Twitterのフォローお願いします!

【女性向け】経験人数200人超が考える、ヤり捨てされてしまう原因と対策について


 

f:id:Re_hirose:20191028223615j:plain

女性から「好きな人にヤリ捨てされてしまうんだけど…」と言う相談を持ちかけられることが増えてきたヒロセです。

経験人数のカウントは正確にはしていないのですが、これまででざっと計算して200人くらいとは性交してきたと思います。

その中で、不本意ながら「ヤリ捨て」=性交した後に連絡を取らなくなってしまった女性もたくさんいますが、ヤリ捨ててしまった女性に対して「どうしてヤリ捨てたのか」は直接言及したことはありませんでした。

しかし、ヤリ捨てられた女性こそ、ヤリ捨てられた本当の理由を知りたいのではないでしょうか?

ヤリ捨ての原因や理由をきちんと伝えてこそ、その女性のためになるのではないでしょうか?

と言うことで、今回の記事では女性がヤリ捨てされてしまう原因と対策について書いていきたいと思います。


 

 

男女の生殖機能の差から考える「やり捨てされた!」と嘆く人に女性が多い理由

大前提の話ですが、男性と女性で性交に対する考え方が天と地ほど差があると言うことを理解してください。

女性は性行為を聖行為と考えていますが、男性は生行為程度にしか考えていません。

どう言うことかと言うと、女性は性交を「自分が心を許した特別な相手としかしてはいけない行為」と考えていますが、男性は「ちょっとムラムラしたからやる」くらいにしか考えていないということです。

男女の性行為に対する認識の差は女性が一人の子供しか産むことができず、男性は同時に複数の子供を孕ませられるという生殖機能の違いが根底にあるからこそだと思います。

しかし、現代においてはコンドームやピルなどの避妊を行うための道具も登場しており、性交=妊娠という方程式ではなくなっています。

したがって、女性は遠い昔からセッ○スを「自分が心を許した特別な相手としかしてはいけない行為」と考えており、今日でもその考え方は変わっていないものと推測されます。

そのため、セ●クス後に連絡が取れなくなった場合に「やり捨てされた!」と嘆くのは男性ではなく女性が多いような気がします。

 


 

 

不本意ながらやり捨てされてしまう女性の特徴

やり捨てと聞くとマイナスなイメージしかありませんが、好みの異性と1回でも体の関係を持てたことは決してマイナスではありません、という前置きだけさせてください。

 

ヤリ捨てされてしまう女性の特徴を箇条書きにしますが、大きく分けて次の2つに分類されます。

 

  1. 男女間のスペックに差がある
  2. ヤる前後のギャップが激しい

 

ヤリ捨てされてしまう理由①男女間のスペックに差がある

マッチングアプリの登場によって、本来ならば出会うことすら難しい層とも出会えるようになりました。

 

例えば、マッチングアプリに登場するハイスペックな起業家や有名人などが挙げられます。

ヒロセの観測範囲だと、AV監督の○しくんという方がTinderに登録していると、Tinderでゲットした女の子から話を聞いたことがあります。

通常生きている範囲内では出会えなかった層(上の層とも会えれば、もちろん下の層とも会える)と会えるのがマッチングアプリのいいところでもあり、悪いとところでもあります。

男女間のスペックに差がある場合は、お互いの価値が一致していないので、継続したお付き合いをしていくことは非常に難しいと思います。

ヒロセ自身ですが、スペックに差がある場合は「またヤリたい」と思うことはありません。

ヒロセは決してイケメンでもなく、そこらへんにいるサラリーマンです。

しかし、そこらへんにいるサラリーマンですら、キープしたいと思えないレベルの女の子と体の関係を持つことはあるということです。

継続した関係を望まない相手とも性交ができてしまうのは、一重にヒロセが絶倫だからなのですが、相手が自分と同じかそれ以上のスペックを持たない限りはキープしたいとは思得ないんですよね。

 

女性に求めるスペックとは、ざっくりと下記の3点です。

  • 見た目が可愛いかどうか
  • 面倒臭い女でないか(奢り強要、パパ活臭がする人はNG)
  • 問題なく会話ができるかどうか

上から順番に優先順位が高いので、見た目が可愛くなければキープしてもらうことは非常に困難を極めます。

「太ってても大丈夫な人だけ来てください」じゃなくて、太ってたらまず痩せてからマッチングアプリをやれってことです。

 

 

ヤリ捨てされてしまう理由②ヤる前後のギャップが激しい

続いてヤリ捨てされてしまう理由の2つ目が、ヤる前後のギャップが激しいというものです。

やる前後のギャップは大きく分けて次の二つに分類されます。

 

  1. 見た目の問題(会ってみたら思ってたのと違った)
  2. 内面の問題(やったらめんどくさくなった)

 

見た目の問題(会ってみたら思ってたのと違った)

マッチングアプリの普及と、可愛く盛れるSNOWやFace U、Beauty Plusなどの普及によって、女性の顔面は進化の一途を辿っています。

しかし、これはプラスというよりはむしろマイナスに作用していると思います。

なぜなら化粧やダイエットを頑張って本質的に可愛くなるのではなく、その場しのぎでもれるカメラで撮影して済まそうぜ!という魂胆だからです。

ヒロセもペアーズで知り合ったいいね500以上の女の子とご飯に行ったら、全くの別人で思わず割り勘にしてしまったという事件が最近ありました。

ペアーズに載っている写真はすごく美人で、レースクイーンとかやってそうな顔立ちだったんですが、会ってみたら肌はボロボロだし、化粧濃すぎるし、お前は誰なんだいったい!と突っ込みたくなるような感じの顔でした。

