Twitterはこちら

ブセナ海中公園(海中展望塔&グラス底ボート)に行ってきた感想・口コミ

この記事は約6分で読めます。


 

沖縄旅行で、ブセナ海中公園(海中展望塔&グラス底ボート)に行ってきました。

 

水族館では見ることができない、リアルな魚の泳ぐ姿を目視できるとあって、沖縄屈指の人気観光スポットです。

 

ブセナ海中公園は海中展望塔とグラス底ボートに分かれており、それぞれ別料金です。

場所もそれぞれ少し離れていますが、歩けない距離ではありません。

 

ちなみにザ・ブセナテラスに泊まった方であれば、宿泊時に渡されたブックレットを提示することで、入場料が20%オフになります。

 

ザ・ブセナテラス内のアクティビティカウンターでブセナ海中公園(海中展望塔&グラス底ボート)のチケットを買えば、クレジットカードが利用できるので、現金を持たない人にはオススメですね。


 

 

海中展望塔とグラス底ボートの違い

僕は取材と沖縄観光という名目で海中展望塔にもグラス底ボートにもお金を払って行きましたが、どちらかだけでいいかもしれません。

 

というのも、基本的に水中にいる魚を見るというコンセプトは変わらないので、違いといえば海中展望塔の方が時間制限がないのでゆっくりできて、グラス底ボートの方が魚に餌をあげられるくらいです。

 

海中展望塔は、時間制限がなくゆっくり海中から回遊する魚を眺めることができるのですが、待ち時間がかかるのが厄介です。

海中展望塔では前に2組5人しかいなかったのですが、中に入るまでに20分くらい時間がかかりました。

 

海岸から海中展望塔までをつなぐ橋の上で待っている間は風も当たって気持ちよかったのですが、施設内の無風地帯で待っている間は10月で30度程度の暑さでしたが、結構暑くて体力的にもキツかったです。

 

対してグラス底ボートは10分・30分・50分(12時は10分・50分のみ)と20分間隔で運行しており、日曜日にもかかわらず、時間に間に合えば待たずに乗ることができました。

 

なので、ゆっくりしたい人は海中展望塔、時間がない人はグラス底ボートだけで十分だと思いました。

 

 

グラス底ボート

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

グラス底ボートから乗降する人たち

ボートに乗り、ボートの底から海の中にいる魚を見つけるというアクティビティです。

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

ボートの下を泳ぐ魚群(等倍)

 

シュノーケリングとか面倒なことをせず、「海を泳いでいる魚」が見られるので、観光らしい珍しいアクティビティだなあと思いました。

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

ボートの下を泳ぐ魚群(2倍)

 

関東近郊にも海はありますが、沖縄ほど海が綺麗で透き通っていないため、ボートに乗って魚を見に海に出かけることってないですよね。

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

タイミングによっては一匹しか見つけられないことも(笑)

 

沖縄という海が綺麗な場所だからこそできるアクティビティだなあと思いました。

 

特筆すべきは外国人の多さで、日本人よりも韓国人や中国人の方が多かったです。

 

 

魚用の餌は別途1個200円で購入することができます。

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

ボート内の貼り紙

 

ボート内でも購入は可能ですが、席によっては非常に買いにくい席もあるので、入場する前に買っておくといいと思いました。

 

ただし、周りの人が餌をあげている状況に出会うこともあり、その場合は餌はいらないなーと感じました。

 

 

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

グラス底ボートから放たれる餌に群がる魚

 

 


 

 

海中展望塔

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

海中展望塔とグラス底ボートの乗り場の間にある砂浜から撮影した写真

その名の通り、海底につながっている展望塔の中から魚を見つけるというアクティビティです。

海中展望塔もグラス底ボートに負けず劣らず人気でした。

 

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

海中展望塔の入り口の写真

 

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

海中展望塔の桟橋から見られる沖縄の海。めちゃくちゃ綺麗…

 

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

海中展望塔に関する説明が書いてありました

 

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

海中展望塔でも餌は買えます。

 

 

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

海中展望塔の階段。結構急なので、スニーカーで行くことをお勧めします。

 

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

海中展望塔から見える海底です。魚が結構います。

 

ブセナ海中公園 海中展望塔 グラス底ボート

海中展望塔内にある魚の説明書です。沢山ありましたので、これは一例です。

 

海中展望塔の中は結構涼しかったのですが、人が多くてぎゅうぎゅう詰めでした。

写真を撮影するのも、魚を見るのも一苦労です。

 

窓は24面あるのですが、同じ窓からカップルで同じ海を見る()という感じではなく、1つの窓につき1人が海を見て、24個ある窓を順番に回るというアクティビティでした。

 


 

 

海中展望塔とグラス底ボートの料金

 

海中展望塔

大人:1,050円

中人(高校生、大学生):840円

小人(4歳〜中学生):530円

※10人以上の場合は10%割引、ザ・ブセナテラス宿泊者は20%割引

 

グラス底ボート

大人:1,560円

中人(高校生、大学生):1,250円

小人(4歳〜中学生):780円

 

 

海中展望塔+グラス底ボート(セット料金)

大人:2,100円

中人(高校生、大学生):1,670円

小人(4歳〜中学生):1,050円

※10人以上の場合は10%割引、ザ・ブセナテラス宿泊者は20%割引

 

 

海中展望塔とグラス底ボートの営業時間

海中展望塔営業時間(収客人数24名)

4月~10月
9:00 -18:00最終入場 17:30

11月~3月
9:00 -17:30最終入場 17:00

 

グラス底ボート運航時間(乗船定員36名)

4月~10月
(毎時)10分・30分・50分  12時は10分・50分
※始発便 9:10 最終便 17:30

11月~3月
(毎時)10分・30分・50分  16時は10分・30分
※始発便 9:10 最終便 17:00

 

 

無料シャトルバス運行時間

(4月~10月)
ビーチハウス前
(毎時)00分・20分・40分発
※始発便 9時00分 最終便 17時40分発
(グラス底ボート・展望塔の利用の場合は、17時20分発)

海中展望塔前
(毎時)05分・25分・45分発
※始発便 9時05分 最終便 18時5分発

 

(11月~3月)
ビーチハウス前
(毎時)00分・20分・40分発
※始発便 9時00分 最終便 17時20分発
(グラス底ボート・展望塔の利用の場合は、16時40分発)

海中展望塔前
(毎時)05分・25分・45分発
※始発便 9時05分 最終便 17時25分発

 

 

グラス底ボート運行状況お問い合わせ窓口

0980-52-3379

※天候状況によって運行状況が変わりますので、事前にご確認をお願いします。

 

下記URLからも確認可能です。

www.busena-marinepark.com

 

 

交通アクセス

■自動車で
国道58号線のご利用で、那覇空港より約60km、約90分
沖縄自動車道のご利用で、那覇I.C~許田I.C約75分

■路線バスで
・120番:那覇空港発 ⇒ ブセナリゾート前下車
・20番:那覇バスターミナル発 ⇒ ブセナリゾート前下車
運行時間・料金のお問合せは…バスサービスセンター 098-867-7386

■空港リムジンバスで
・那覇空港発 ⇒ ザ・ブセナテラスビーチリゾート下車
運行時間・料金のお問合せは…空港リムジンバス案内センター 098‐869-3301

 

あわせて読みたい沖縄観光記事

 

www.no-more-inaka.com

www.no-more-inaka.com

www.no-more-inaka.com

 


 

タイトルとURLをコピーしました