より小さい会社だと、給料も下がるし、信用もない。転勤はないかもしれないけれど、今の会社でキャリアを築いた方が、長期的にはいい。」ってのも、「すみません、外資の会社なんで^^;」と、

この時点では内定もらってなかったんだけどw社長にハンコ押してもらうまでまってって言われたけど、もう内定もらったかなと思って強気に出ちゃいました。

 

前職では沢山の人にお世話になったとは思いますが、本当に心から尊敬できる上司や、競争心を煽ってくれる同期がいなかった(転勤先に配属されたの自分だけ)のが非常に残念でした。

 

転職して、給料は下がったけど、転勤なしで東京にい続けられて、キャリアステップにも繋がったという自負もあるので、全く後悔していません。かつ、残業も月平均15時間くらいなので、転職して本当に良かったなあと思ってます。

 

ただ、まだ今の会社では結果(数字)が残せてないので、早く結果を出すために頑張ります。

 

以上。