このように、「会ってみたら思ってたの違った」という要素は、やり捨てを加速させる要因だと感じています。

もちろん、写真写りが極端に悪く、会ってみたら実物の方が可愛かった!という人も存在するため、適度に写真を盛る必要性はあるでしょう。

しかし、全くの別人級に写真を加工できるようになった今では、加工しすぎはマイナスの効果しかないと考えています。

写真を加工しすぎた女性と会った場合、1回目は会ってセック◉するかもしれませんが、2回目はありませんよね。

これもマッチングアプリのように、盛れた自分で勝負するサービスを経由した出会いが脚光を浴びるようになってきたからと言えるでしょう。

 

内面の問題(やったらめんどくさくなった)

続いて内面の問題ですが、一番は「やったらめんどくさくなった」というものです。

ヒロセの経験談なのですが、「やらないと付き合わない!」系の女の子にありがちなのが、「やったらめんどくさくなった」です。

付き合う気はなくはないものの、その場の勢いで流されてセッ○スし、でも「付き合わないとしたくない!」というスタンスは崩したくないから、男に交際を要求する…。

このような「1回ヤっただけで彼女ヅラ」をし始める女の子は非常に面倒くさい傾向があります。

実際に付き合ってみたら、授業の写真が送られてきて、「今なんとかの授業受けてるよ〜」と逐一報告された日には、すぐに別れることを決意しました。

というか、ここまで重たくされると社会人なので合わないんですよね。

四六時中携帯をいじれるほど社会人は暇ではないので、毎時間何の授業を受けてるか連絡をされても、興味もなければ見る余裕もありません。

こんな感じで、ヤったらめんどくさくなる女の子というのは、高確率でヤリ捨てされますし、やり捨てしてしまいます。

 

そのほかにも、ヤってみたらコミュニケーションの波長が合わなかったというのも度々あります。

例えばですが、ヒロセはヤった後に映画を見るのが好きなんですよね。

よくAmazonプライムでソラニンという恋愛映画を見ます。

そこで、ヒロセとしては何も喋らずゆっくり映画を鑑賞して、終わった後に主人公の種田とヒロインのメイコちゃんについてアレコレお互いの思いの丈をぶつけ合うのが好きなんですが、たまに空気を読まずにずっとしゃべり続けている女の子がいるんですよね。

いやもう、黙っててくれよと。

君が宮崎あおいより可愛かったら、ずっと喋ってていいけど、君の話は全然面白くないし、今は映画に集中したいんだ、と。

こうなってくるとヤリすての対象になります。

少なくとも、「もう会いたくないな」と思いますよね。

 

コミュニケーションの波長が合わない具体例としては、そもそも会話のキャッチボールができないというケースも散見されます。

これもマッチングアプリの登場によって、IQやリテラシーの合致しない人と出会えるようになった弊害ですね。

家に来るなりいきなり「タクシー代ちょうだい!」と言われたこともあります。

いや、お前が来たくて来たんだろうが、と突っ込みたくなりますが、そういう人が潜んでいるのもマッチングアプリの怖い点かなと思います。

 


 

 

絶対にやり捨てされないの唯一の方法は、何があってもやらないこと

ヤリ捨てされた、ヤリ捨てされたとはいうものの、男側からしたら「捨てた」という感覚は全くないんですよね。
むしろお互いが望んで性交したはずなのに、女側が一方的に「ヤリ捨てされた」と思うのも変な話じゃないですか。

とはいえ、1回やってその後連絡が取れなくなったら凹みますよね。
僕もめちゃくちゃ可愛い子とヤったのに連絡が取れなくなったら凹みます。
俺のチソチソ、気持ち良くなかったのかな?
もしかして、チソチソがデカすぎて、痛がらせてしまったのかな?

など、少し下半身がブルーな気持ちになります。

 

しかし、絶対にやり捨てを避けたいというのであれば、何があってもやらないという方法以外の選択肢はありません。

とはいえ、男も馬鹿ではないので、やれないというのが分かれば、徐々にアナタの前からフェードアウトしていくことでしょう。

これは僕が経験人数200人超えのヤリチンだからかもしれませんが、頑なにヤろうとしない女の子と出会ったら、よっぽど可愛くない限りは1〜2回でご縁がなかったと思ってフェードアウトします。

ガードが硬すぎる子に使う時間とお金があれば、他の女の子とヤレるんですもん、やれない女にかまっている暇はも時間もないのです。

もちろん、女の子がすごい可愛くて、なんとしてでもゲットしたい!と思えばお金も時間も無視してゲットに尽力しますが、そう思える子なんてほとんどいませんし、マッチングアプリとか使ってれば変えの女の子なんていくらでも出てきますからね。

 

結論

男女間のスペックに差があるとやり捨てされる原因につながるので、自分のスペックに見合った異性を捕まえるか、自分のスペックを上げてゲットできる異性のレベルを上げることでやり捨てされる可能性を減らすことができます。

それでもやり捨てされることが絶対に嫌なら、付き合う前には絶対にやらないと神と己に誓ったり、相手にも理解して付き合ってもらうべきだと思いますね。

まあ、よっぽどの美人でもない限りは、やれないと分かったら多くの男が手を引いていくと思うので、適度にヤった方がいいと思います。

別に1回ヤったからと言って、何か失うものがあるわけでもないじゃないですか。

むしろ、1回ヤってみたけど、なんか微妙だったからこっちから切ってやったわ!くらいに思えると清々しい気持ちになれていいですね。

さっさと次の異性を探しましょう。Good Luck !!


 

タイトルとURLをコピーしました